京成杯オータムハンデ直後

 

2019年9月8日 京成杯オータムハンデキャップ 芝1600m 中山競馬場

1着:トロワゼトワル 牝4 (横山典弘騎手)
2着:ディメンシオン 牝5 (北村宏司)
3着:ジャンダルム 牡4 (藤井勘一郎)

レースタイム:1:30.3R(良)※日本レコード
レース上がり3ハロン:34.9
勝ち馬上がり3ハロン:34.9
 
道中は5番手前後の位置で理想的なレース運びを展開出来たグルーヴィット。しかし、日本レコードで決着したハイラップを追い掛ける事に苦労してしまい、直線に入った時は既に脚が上がっていた。追われても伸びる訳も無く、ただ回って来るだけの競馬で気が付けば11着大敗。前走の中京記念とは全く質の違う競馬に戸惑ってしまい、能力とは参考外の1戦に終わっている。次回以降の巻き返しに期待したい。
 

京成杯オータムハンデ直前

 
坂路で活気ある動きを見せ先着したグルーヴィット

坂路で活気ある動きを見せ先着したグルーヴィット

via google imghp
 
前走の中京記念ではクリノガウディーとの3歳馬による叩き合いを制して見事重賞初制覇を飾ったグルーヴィット。勢いは今回のメンバーでもNo.1で、9月とは言えまだまだ暑い日中。夏という判断で良いのなら、格よりも若く活きの良い1頭を中心視するのが当然の流れだろう。これを勝てば文句無しでサマーマイルシリーズの頂点に。=マイルチャンピオンシップの有力候補として堂々と駒を進める事になるが果たして。
 

中京記念直後

 

2019年7月21日 中京記念 芝1600m 中京競馬場

1着:グルーヴィット 牡3 (松山弘平)
2着:クリノガウディー 牡3 (森裕太郎)
3着:プリモシーン 牝4 (福永祐一)

レースタイム:1:33.6(良)
レース上がり3ハロン:35.6
勝ち馬上がり3ハロン:34.6
 
好スタートを切ったグルーヴィット、前の先行集団を見る様にして道中はインコースを追走し脚のロスを最小限に抑えた。外からプリモシーンなどの有力馬が上がって行く中でも、自身は落ち着いてワンテンポ仕掛けを遅らせる余裕の騎乗ぶり。直線コースでは、3歳馬クリノガウディーとの壮絶な叩き合いをクビの上げ下げで制し、運も味方に付け重賞タイトルを手にした。伸びシロ十分で、マイル前後の距離で活躍して行きそうだ。
 

中京記念直前

 
坂路で好タイムを叩き出したグルーヴィット

坂路で好タイムを叩き出したグルーヴィット

via google imghp
 
坂路で併せてラストの伸びだけで一気に3馬身差を付けフィニッシュしたグルーヴィット。全体のタイム、ラスト1ハロン共に優秀で完全に調子は更に上向き加減だ。鞍上の松山弘平騎手、松永幹夫調教師も納得の表情で最終追い切りを終えている。カテドラルよりまだ1kg軽い52kg、2走前のファルコンステークスでも既に中京コースの実績を叩き出している。週末の雨予報も本馬には歓迎材料だろう。好走する下地は揃い切っている。
 

ファルコンステークス直後

 

2019年3月16日 ファルコンステークス 芝1400m 中京競馬場

1着:ハッピーアワー 牡3 (吉田隼人)
2着:グルーヴィット 牡3 (北村友一)
3着:ローゼンクリーガー 牝3 (福永祐一)

レースタイム:1:20.9(良)
レース上がり3ハロン:35.0
勝ち馬上がり3ハロン:34.0
 
想定内ではあったが、初の芝でもパフォーマンスを落とす事無く適正の高さを見せたグルーヴィット。人気を背負う中、道中は先行集団を後ろから追い掛ける展開となった。4コーナーで手応え抜群の状態で上がって行くと、直線では早めに先頭へ抜け出す。外からハッピーアワーが並びかけて来るともうひと伸びしてマッチアップの形に持ち込むも、最後は大外の勢いが勝り2着惜敗となった。それでも上々の内容だっただけに、今後は両路線の重賞を視野に入れつつローテーションが組まれる事になるだろう。
 

ファルコンステークス直前

 
エアグルーヴ×フレンチデピュティの肌にスペシャルウィーク、更にそこへロードカナロアを配合して産まれたのがこのグルーヴィットである。こう並べると、むしろ何故ダートで走っているかさえ不思議なほど、芝適正の高そうな1頭だろう。脚元の弱さや、確実に勝ち上がる為など色々考えられるが、とにかくいずれは芝で確実に走って来るであろう逸材だ。今回の挑戦で覚醒するか、それともまだ時期尚早かはレース結果が示してくれているだろう。
 

