秋華賞直前

 
機敏な動きで状態は好調キープのサトノダムゼル

機敏な動きで状態は好調キープのサトノダムゼル

via google imghp
 
現在3連勝中のサトノダムゼルが秋華賞で既存の勢力相手にどこまで戦えるかに注目が集まる1戦。週末は台風の影響で確実に不良馬場が想定されるも、本馬はデビュー戦と前走で重馬場を苦にせず快勝している実績がある。追い込みから先行まで自在性も高く、折り合いもしっかりと付くタイプで力関係を除けば京都の内回りコースでの不安材料はほぼ無いだろう。後は輸送がどうかだが、精神面で落ち着いている面を考えれば心配も不要。後はM.デムーロ騎手の腕に任せるのみ。
 

白井特別直後

 

2019年9月16日 白井特別 芝1800m 中山競馬場

1着:サトノダムゼル 牝3 (M.デムーロ)
2着:ロフティフレーズ 牝4 (川田将雅)
3着:ミヤビパーフェクト セ3 (福永祐一)

レースタイム:1:50.1(重)
レース上がり3ハロン:33.9
勝ち馬上がり3ハロン:33.8
 
ミヤビパーフェクトが当面の相手とマークする様に、スタートからその番手で離されない様な競馬をしたサトノダムゼル。道中はピッタリと付けて勝負どころで競り落とすイメージの追走となった。直線では、その間を割って上がって来たロフティフレーズとの一騎打ちとなるも、内にササりながらでも余裕の脚色でかわす内容の1着。実力自体が抜けており、これで3連勝を飾り秋華賞へも駒を進める状況にはなったが果たして。
 

白井特別直前

 
馬体も強化され間隔を詰めて使えるサトノダムゼル

馬体も強化され間隔を詰めて使えるサトノダムゼル

via google imghp
 
前走の1勝クラスはスンナリと先行して直線早々に抜け出し後続を一切寄せ付けない内容で快勝のサトノダムゼル。そのパフォーマンスにはまだまだ余裕が感じられ、中2週で白井特別に臨んで来る事自体に馬体強化がハッキリと見て取れる。このレースで圧勝を飾る様なら、秋華賞に最大の惑星として臨める可能性も残されるのではないだろうか。M.デムーロ騎手も相当な意気込みで臨む。
 

3歳上1勝クラス直後

 
デムーロとのコンビで1勝クラスを圧勝したサトノダムゼル

デムーロとのコンビで1勝クラスを圧勝したサトノダムゼル

via google imghp
 
期待以上の走りで1勝クラスを連勝で飾ったサトノダムゼル。むしろ未勝利よりも良い内容で、クラスが上がる度にパフォーマンスを上げて来るのは一流馬になる為の必須条件でもある。タイムも1800m=1分46秒1と破格の時計で、自身の能力をフルに発揮した1戦だったのだろう。デムーロ騎手もその高い素質に惚れ込んだ様子だった。このままケガや病気などをせず、連勝街道を突っ切って欲しい。
 

3歳上1勝クラス直前

 
前走は大外から一気の追い込みで他馬を一蹴したサトノダムゼル

前走は大外から一気の追い込みで他馬を一蹴したサトノダムゼル

via google imghp
 
体質の弱さからデビューが6月までズレ込んでしまったサトノダムゼル。それでも動きから非凡さはヒシヒシと伝わって来ており、初戦からエンジン全開の走りが出来たのは言うまでもない。堀厩舎お得意の間隔を開けつつ取れる所はきっちり取る番組選びも大したものである。今回も決して無理に使う事なく、勝てるメンバーと時期を見計らって昇級戦に駒を進めて来た模様。ここで2連勝を飾れば秋以降の出世コースは確定的なものとなる。
 

サトノダムゼル

 
サトノダムゼル(ダリシア2016)

サトノダムゼル(ダリシア2016)

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ダリシア
母父:Acatenango
所属:堀宣行厩舎(美浦)
生産:社台ファーム
馬主:里見治

通算成績:3戦3勝 (3-0-0-0)
主な戦績:白井特別など
via google imghp
 
半兄に米ダービー、ドバイワールドカップを制したアニマルキングダムがいる超良血サトノダムゼル。全兄サトノキングダムも日本で5勝をあげる活躍を見せており、体質面さえ整って来れば大きなタイトルを狙うだけのポテンシャルを秘めた1頭だろう。現に何とか間に合わせて使った6月の未勝利で、いきなり後方10番手から直線一気の追い込みを決めているのである。パンとして来れば間違いなく上のクラスでも戦える逸材だ。
 

血統構成

 
ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘアー Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
ダリシア Acatenango Surumu Literat
Surama
Aggravate Aggressor
Raven Locks
Dynamis ダンシングブレーヴ Lyphard
Navajo Princess
Diasprina Aspros
Dorle


 

兄弟馬

 
Animal Kingdom(ダリシア2008)

Animal Kingdom(ダリシア2008)

牡馬

父馬:Leroidesanimaux
母馬:ダリシア
母父:Acatenango
所属:H.Graham Motion厩舎(米)
生産:Team Valor(米)
馬主:Team Valor International

通算成績:12戦5勝 (5-5-0-2)
主な戦績:ケンタッキーダービー、ドバイワールドカップなど
via google imghp
 
サトノキングダム(ダリシア2013)

サトノキングダム(ダリシア2013)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ダリシア
母父:Acatenango
所属:国枝栄厩舎(美浦)
生産:社台ファーム
馬主:里見治

通算成績:20戦5勝 (5-7-3-5)
主な戦績:阿武隈ステークスなど
via google imghp
 

近親馬

 
特になし
 

血統評価:1.4pt

 
ファミリーに日本実績馬はいないものの半兄にケンタッキーダービーとドバイWC覇者のアニマルキングダムがおり、全兄にもJRA5勝馬もいるのである程度、良血といっていいだろう。ダンシングブレーヴにアカテナンゴ、最後ディープインパクトと水準以上の血統構成で日本適正にも問題はないだろう。一定の期待が出来る血統ではあるだろう。
 

前評判

 
血統馬揃いの社台ファーム生産の中でもひと際目を引く存在のダリシア産駒。何せ、兄弟はケンタッキーダービーとドバイワールドカップを制したアニマルキングダムがいるのだから当然だろう。その肌にディープインパクトを付けたサトノダムゼルは間違いなく同世代でも随一注目馬。オーナーが大物馬主の里見治氏で預託先が堀宣行厩舎。これ以上に前評判が高くなる要素があれば教えて欲しいくらいだ。
 

馬名の意味

 

冠名+乙女

 
“ダム”の響きは偉大なる兄アニマルキングダムから引用したネーミングか。

関連記事

関連タグ

著者