名ステイヤーの資質あり?

 

2018年09月23日 2歳新馬 芝2000m 阪神競馬場

1着:グランデストラーダ 牝2 (M.デムーロ)
2着:マスターフェンサー 牡2 (酒井学)
3着:ヴァロリザー 牡2 (川田将雅)

レースタイム:2:04.4(良)
レース上がり3ハロン:35.9
勝ち馬上がり3ハロン:35.6
 
5頭立てという超少頭数で行われた1戦。終始先行集団に取り付いたグランデストラーダが、4コーナーでエンジンを掛け脚を使って先頭へ。直線コースもモタモタしながら何とか逃げ馬を捉えると、坂上から急にトップギアへ入り後続を一気に突き放す競馬。2000mでこの走りを見ても距離適性は相当長めで、如何にもオークス向きの作りと言える。今後は陣営もそれを見越して番組を選んで来るだろ。いずれにせよ、本格化はまだだいぶ先か。
 

グランデストラーダ

 
グランデストラーダ(レジェンドトレイル2016)

グランデストラーダ(レジェンドトレイル2016)

牝馬

父馬:ハーツクライ
母馬:レジェンドトレイル
母父:フレンチデピュティ
所属:友道康夫厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:シルクレーシング

通算成績:1戦1勝(1-0-0-0)
主な戦績:2歳新馬
via google imghp
 
シンコウラブリイなど活躍馬を多く輩出するハッピートレイルズ一族の出自グランデストラーダ。母レジェンドトレイルから重賞級は出ていないものの、これま7頭中6頭が複数の勝ち星をあげている事からも安定感は抜群。しかもA級以下の種牡馬でその実績なのだから1つ上のヴォウジラール含めて全兄妹であるハーツクライ産駒のこの2頭は要注目の存在だろう。距離適性は間違いなく2000m以上の長距離砲。
 

血統背景

 
ハーツクライ サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
アイリッシュダンス トニービン カンパラ
Severn Bridge
ビューパーダンス Lyphard
My Bupers
レジェンドトレイル フレンチデピュティ Deputy Minister Vice Regent
Mint Copy
Mitterand Hold Your Peace
Laredo Lass
ハッピートレイルズ ポッセ Forli
In Hot Pursuit
ロイコン High Top
Madelon


 

兄弟馬

 
アドマイヤジャガー(レジェンドトレイル2007)

アドマイヤジャガー(レジェンドトレイル2007)

牡馬

父馬:ネオユニヴァース
母馬:レジェンドトレイル
母父:フレンチデピュティ
所属:大関吉明厩舎(高知)
生産:ノーザンファーム
馬主:浜田修一

通算成績:157戦11勝(11-13-11-122)
主な戦績:霞ヶ浦特別など
via google imghp
 

近親馬

 
シンコウラブリイ(ハッピートレイルズ1989)

シンコウラブリイ(ハッピートレイルズ1989)

牝馬

父馬:Caerleon
母馬:ハッピートレイルズ
母父:ポッセ
所属:藤沢和雄厩舎(美浦)
生産:B. R. and Mrs Firestone(愛)
馬主:安田修

通算成績:15戦10勝(10-2-2-1)
主な戦績:マイルチャンピオンシップなど
via google imghp
 
チェッキーノ(ハッピーパス2013)

チェッキーノ(ハッピーパス2013)

牝馬

父馬:キングカメハメハ
母馬:ハッピーパス
母父:サンデーサイレンス
所属:藤沢和雄厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:7戦3勝 (3-2-0-2)
主な戦績:オークス2着など
via google imghp
 

血統評価:2.1pt

 
ハッピートレイルズのファミリーで母の姉妹は重賞級を出している馬が多い、母の産駒である兄弟も1頭以外中央2勝以上とかなりの安定感。ひとつ上の全兄同様、父は一番質がいいので彼女も2勝以上はかたそう。
 

前評判

 
『牝馬にしては馬格があって見栄えする馬体。長い所が良さそうだね』とは牧場関係者の談。元々、何を配合しても距離適性は長めに出ていた母レジェンドトレイルに長距離タイプのハーツクライを掛け合わせ。全兄ヴォウジラールも込みで、どこまでも走れそうな程にバリバリのステイヤーだろう。その分、キレは無く持続性の高い脚でタフな競馬に強い1頭か。
 

馬名の意味

 

大きな道(イタリア語)

 
母名からの連想してネーミングか、イタリア語というのが良い。

関連記事

関連タグ

著者