3歳500万下直後

 
1番人気に応えて快勝するグルーヴィット

1番人気に応えて快勝するグルーヴィット

via google imghp
 
道中は6番の外目を追走するグルーヴィット。いつでも抜け出せる様な手応えで直線を迎えると、先に抜け出したシュガーサンダーを測ったかの様に残り1Fで捉えて最後は1馬身以上突き放す余裕の勝利。初騎乗したM.デムーロ騎手も『まだまだ子供っぽいところもあるけど走る馬、能力は高い』とコメント。ダイナカール一族から珍しくダートで出世しそうな馬が現れた。
 

2歳新馬直後

 

2018年10月20日 2歳新馬 ダート1400m 京都競馬場

1着:グルーヴィット 牡2 (岩田康誠)
2着:キョウワドリヴン 牡2 (小牧太)
3着:メイショウランセツ 牡2 (池添謙一)

レースタイム:1:26.2(良)
レース上がり3ハロン:38.8
勝ち馬上がり3ハロン:38.0
 
スタートは普通、行き脚もそこまで速くなかったグルーヴィットは中団からの競馬となった。4コーナーで内から加速して行くと、直線入り口で前へ取り付く走り。そこから楽々と前をかわすと、もう1段ギアを上げて一気に後続を引き離し独走状態のままゴール。最後は2着のキョウワドリヴンに5馬身差を付ける大楽勝の初陣勝利を飾った。鞍上の岩田康誠騎手も『途中からスピードに乗って来ましたね。距離はもっとあって大丈夫です』とコメント。ダイナカール一族から砂の大物候補が誕生の予感。
 

2歳新馬直前

 
キングカメハメハ産駒のフェイズベロシティがある程度の結果を出している事からも、この配合の相性は良い筈。牧場時代からの評価は高く、母の代表産駒に成る可能性は十分だろう。キャロットファームでも3600万円で募集されている事から、そうそう下手な戦績にはならないと判断する。ダートでも大物を輩出出来そうな下地はあるだけに、初戦からそのパフォーマンスに期待したい。
 

グルーヴィット

 
グルーヴィット(スペシャルグルーヴ2016)

グルーヴィット(スペシャルグルーヴ2016)

牡馬

父馬:ロードカナロア
母馬:スペシャルグルーヴ
母父:スペシャルウィーク
所属:松永幹夫厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:6戦3勝(3-1-0-2)
主な戦績:中京記念など
via google imghp
 

血統背景

 
ロードカナロア キングカメハメハ Kingmambo Mr.Prospector
Miesque
マンファス ラストタイクーン
Pilot Bird
レディブラッサム Storm Cat Storm Bird
Terlingua
サラトガデュー Cormorant
Super Luna
スペシャルグルーヴ スペシャルウィーク サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
キャンペーンガール マルゼンスキー
レディーシラオキ
ソニックグルーヴ フレンチデピュティ Deputy Minister
Mitterand
エアグルーヴ トニービン
ダイナカール


 

兄弟馬

 
フェイズベロシティ(スペシャルグルーヴ2013)

フェイズベロシティ(スペシャルグルーヴ2013)

牡馬

父馬:キングカメハメハ
母馬:スペシャルグルーヴ
母父:スペシャルウィーク
所属:萩原清厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:池谷誠一

通算成績:22戦3勝(3-4-1-14)
主な戦績:グッドラックハンデキャップなど
via google imghp
 

近親馬

 
アドマイヤグルーヴ(エアグルーヴ2000)

アドマイヤグルーヴ(エアグルーヴ2000)

牝馬

父馬:サンデーサイレンス
母馬:エアグルーヴ
母父:トニービン
所属:橋田満厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:近藤利一

通算成績:21戦8勝(8-1-3-9)
主な戦績:エリザベス女王杯など
via google imghp
 
ルーラーシップ(エアグルーヴ2007)

ルーラーシップ(エアグルーヴ2007)

牡馬

父馬:キングカメハメハ
母馬:エアグルーヴ
母父:トニービン
所属:角居勝彦厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:20戦8勝(8-2-4-6)
主な戦績:クイーンエリザベスカップなど
via google imghp
 

血統評価:1.0pt

 
エアグルーヴのファミリーでもフレンテデピュティ、スペシャルウィークと繋いできているのでそこまでの良血ではなく、ソニックグルーヴのファミリーとしては活躍馬がほぼいないのでロードカナロア産駒としては評価出来るが名門ファミリーにしてはあまり期待出来ないだろう。
 

前評判

 
ソニックグルーヴ→スペシャルグルーヴというダイナカール一族の中でも細々と母系を伸ばすファミリー。しかし、スペシャルウィークの肌が功を奏して繁殖能力は祖母よりも上昇している感が強い。キングカメハメハ産駒の兄フェイズベロシティがそれなりの結果を残している事からも、ロードカナロアに変わって更にパフォーマンスが上がる余地は十分。大物までは見込めないが、重賞戦線に絡んで来るイメージは容易に付く。
 

馬名の意味

 

楽しむ

 
母名より連想してネーミング。

関連記事

関連タグ

著者