2歳未勝利直後

 

2019年8月10日 2歳未勝利  芝1800m 札幌競馬場

1着:コスミックエナジー 牝2 (藤岡佑介)
2着:ウインドジャマー  牡2 (C.ルメール)
3着:ハギノエスペラント 牡2 (藤岡康太)

レースタイム:1:51.0(稍重)
レース上がり3ハロン:37.9
勝ち馬上がり3ハロン:37.2
 
今回も行こうと思えば行けた前半だったが、教育も含めあえて抑える形から道中は3番手追走のコスミックエナジー。しっかりと鞍上の支持に応える様に折り合いもスムーズ、操縦性の高さは見て取れる内容の1戦だっただろう。直線に向かうと抜群の手応えからあっさり単独先頭、そこからゴールまでリードを守り切ってここは確実に1勝を取り切る勝負強さも見せた。能力自体はやはり非凡で、条件なども万能的にこなすタイプと言える。
 

2歳未勝利直前

 
前走は自身も評価の高い走りだったコスミックエナジー

前走は自身も評価の高い走りだったコスミックエナジー

via google imghp
 
果敢に先頭へ立ち、ペース自体も新馬戦では平均的な流れでレースを引っ張ったコスミックエナジー。1着ダーリントンホールに直線競り負けてしまったが、自身の走破タイムも1分50秒ちょうどと速い時計を記録している。今回の未勝利も同様の走りで回ってくれば先ずは確実に1勝出来る筈。その他の人気が予想される馬よりも頭一つ抜けた存在として、楽勝レベルの内容で未勝利を突破して欲しい。
 

2歳新馬直後

 

2019年7月21日 2歳新馬 芝1800m 函館競馬場

1着:ダーリントンホール 牡2 (池添謙一)
2着:コスミックエナジー 牝2 (藤岡佑介)
3着:ドゥラモット 牝2 (北村友一)

レースタイム:1:49.8(良)
レース上がり3ハロン:35.6
勝ち馬上がり3ハロン:35.4
 
スッと無理をしない形で逃げる展開に打って出たコスミックエナジー。前半1000mを1分2秒台のスローペースに持ち込むと、しっかり自分のリズムで4コーナーへ進んで行く。徐々にペースを上げて後続を引き離し気味に加速して行くと、直線入り口で人気馬ダーリントンホールがそれ以上の勢いを見せ併走。そこからあっさりと突き抜けられ無念の2着に終わってしまった。とは言え、3着以下を突き放している事からも、自身の能力自体は高い。牝馬同士なら次は確勝級だろう。
 

2歳新馬直前

 
母ミクロコスモスは阪神ジュベナイルフィリーズで3着に入った早期活躍馬で、繁殖に上がってからいきなり4勝馬アンティノウスを輩出。続けざまに日本ダービーで3着に入るコズミックフォースを出すなど、その繁栄力は目を見張るものがある。今回は初の牝馬で系譜を引き継ぐ後継者が現れたのは吉。動き自体は本数を追う毎に良くなって来ており、そういう意味では先行してバテずに長く脚を使うタイプというイメージは上と同じだろう。鞍上は藤岡佑介騎手。
 

コスミックエナジー

 
コスミックエナジー(ミコロコスモス2017)

コスミックエナジー(ミコロコスモス2017)

牝馬

父馬:キングカメハメハ
母馬:ミコロコスモス
母父:ネオユニヴァース
所属:高野友和厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:吉田勝己

通算成績:2戦1勝(1-1-0-0)
主な戦績:2歳未勝利
via google imghp
 
既に成功例のある配合だけに安心感がある上、ミコロコスモス産駒は大物までは行かないまでもアベレージの高い産駒を輩出している様に思える一族だ。今回のコスミックエナジーにしても調教でしっかりと動けており、使い出しがここまで早い事から仕上げるのに手間がかからないタイプなのだろう。距離が延びてこそ、というコメントからも2000m前後に適正があるのではないだろうか。
 

血統背景

 
キングカメハメハ Kingmambo Mr.Prospector Raise a Native
Raise You
Miesque Nureyev
Pasadoble
マンファス ラストタイクーン トライマイベスト
Mill Princess
Pilot Bird Blakeney
The Dancer
ミクロコスモス ネオユニヴァース サンデーサイレンス Halo
Wishing well
ポインテッドパス Kris
Silken Way
ユーアンミー Marquetry Conquistador Cielo
Regent's Walk
Archimillionnaire Medaille d'Or
Conqueluche


 

兄弟馬

 
アンティノウス(ミクロコスモス2014)

アンティノウス(ミクロコスモス2014)

牡馬

父馬:クロフネ
母馬:ミクロコスモス
母父:ネオユニヴァース
所属:国枝栄厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:15戦4勝(4-0-1-10)
主な戦績:小金井特別など
via google imghp
 
コズミックフォース(ミクロコスモス2015)

コズミックフォース(ミクロコスモス2015)

牡馬

父馬:キングカメハメハ
母馬:ミクロコスモス
母父:ネオユニヴァース
所属:国枝栄厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:8戦2勝(2-1-2-3)
主な戦績:日本ダービー3着など
via google imghp
 

近親馬

 
特になし
 

血統評価:2.3pt

 
ユーアンミーのファミリーで母の全弟にはウェスタールンドがおりネオユニヴァースと相性の良いファミリーだったといえる、母の産駒兄弟は牡馬ばかりで2/3がセン馬になっており気性が問題の血統ともみてとれるが3頭とも3勝クラス以上になりそうな雰囲気がある血統で注目だが、当馬は牝馬なので気性面含めてそのあたりがスムーズだと期待してよさそう。
 

前評判

 
キレる、よりも持続性の高い脚で先行するイメージの血統である。今回はオーナーズでの募集となっているが、高野友和厩舎に預けている辺りに期待度の高さが窺い知れる。稽古も重ねる毎に動きが良化して来ていると言い、やはり叩いて良くなって行く傾向にある。初戦の走りで見限る事は良くないが、少なくとも素質の片鱗を見せて欲しいものである。
 

馬名の意味

 

宇宙エネルギー

 
母名から連想してネーミング。

関連記事

関連タグ

著者