大外からあわやのシーンも

 

2018年06月03日 安田記念 芝1600m 東京競馬場

1着:モズアスコット 牡4 (C.ルメール)
2着:アエロリット 牝4 (戸崎圭太)
3着:スワーヴリチャード 牡4 (M.デムーロ)

レースタイム:1:31.3(良)
レース上がり3ハロン:34.5
勝ち馬上がり3ハロン:33.3
 
内枠からやや立ち遅れて最後方からの追走となったサトノアレス。蛯名騎手も開き直って不利の無い外目に進路を変え、最後の末脚勝負に賭けレースを進めた。4コーナーから徐々にエンジンをかけ上がって行くと、大外に持ち出した直線は一気に先頭へ並びかける勢いで猛追。あわやまとめての差し切りかに思われたが、ラスト100mで前と同じ脚色になってしまい4着入線で終わってしまった。スタートがスムーズならもっと際どかった事を考えると勿体無い1戦。しかし、秋以降の活躍が期待出来る完全復活を十分にアピールは出来ただろう。
 

府中での走りが真骨頂

 

2018年05月12日 京王杯スプリングカップ 芝1400m 東京競馬場

1着:ムーンクエイク セ5 (C.ルメール)
2着:キャンベルジュニア 牡6 (石橋脩)
3着:サトノアレス 牡4 (蛯名正義)

レースタイム:1:19.5(良)
レース上がり3ハロン:34.1
勝ち馬上がり3ハロン:33.2
 
ややスタートで立ち遅れた事もあり内枠から無理をせず後方待機となったサトノアレス。末には自信を持っていたのかほぼ最後方の位置で追走し、4コーナーでは素直に大外を回しながら直線コースへ。そこから長く良い脚を使って馬群をかわして行くと、最後は同僚馬ムーンクエイクと並んで先に抜け出したキャンベルジュニアを捉えにかかった所がゴール。際どい接戦もコースロスなどでやや不利気味のサトノアレスは3着までが精一杯だった。しかし、レース内容的には1番強かったとも言え、今回の安田記念に希望を繋いだ。そして、奇しくもまた1番枠。
 

東京新聞杯でも好内容の走り

 

2018年02月04日 東京新聞杯 芝1600m 東京競馬場

1着:リスグラシュー 牝4 (武豊)
2着:サトノアレス 牡4 (柴山雄一)
3着:ダイワキャグニー 牡4 (北村宏司)

レースタイム:1:34.1(良)
レース上がり3ハロン:34.1
勝ち馬上がり3ハロン:33.6
 
道中はほぼ最後方からレースを進めたサトノアレス。好枠もあって最内からコースロス無く上がって行き、直線もインを突く競馬だった。そこから最速の末脚を駆使して着順を上げて行くと、最後は勝ち馬リスグラシューに1馬身差まで迫った所でゴールイン。中身は最も濃く、勝ちに等しい内容と言っても過言ではない。明らかに走りが素軽くなっており、久々の重賞制覇も目前だろう。京王杯スプリングカップを勝利してGⅠ馬の意地を見せ付ける事は出来るか。
 

キャピタルSで完全復活の気配

 

2017年11月25日 キャピタルステークス 芝1600m 東京競馬場

1着:ダイワキャグニー 牡3 (横山典弘)
2着:サトノアレス 牡3 (C.ルメール)
3着:レアリスタ 牡5 (R.ムーア)

レースタイム:1:32.6(良)
レース上がり3ハロン:34.2
勝ち馬上がり3ハロン:33.8
 
前走のキャピタルステークスでは最後の直線で馬なりのまま先頭のに並びかけ一気に差し切るかと思われたが、ダイワキャグニーの勝負根性に屈して2着。それまでのレースぶりから見て完全に調子は上向き、3着以下には2馬身以上を付けている事からもやはり能力は世代トップクラスなのだろう。マイル戦は朝日杯フューチュリティステークスなど3勝をあげる適性の舞台、今回の東京新聞杯でGⅠ馬の底力が改めて問われる。
 

GI馬が54kgで出走??距離は??

