新潟2歳ステークス直前

 
同開催の史上最速となるタイムで勝ち上がったグランチェイサー

同開催の史上最速となるタイムで勝ち上がったグランチェイサー

via google imghp
 
6月頭の新馬戦だけにかなり情報が希薄化している様だが、当時のグランチェイサーの勝ちっぷりは見事なものだった。何より勝ち時計が、過去の開催を振り返ってみても後の重賞勝ち馬を上回るタイムを記録。2歳6月時点でこれだけのパフォーマンスが出来れば文句の付けようが無く、その後しっかり休養期間に充て新潟2歳ステークスに駒を進めて来たのは陣営の自信の表れか。今回の走りでそれらが証明される事となるが果たして。
 

グランチェイサー

 
グランチェイサー(キャッスルブラウン2017)

グランチェイサー(キャッスルブラウン2017)

牡馬

父馬:ダイワメジャー
母馬:キャッスルブラウン
母父:Silver Hawk
所属:矢野英一厩舎(美浦)
生産:村上欽哉
馬主:落合幸弘

通算成績:1戦1勝 (1-0-0-0)
主な戦績:2歳新馬
via google imghp
 
母系を辿ればチラホラと重賞馬が出ているファミリーの出自、その伏線となるキャッスルブラウン一族だが極めて優秀な繁殖牝馬である。というのも、上の兄弟は中央デビューした6頭中3頭が新馬勝ちという仕上がり早の血統。その肌にダイワメジャーを付けたグランチェイサーも当然ながら完成度が高く、2歳6月時点である程度注文の少ない走りが出来るというのはある意味で納得である。
 

血統構成

 
ダイワメジャー サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
スカーレットブーケ ノーザンテースト Northern Dancer
Lady Victoria
スカーレットインク Crimson Satan
Consentida
キャッスルブラウン Silver Hawk Roberto Hail to Reason
Bramalea
Gris Vitesse Amerigo
Matchiche
Hiroo Garden Caerleon Nijinsky
Foreseer
Sweeping インデェアンキング
Glancing


 

兄弟馬

 
ニシノラッシュ(キャッスルブラウン2012)

ニシノラッシュ(キャッスルブラウン2012)

牡馬

父馬:サクラバクシンオー
母馬:キャッスルブラウン
母父:Silver Hawk
所属:宮本博厩舎(栗東)
生産:村上欽哉
馬主:西野茂行

通算成績:20戦5勝 (5-2-3-10)
主な戦績:クロッカスステークスなど
via google imghp
 

近親馬

 
デグラーティア(デフィニット2006)

デグラーティア(デフィニット2006)

牝馬

父馬:フジキセキ
母馬:デフィニット
母父:デヒア
所属:宮本博厩舎(栗東)
生産:那須野牧場
馬主:サンデーレーシング

通算成績:9戦4勝 (4-0-1-4)
主な戦績:小倉2歳ステークスなど
via google imghp
 
ボールライトニング(デフィニット2013)

ボールライトニング(デフィニット2013)

牡馬

父馬:ダイワメジャー
母馬:デフィニット
母父:デヒア
所属:宮本博厩舎(栗東)
生産:那須野牧場
馬主:グリーンファーム

通算成績:22戦3勝 (3-2-1-16)
主な戦績:京王杯2歳ステークスなど
via google imghp
 

血統評価:1.0pt

 
兄弟やファミリーに2歳Sの実績馬がちらほらおり早めから活躍出来る産駒が多い印象の血統。ただ未勝利兄弟も多く血統背景からの強調材料としては弱い。
 

前評判

 
デビュー戦では5番人気とそこまで高い評価を受けていなかったグランチェイサー。しかし、血統は嘘を言わず、新馬勝ちの多い一族の血を脈々と受け継いだ仕上がりの良い走りで初戦を見事ものにしている。小柄ながら馬体を大きく見せるフットワークで全身を使った動きは運動神経の良さを物語っている。距離もマイルまでなら十二分に適正範囲内だろう、息の長い活躍に期待したい1頭だ。
 

馬名の意味

 

壮大な(フランス語)+追撃者

 
響きから来るネーミングだろう。

関連記事

関連タグ

著者