京都大賞典直後

 

2019年10月6日 京都大賞典 芝2400m 京都競馬場

1着:ドレッドノータス セ6 (坂井瑠星)
2着:ダンビュライト 牡5 (松若風馬)
3着:シルヴァンシャー 牡4 (浜中俊)

レースタイム:2:23.5(良)
レース上がり3ハロン:35.2
勝ち馬上がり3ハロン:34.9
 
不利とされる外枠も好スタートからスッと先行して1コーナーまでにそのロスは解消したグローリーヴェイズ。しかし、その反面で前に壁が出来ず少々ハミを噛んで行きたがってしまった前半となった。ある程度落ち着かせて馬群の中に馬を入れるとそこからはしっかりと脚を溜め追走、4コーナーから狭い所を入って行く。直線コースではノーブルマーズにヨラれて進路が無くなってしまうなど、不運なシーンを見せるがいずれにせよ突き抜ける脚は既に無かった。6着と人気を裏切る結果となったが、次で巻き返しはあるのだろうか。
 

京都大賞典直前

 
休み明けを感じさせない力強い動きのグローリーヴェイズ(右)

休み明けを感じさせない力強い動きのグローリーヴェイズ(右)

via google imghp
 
今年に入って日経新春杯、天皇賞春と狙い撃ちの2戦しかしていないグローリーヴェイズ。その後はしっかりと休養を取ってリフレッシュと成長に時間を充てたのは非常に大きい。馬自体が疲れを知らず、ベストな状態で充実の秋を迎えるという臨戦過程はこれから化ける為の必要なプロセスとなるだろう。その為にも、ここは勝ってGⅠ戦線に駒を進めたい所。鞍上には主戦のM.デムーロ騎手へ手綱が戻る。日経新春杯と同じ舞台できっちりと結果を出して欲しい。
 

天皇賞春直後

 

2019年4月28日 天皇賞春 芝3200m 京都競馬場

1着:フィエールマン 牡4 (C.ルメール)
2着:グローリーヴェイズ 牡4 (戸崎圭太)
3着:パフォーマプロミス 牡6 (北村友一)

レースタイム:3:15.0(良)
レース上がり3ハロン:34.5
勝ち馬上がり3ハロン:34.5
 
スタートをゆっくり出て折り合い重視のレース運びとなったグローリーヴェイズ。前にフィエールマン、後ろにユーキャンスマイル、エタリオウを見る形となったが自分のリズム最優先で落ち着いた道中の進み。ペースが速くなった3~4コーナーでは、前のフィエールマンが動くと同時に付いて行って直線入り口では並びかける勢い。一時は先頭に立ったものの、最後は差し返されて2着に負けてしまったが、自身も3着に6馬身差を付け勝ちに等しい内容と言える。これは長距離戦になって母系の血脈が騒ぎ出した結果だろうか。
 

天皇賞春直前

 
戸崎騎手を背に追い切ったグローリーヴェイズ

戸崎騎手を背に追い切ったグローリーヴェイズ

via google imghp
 
今回の最大最注目のダークホースと言えばこの馬グローリーヴェイズ。日経新春杯で初重賞制覇を飾り勢いに乗って参戦する。思えば、大外枠から臨んだ菊花賞でも直線懸命に伸びて5着とそれなりの格好は付けているのだ。今回、川田騎手が騎乗停止のため、シャケトラで出走予定だった戸崎騎手へ急遽乗り替わり。この配置換えが何を意味するのかはレース後、真相が分かる事だろう。平成最後の天皇賞春を制すればまさに栄光の極みである。
 

日経新春杯直後

 

2019年1月13日 日経新春杯 芝2400m 京都競馬場

1着:グローリーヴェイズ 牡4 (M.デムーロ)
2着:ルックトゥワイス 牡6 (岩田康誠)
3着:シュペルミエール 牡6 (北村宏司)

レースタイム:2:26.2(良)
レース上がり3ハロン:37.7
勝ち馬上がり3ハロン:36.8
 
内枠からしっかりとレースを冷静に見据えたグローリーヴェイズ。ハイペースからメイショウテッコンの捲りで一気にレースが動いた時も、インで脚を溜めつつジッと我慢。ポジショニングだけ間違わない様に直線コースへ入ると、前が開いた瞬間に一気に先頭へ躍り出る。そこから後続を振り切ってあっさりと重賞初制覇を飾って見せた。ブラストワンピース含め、明け4歳はやはりレベルが高いのだろう。新潟以来の騎乗となったM.デムーロ騎手も同馬の成長ぶりに目を細めていた。
 

