馬が若く本気で走っていない

 

2018年07月08日 2歳新馬 芝1800m 函館競馬場

1着:ラブミーファイン 牝2 (池添謙一)
2着:ニシノデイジー 牡2 (勝浦正樹)
3着:コントラチェック 牝2 (C.ルメール)

レースタイム:1:53.4(稍重)
レース上がり3ハロン:36.0
勝ち馬上がり3ハロン:35.9
 
内枠からスタートするも、少々頭の高い走りでまだ周りを気にしながら走っている様子のコントラチェック。それでも鞍上のC.ルメール騎手は馬群を経験させる為にあえて逃げ馬の後ろにポジショニングを取り、動ける場面でもジッと我慢して直線コースを迎えた。そこから追われるも暫くはよく分かっていない感じで、最後外に出されてからやっとエンジン点火。レースというものを理解していないのが明らか、そこも分かった上で2戦目以降の事を考えた騎乗だったのだろう。
 

ルメール『動きも柔らかく走る』

 
兄弟に活躍馬がズラリと並ぶコントラチェック

兄弟に活躍馬がズラリと並ぶコントラチェック

 
上のホーカーテンペスト、バウンスシャッセ、ムーンクエイクと重賞クラスは全て管理する藤沢和雄厩舎。そんな厩舎ゆかりの血統馬がディープインパクト産駒のコントラチェックだ。母リッチダンサーはこれまで何故かディープインパクトと配合されず、8頭目にして待望の1頭が登場。兄の背中を知るルメール騎手も同馬に対して、『動きが凄く良い、走りそう』と納得の表情でコメントしている。同厩舎お得意の函館芝1800mデビュー、ここで圧勝すれば活躍馬への道は自ずと開かれるだろう。
 

コントラチェック

 
コントラチェック(リッチダンサー2016)

コントラチェック(リッチダンサー2016)

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:リッチダンサー
母父:Halling
所属:藤沢和雄厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:1戦0勝(0-0-1-0)
主な戦績:特になし
via google imghp
 
母はキャロットファームの大黒柱リッチダンサー。バウンスシャッセやムーンクエイクなど、活躍馬を安定して輩出する偉大な繁殖牝馬である。そこに待望のディープインパクトが配合され産まれたのがこのコントラチェック。体質も強く成長過程も順調、4月前には既に入厩しており全てにおいて何の不満も不安のない1頭である。恐らく夏の北海道デビュー予定だが、初戦からあっさりと高いパフォーマンスを発揮してくれるだろう。馬体重は春の段階で463kg。
 

血統背景

 
ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘア Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
リッチダンサー Halling Diesis Sharpen Up
Doubly Sure
Dance Machine Green Dancer
Never a Lady
Fairy Flight Fairy King Northern Dancer
Fairy Bridge
Rising Tide レッドアラート
Naiad Queen


 

兄弟馬

 
ホーカーテンペスト(リッチダンサー2009)

ホーカーテンペスト(リッチダンサー2009)

セン馬

父馬:Hawk Wing
母馬:リッチダンサー
母父:Halling
所属:藤沢和雄厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:38戦7勝(7-4-1-26)
主な戦績:オリオンステークス、韓国馬事会杯など
via google imghp
 
バウンスシャッセ(リッチダンサー2011)

バウンスシャッセ(リッチダンサー2011)

牝馬

父馬:ゼンノロブロイ
母馬:リッチダンサー
母父:Halling
所属:藤沢和雄厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:16戦5勝(5-0-1-10)
主な戦績:フラワーカップ、中山牝馬ステークス、愛知杯など
via google imghp
 
ムーンクエイク(リッチダンサー2013)

ムーンクエイク(リッチダンサー2013)

セン馬

父馬:アドマイヤムーン
母馬:リッチダンサー
母父:Halling
所属:藤沢和雄厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:12戦6勝(6-3-0-3)
主な戦績:京王杯スプリングカップなど
via google imghp
 

近親馬

 
特になし
 

血統評価:3.4pt

 
2/3にあたる4頭が4勝以上しており鉄板繁殖牝馬の産駒になる。そして満を持してのディープインパクト産駒とくれば信用と期待しかないだろう。
 

前評判

 
リッチダンサー産駒には評価不要。どの種牡馬を付けても基本的にはオープンクラスまで行くとして、後は重賞を勝つかどうか。体質的な面も強く、安心してPOGや出資を楽しめるキャロットファームを代表する名繁殖牝馬だ。そこに何故かこれまで付けてこられなかったディープインパクトが配合されたとなれば普通に考えればGⅠクラスだろう。そこまでは望み過ぎかもしれないが、上の牝馬が3頭中2頭オークスに出走しているのだからそれはクリアしてもらいたい。
 

馬名の意味

 

ダンスステップの一種

 
母名より連想してのネーミング。

関連記事

関連タグ

著者