6月から入厩してじっくり調整

 
入念に坂路で乗り込まれるサトノアクシス(中央)

入念に坂路で乗り込まれるサトノアクシス(中央)

via google imghp
 
並み居る良血馬が揃うサトノ軍団の中でもひと際、その異彩を放つサトノアクシス。オーナーも惚れ込む素材であり、藤原英昭厩舎でも6月の函館入厩でじっくり焦らず調整を続けて来た。その後、一旦放牧を挟んで坂路からCWとしっかり本数もこなして万全の状態でデビュー戦に登場だ。騎乗するのは復帰明けの福永祐一騎手で、関係者がこの1戦に懸ける想いは相当なものがあるだろう。
 

サトノアクシス

 
サトノアクシス(ヘアキティー2016)

サトノアクシス(ヘアキティー2016)

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ヘアキティー
母父:Wildcat Heir
所属:藤原英昭厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:サトミホースカンパニー

通算成績:0戦0勝(0-0-0-0)
主な戦績:特になし
via google imghp
 
母ヘアキティーは米のダートGⅠを勝っているが、サトノアクシスの馬体を見る限りむしろ芝でこそという様な非常に柔らかい馬体の造り。サトノ軍団の中では牝馬No.1の呼び声も高く、昨年のセレクトセールで1億5500万円もの値が付いているのも頷ける。とは言え、まだまだ本格的な完成は先だろう。秋頃のデビューを目標にはしているが、調整次第ではクラシックに間に合うかどうかといった感じの始動になりそう。馬体重は春の段階で427kg。
 

血統背景

 
ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘア Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
ヘアキティー Wildcat Heir Forest Wildcat Storm Cat
Victoria Beauty
Penniless Heiress Pentelicus
Royal Ties
Be Silver Silver Buck Buckpasser
Silver True
Beafleet アフリート
Leave It Be


 

兄弟馬

 
初仔
 

近親馬

 
特になし
 

血統評価:1.0pt

 
母は米G1馬だが重賞勝ちもその1勝だけでファミリーに日本実績もなく血統背景からの強調材料は皆無である。
 

前評判

 
サトノ軍団の1番馬と言っても過言では無く、牧場関係者も『フットワークが非常に良くて、持って産まれた柔らかさは絶品ですね。追えばどこまでも伸びて行きそうな走りで、本当に体の使い方が上手です。クラシックを狙える馬だと思います』とズバリ明言。サトノと余り馴染みの無い藤原英昭厩舎預託というのも逆に期待が大きく膨らむ要素の1つ。
 

馬名の意味

 

冠名+軸

 
サトノ軍団の2016年産駒の中でも、軸となる様な活躍を願ってのネーミングか。

関連記事

関連タグ

著者