ハリのある馬体に期待も膨らむ

 
男馬に負けないスケール感のグラマラスライフ

男馬に負けないスケール感のグラマラスライフ

via google imghp
 
兄にアンタラジー、エクレアスパークル。姉にはアグレアーブルと素質馬がズラリ。近親にアメリカの名馬ベルナルディーニがいる良血馬で、その血統に恥じぬ存在感を放つグラマラスライフ。トレセン内でも馬体と動きの良さに注目が集まっている。稽古の動きを見ても、如何にも走りそうな雄大なフットワークで厩舎の期待が大きいのも納得のひと言だ。今期シルクホースクラブでもトップクラスの活躍を楽しめそうな逸材と言っても良い。初戦の走りに胸が高まるばかりだ。
 

グラマラスライフ

 
グラマラスライフ(プリティカリーナ2015)

グラマラスライフ(プリティカリーナ2015)

牝馬

父馬:ハーツクライ
母馬:プリティカリーナ
母父:Seeking the Gold
所属:田村康仁厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:シルクレーシング
via google imghp
 
ボリューム感タップリの馬体に均整の取れた作り。肩、トモ部分は牡馬と見間違える程に逞しく如何にもパワフルな走りが想像出来る。とは言え、筋肉自体は非常に柔らかみのある雰囲気でパワーのみならずキレもしっかりと持っていそう。シルクレーシングでも今期イチ推しの1頭となっており、3200万円という募集価格が嘘の様なコスパの高い1頭だろう。馬体重は不明。
 

血統背景

 
ハーツクライ サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
アイリッシュダンス トニービン カンパラ
Severn Bridge
ビューパーダンス Lyphard
My Bupers
プリティカリーナ Seeking the Gold Mr. Prospector Raise a Native
Gold Digger
Con Game Buckpasser
Broadway
Ile de France Storm Cat Storm Bird
Terlingua
Cara Rafaela Quiet American
Oil Fable


 

兄弟馬

 
アンタラジー

アンタラジー

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:プリティカリーナ
母父:Seeking the Gold
所属:萩原清厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:池谷誠一

通算成績:10戦4勝 (4-1-2-3)
主な戦績:雲雀ステークスなど
via google imghp
 
アグレアーブル

アグレアーブル

牝馬

父馬:マンハッタンカフェ
母馬:プリティカリーナ
母父:Seeking the Gold
所属:斎藤誠厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:シルクレーシング

通算成績:5戦2勝(2-0-0-3)
主な戦績:3歳上500万下など
via google imghp
 
エクレアスパークル

エクレアスパークル

牡馬

父馬:ハーツクライ
母馬:プリティカリーナ
母父:Seeking the Gold
所属:中内田充正厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:李柱坤

通算成績:3戦1勝 (1-2-0-0)
主な戦績:若葉ステークス2着など
via google imghp
 

近親馬

 
Bernardini

Bernardini

牡馬

父馬:A.P.Indy
母馬:Cara Rafaela
母父:Quiet American
所属:Thomas Albertrani厩舎(米)
生産:Darley(米)
馬主:Darley Stable

通算成績:8戦6勝(6-1-0-1)
主な戦績:プリークネスステークス、トラヴァーズステークス、ジョッキークラブゴールドカップなど
via google imghp
 

血統評価:2.3pt

 
母の祖母が米GⅠ馬で、母のおじさんにもGⅠ馬がおり、母自身の実績はないがそれでもGⅠ馬の祖母にストームキャット、シーキングザゴールドを重ねておりファミリー力、血統構成力ともに良いと言える。兄弟は、OPで活躍出来ている馬はいないものの全馬1勝以上で歯車さえ噛み合えば十分期待できる血統背景といえる。
 

前評判

 
『稽古が進むに連れてフットワークも良くなって来ています。動きのバランスが良化していて、かなりのキレを持っていそうな1頭です』との事。上の3頭がコンスタントに走っているだけに、本馬も質の高い競走馬としてPOG期間に活躍してくれるだろう。
 

馬名の意味

 

魅力的な人生

 
文字通りの見るだけでワクワクする様な成績を残す競走馬生活を送って欲しい。
 

編集部の評価

 
馬体が柔軟性がなさそうで牝馬なので指名しないが全く認識していなかったが良い母で今後結果出す期待を持てると感じたのでオススメする。(大川)
 
持ち込みのTiznow産駒以外、日本で生産した上の3頭はいずれもオープン級の馬が出ており、母プリティカリーナは隠れ名繁殖牝馬という認識をしている。特に今回のグラマラスライフはかなり前評判も高く、デビューさえまとまなら間違いなくクラシック戦線に乗って来てくれる筈だ。個人的に美浦の厩舎は敬遠するがそれを気にしない人にはかなりオススメの1頭だろう。(田中)

関連記事

関連タグ

著者