菊花賞直前

 
福永騎手が美浦まで駆けつけたグローリーヴェイズ

福永騎手が美浦まで駆けつけたグローリーヴェイズ

via google imghp
 
前走を2000m=1分56秒6で走破したグローリーヴェイズ。幾ら高速馬場とは言え56秒台で走れるのは能力の高い証拠だ。加えて、母系は潜在的なスタミナ十分のメジロ血統。今回騎乗する福永騎手の中では既に菊花賞での戦い方も見えているのだろう。日本ダービーで不利と言われた大外枠を克服した様に、今回の18番枠も好スタートを決めて上手く運べれば上位争いも可能だろう。結果は鞍上の腕次第といったところだ。
 

佐渡ステークス直後

 

2018年07月28日 佐渡ステークス 芝2000m 新潟競馬場

1着:グローリーヴェイズ 牡3 (M.デムーロ)
2着:ベアインマインド 牝5 (大野拓弥)
3着:アッフィラート 牝5 (戸崎圭太)

レースタイム:1:56.6(良)
レース上がり3ハロン:34.8
勝ち馬上がり3ハロン:34.0
 
道中、先行集団から離れた4番手の位置に付けたグローリーヴェイズ。前が前半57秒台というハイペースで引っ張り縦長の隊列で4コーナーへ。それでもジッと脚を溜めギリギリまで動かなかったグローリーヴェイズだが、直線で最内に進路を取るとそこから一気に突き抜けて単独先頭に。余裕たっぷりの手応えで2着ベアインマインド以下を突き放し、最後はM.デムーロが股から後ろを除く程の楽勝だった。タイムも1分56秒6の好時計、手薄なメンバー構成になりそうな菊花賞に新たな有力馬が登場した。
 

プロフィール

 
グローリーヴェイズ(メジロツボネ2015)

グローリーヴェイズ(メジロツボネ2015)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:メジロツボネ
母父:スウェプトオーヴァーボード
所属:尾関知人厩舎(美浦)
生産:レイクヴィラファーム
馬主:シルクレーシング

通算成績:9戦3勝(3-3-0-3)
主な戦績:天皇賞春2着、日経新春杯など
via google imghp
 
2015年セレクトセールにおいて5000万円以上の高額取引をされたグローリーヴェイズ。メジロツボネの初年度産駒にあたり、近親にも目立った活躍馬がいない中でのこの高評価は素直に馬体の良さを強調している。遡ると曾祖母に初の牝馬三冠馬メジロラモーヌがいる生粋のメジロ血統とも言え、日本競馬の1つの象徴とも言うべき一族。そこにディープインパクトが配合されたとなると往年の競馬ファンには堪らない1頭だろう。
 

血統背景

 
ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘアー Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
メジロツボネ スウェプトオーヴァーボード エンドスウィープ フォーティナイナー
Broom Dance
Sheer Ice Cutlass
Hey Dolly A.
メジロルバート メジロライアン アンバーシャダイ
メジロチェイサー
メジロラモーヌ モガミ
メジロヒリュウ


 

兄弟馬

 
初仔
 

近親馬

 
フィールドルージュ(メジロレーマー2002)

フィールドルージュ(メジロレーマー2002)

牡馬

父馬:クロコルージュ
母馬:メジロレーマー
母父:リンドシェーバー
所属:西園正都厩舎(栗東)
生産:中田英樹
馬主:地田勝三

通算成績:30戦9勝(9-4-3-14)
主な戦績:川崎記念など
via google imghp
 

血統評価:1.0pt

 
メジロラモーヌの直系になるわけだがこの血統によくディープインパクトをつけたなとおもうファミリー実績。血統背景からの強調材料はない。
 

前評判

 
前述にもあるが、セレクトセールにおいてシルクホースクラブが購入。それを自社クラブで募集をかけている様に、社台グループ外の生産馬をピックアップする事自体に価値がある。実際、その期待通りの走りを見せ3歳夏時点で募集額の80%を回収出来ているのだから当たりと言っても過言ではない。故障さえ無ければ、今後は重賞戦線で長く活躍してくれる筈だ。
 

馬名の意味

 

栄光のつぼ

 
母名より連想してのネーミング。

関連記事

関連タグ

著者