クロミナンス

 
クロミナンス(イリュミナンス2017)

クロミナンス(イリュミナンス2017)

牡馬

父馬:ロードカナロア
母馬:イリュミナンス
母父:マンハッタンカフェ
所属:尾関知人厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:0戦0勝(0-0-0-0)
主な戦績:特になし
via google imghp
 
牝馬クラシック戦線で有力馬に挙げられていた素質馬イリュミナンスの初仔にあたるクロミナンス。スキッフルのイチ族でマンハッタンカフェの肌ともあれば、自ずと産駒にも期待が込められる立場になるのは当然の話。それが父ロードカナロアなら尚更だろう。当初は秋頃の移動予定だったのが、思いのほか調整が上手く進み6月頃に前倒しする可能性もある。これはもしかするといきなりの大物かも。馬体重は春の段階で481kg。
 

血統背景

 
ロードカナロア キングカメハメハ Kingmambo Mr.Prospector
Miesque
マンファス ラストタイクーン
Pilot Bird
レディブラッサム Storm Cat Storm Bird
Terlingua
サラトガデュー Cormorant
Super Luna
イリュミナンス マンハッタンカフェ サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
サトルチェンジ Law Society
Santa Luciana
スキッフル トニービン カンパラ
Severn Bridge
ザスキート Nureyev
Shoot a Line


 

兄弟馬

 
初仔
 

近親馬

 
フラガラッハ(スキッフル2007)

フラガラッハ(スキッフル2007)

牡馬

父馬:デュランダル
母馬:スキッフル
母父:トニービン
所属:松永幹夫厩舎(栗東)
生産:白老ファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:41戦8勝(8-1-3-29)
主な戦績:中京記念など
via google imghp
 
フェルメッツァ(スキッフル2011)

フェルメッツァ(スキッフル2011)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:スキッフル
母父:トニービン
所属:松永幹夫厩舎(栗東)
生産:白老ファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:37戦5勝(5-4-7-21)
主な戦績:初富士ステークスなど
via google imghp
 
エスティタート(スキッフル2013)

エスティタート(スキッフル2013)

牝馬

父馬:ドリームジャーニー
母馬:スキッフル
母父:トニービン
所属:松永幹夫厩舎(栗東)
生産:白老ファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:24戦5勝(5-4-2-13)
主な戦績:心斎橋ステークスなど
via google imghp
 

血統評価:1.0pt

 
Shoot a Lineの一族で、サンダーガルチとバトルライン兄弟もいるが中でも日本実績としては祖母スキッフルが安定して走る産駒を出した。その中の1頭でヌレイエヌ、トニービン、マンハッタンカフェと悪くない血統構成のロードカナロア産駒とくればはじめから走ってきそうな印象。期待しても良さそう。
 

前評判

 
イリュミナンス自体、非常に風格があり大物の相が強かった牝馬。マンハッタンカフェ産駒で余計にそう見えたのかもしれないが、厩舎が厩舎だったならタイトルの1つは取れていたとも思しき好素材であったと記憶する。マンハッタンカフェの肌は特に素晴らしく、繁殖牝馬となって初仔から期待できそうな競走馬を輩出する辺りは祖母、引いては遠親にサンダーガルチがいる母系の底力とも言える。ロードカナロアならその能力を上位互換してくれるのではないだろうか。
 

馬名の意味

 

色度

 
母名から連想してネーミング。

関連記事

関連タグ

著者