武豊騎手の腕が冴え渡る

 
鮮やかに500万下を逃げ切るゴールドラグーン

鮮やかに500万下を逃げ切るゴールドラグーン

via google imghp
 
2番人気に支持されたゴールドラグーンだが、スタートから勢い良くハナに立つと完全に武豊騎手の一人旅。後続を膠着させる巧みなペース配分でレースを支配すると、直線も二枚腰の粘りを見せ逃げ切った。大幅な馬体増で少し重め残りだった様に見えたが、これだけ走れればほぼ成長分と見て良いだろう。この時期にグッと良化する馬は将来性も高く、3歳明けで2勝出来ている時点でいずれは重賞戦線にも名を連ねて来る1頭だろう。
 

ゴールドラグーン

 
ゴールドラグーン(レディマールボロ2016)

ゴールドラグーン(レディマールボロ2016)

牡馬

父馬:ゴールドアリュール
母馬:レディマールボロ
母父:Smoke Glacken
所属:斉藤崇史厩舎(栗東)
生産:追分ファーム
馬主:吉田晴哉

通算成績:3戦2勝(2-1-0-0)
主な戦績:3歳500万下など
via google imghp
 
母レディマールボロはアメリカのダート重賞勝ち馬で、引退後に日本へ輸入。しかし、そこから配合されたのはネオユニヴァース、ゼンノロブロイ、ヴィクトワールピサ、ハーツクライといずれも芝メインの種牡馬ばかり。それで産駒が結果が出ていないのなら仕方なく、今回のゴールドアリュール産駒が実質の1番馬となるのは当然の話だろう。この掛け合わせで走らない方がおかしいのである。馬格もあり、ダートの中距離戦線で安定した活躍が期待出来そう。
 

血統背景

 
ゴールドアリュール サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ニキーヤ Nureyev Northern Dancer
Fairy Bridge
Reluctant Guest Hostega
Vaguely Royal
レディマールボロ Smoke Glacken Two Punch Mr.Prospector
Heavenly Cause
Majesty's Crown Magesterial
Queen's Crown
Lady Doc Doc's Leader Mr. Leader
With Patience
Swift Passage Coastal
Joy Lutza


 

兄弟馬

 
特になし
 

近親馬

 
特になし
 

血統評価:1.0pt

 
一族としては日本実績は母産駒しかなく上兄弟は5頭いて中央未勝利。SS系種牡馬とはいえ、ゴールドアリュールにかえた途端、ダートで当馬が連勝。母も米ダート重賞馬でダート配合で変化がみられたと言える。ただし血統背景からの強調材料はない。
 

前評判

 
当初は6月の1200mデビューだったが除外となり、10月まで初戦はズレ込んだ。そこでもまだ緩さが残った状態、勝ったゴルトマイスターには完敗だったが、自身も3着には9馬身差を付ける内容でポテンシャルの高さを見せてくれていた。その後、折返しの未勝利と500万下を危なげなく完勝。ダート戦線ならいずれは重賞クラスまで勝ち上がって来るのが目に見えた逸材である。
 

馬名の意味

 

金色のラグーン

 
父名から連想してのネーミング。

関連記事

関連タグ

著者