クリスマスローズステークス

 

2019年12月21日 クリスマスローズステークス 芝1200m 中山競馬場

1着:ケープコッド 牝2 (R.ムーア)
2着:メメントモリ 牝2 (O.マーフィー)
3着:ジュニパーベリー 牝2 (嶋田純次)

レースタイム:1:08.9(良)
レース上がり3ハロン:35.4
勝ち馬上がり3ハロン:34.4
 
最大外からの発走となったケープコッドだが、スタートからある程度ポジションを取りに行く姿勢で鞍上も押しながらの追走。それでも中団からレースを運ぶ形となり、先行する人気のメメントモリを目標にして勝負所へ入って行った。4コーナーではスッと好位へ押し上げて直線でそのメメントモリを捉える形で追い出しを開始。最後はその2頭が壮絶な叩き合いを演じてゴールまでもつれる争いを繰り広げた。最後にハナ差競り出たケープコッドが見事人気に応える内容で3勝目を獲得した。
 

ケープコッド

 
ケープコッド(ハーロンベイ2017)

ケープコッド(ハーロンベイ2017)

牝馬

父馬:ダイワメジャー
母馬:ハーロンベイ
母父:Elusive Quality
所属:高柳瑞樹厩舎(美浦)
生産:ダーレー・ジャパン・ファーム
馬主:ゴドルフィン

通算成績:5戦3勝(3-1-0-1)
主な戦績:クリスマスローズステークスなど
via google imghp
 
現役時代に4勝をあげたハーロンベイは重賞タイトルも狙えた程の好素質馬だったが、キャリアを浅くして引退。しかしながら、裏を返せば繁殖牝馬としては非常に優良な母体であり、その初年度産駒のベイオブコトルもしっかりと勝ち上がりを決めている事からも繁栄族の可能性は高い。ダイワメジャーに父が替わったという点を受け、芝適性が一気に上がった印象だが元よりダートでも相当高いパフォーマンスを見せてくれるのではないだろうか。
 

血統構成

 
ダイワメジャー サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
スカーレットブーケ ノーザンテースト Northern Dancer
Lady Victoria
スカーレットインク Crimson Satan
Consentida
ハーロンベイ Elusive Quality Gone West Mr.Prospector
Secrettame
Touch of Greatness Hero's Honor
Ivory Wand
コージーベイ Storm Cat Storm Bird
ITerlingua
Composure Touch Gold
Party Cited


 

兄弟馬

 
ベイオブコトル(ハーロンベイ2016)

ベイオブコトル(ハーロンベイ2016)

牡馬

父馬:ゴールドアリュール
母馬:ハーロンベイ
母父:Elusive Quality
所属:高柳瑞樹厩舎(美浦)
生産:ダーレー・ジャパン・ファーム
馬主:ゴドルフィン

通算成績:3戦2勝(2-0-0-1)
主な戦績:3歳上1勝クラスなど
via google imghp
 

近親馬

 
特になし
 

血統評価:1.0pt

 
血統構成的にはさすがゴドルフィンの良血構成、ファミリーに日本実績はまだないが半兄もすでに2勝しており父がゴールドアリュールからダイワメジャーにかわってもスプリント色が強い血統、このあとはダート種牡馬が続くだけに芝種牡馬の当馬は芝で結果を出しておりこのまま期待できそう。
 

前評判

 
兄にベイオブコトルもデビュー戦を快勝している様に、使い出しからパフォーマンスを発揮できる仕上がり早の一族。そこにダイワメジャーが輪をかけて早期から完成度の高い産駒を助長させており、その成果か2歳末時点で既に3勝をあげる活躍。距離は恐らく1200から1400mがベストでマイルまで持てば活躍の舞台が広がって来るのだが果たして。
 

馬名の意味

 

マサチューセッツ州に存在する半島の名前

 
響きから来るネーミングだろう。

関連記事

関連タグ

著者