 
巴賞では古馬のアングライフェン相手に競り勝つ

巴賞では古馬のアングライフェン相手に競り勝つ

via google imghp
 

2017年07月02日 巴賞 芝2000m 函館競馬場

1着:サトノアレス 牡3 (C.ルメール)
2着:アングライフェン 牡5 (岩田康誠)
3着:ナリタハリケーン 牡8 (藤岡康太)

レースタイム:1:46.5(良)
レース上がり3ハロン:34.6
勝ち馬上がり3ハロン:34.1
 
GI馬サトノアレスが皐月賞敗退からまさかの巴賞に出走。ここはさすがに貫禄の競馬を見せ1番人気に答える快勝で4勝目を挙げた。中1週での出走でいささかの不安はあるものの、実力を考えればあっさりと連勝しておかしくはない。しかし、そもそもが函館記念のハンデ戦でGI馬が54kgの斤量は如何なものか。それだけハンデキャッパーの評価が低いという事だ。恐らくその原因の1つにこれまでの勝利での最長距離が1800mという点があるのだろう。今回はその低評価と不安を一気に覆す様な目の覚める内容を見せて欲しい。
 

サトノアレス

 
サトノアレス(サトノアマゾネス2014)

サトノアレス(サトノアマゾネス2014)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:サトノアマゾネス
母父:デインヒル
所属:藤沢和雄厩舎(美浦)
生産:社台ファーム
馬主:里見治

通算成績:14戦4勝(4-4-1-5)
主な戦績:朝日杯フューチュリティステークスなど
via google imghp
 
8月14日にデビューした時のパドック周回での画像。この角度ではいまいち分からないが、馬体重は496kgと大型の部類で迫力のある雰囲気だ。実戦は惜しくも良血馬のコリエドールにクビ差で惜敗したものの、3着は大きく引き離しており次走は確勝級だろう。まだまだ絞れる余地もあり、これから良くなって行きそうな予感。
 

血統背景

 
ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘアー Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
サトノアマゾネス デインヒル Danzig Northern Dancer
Pas de Nom
Razyana His Majesty
Spring Adieu
Prawn Cocktail Artichoke Jacinto
Ivory Tower
Crimson Saint Crimson Satan
Bolero Rose


 

兄弟馬

 
サトノフェラーリ

サトノフェラーリ

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:サトノアマゾネス
母父:デインヒル
所属:藤沢和雄厩舎(美浦)
生産:社台ファーム
馬主:里見治

通算成績:29戦3勝 (3-4-1-21)
主な戦績:弥彦特別など
via google imghp
 

近親馬

 
Storm Cat

Storm Cat

牡馬

父馬:Storm Bird
母馬:Terlingua
母父:Secretariat
所属:Jonathan E.Sheppard厩舎(米)
生産:William T.young Storage Inc.
馬主:William T.young

通算成績:8戦4勝(4-3-0-1)
主な戦績:ヤングアメリカステークスなど
via google imghp
 
ロイヤルアカデミーⅡ

ロイヤルアカデミーⅡ

牡馬

父馬:Nijinsky
母馬:Crimson Saint
母父:Crimson Satan
所属:Michael Vincent O'Brien厩舎(愛)
生産:Tom Gentry
馬主:Classic Throubreds Plc.

通算成績:7戦4勝(4-2-0-1)
主な戦績:ブリーダーズカップマイル、ジュライカップなど
via google imghp
 

血統評価:2.5pt

 
近親にはStorm Cat、ロイヤルアカデミーがいる名門出の母だが兄2頭はともに3勝以上も条件馬。POG向きといえばPOG向きかもしれない。
 

前評判

 
里見氏が所有する肌馬にディープインパクトを配合したという事もあり、本人の同馬に懸ける想いはかなり強い。ギャロップのPOG特集号でもメインでピックアップされ、『兄たちと比べても一番』と豪語する程に期待している様だ。馬体を見る限りでも雰囲気を持っており、初戦で敗れたものの決して悲観する内容ではなかった。今後の走りに注目したい。
 

馬名の意味

 

冠名+ギリシャ神話の神

 
同産駒の他にも、サトノアーサーなど今年は歴史上の人物から命名したケースが多い。ある意味でシリーズ的な位置づけがあるのかも知れない。神々しい活躍を願うばかりである。

関連記事

関連タグ

著者