秋華賞直後

 

2019年10月13日 秋華賞 芝2000m 京都競馬場

1着:クロノジェネシス 牝3 (北村友一)
2着:カレンブーケドール 牝3 (津村明秀)
3着:シゲルピンクダイヤ 牝3 (和田竜二)

レースタイム:1:59.9(稍重)
レース上がり3ハロン:36.4
勝ち馬上がり3ハロン:36.1
 

レース回顧

 
やや後手を踏んだ印象スタートだったが、押して内からポジションを押し上げて行くクロノジェネシス。道中は速い流れも鞍上がある程度好位に付けながらレースを進めていく意思がはっきりと見て取れるレース運びとなった。そして勝負どころでも絶好の手応えで上がって行くと、直線早々に先頭へ立って独走態勢に。内からカレンブーケドールが粘るも、それを尻目に更に加速し付きぬけた所がゴールとなった。+20kgも何のそのの走りで次走が更に楽しみとなるパフォーマンスだっただろう。
 

秋華賞直前

 
良い意味で走りに抜きの部分が出て来たクロノジェネシス

良い意味で走りに抜きの部分が出て来たクロノジェネシス

via google imghp
 
春の頃の様なカッとなって走りに抑えが効かない面が薄れて来たクロノジェネシス。抑えが効きつつ、ある程度の気迫もあって程良い状態と言えるだろう。精神面でだいぶ大人びて来た部分があり、今なら2000mの距離でも十分に対応出来そう。内回りコースだけにちゃかついて阪神ジュベナイルフィリーズの様な出遅れを喫するとかなり厳しい競馬となる。落ち着いてレースに挑める状態とあれば後は鞍上がまともにエスコートするだけで自ずと結果は付いて来るだろう。
 

オークス直後

 

2019年5月19日 オークス 芝2400m 東京競馬場

1着:ラヴズオンリーユー 牝3 (M.デムーロ)
2着:カレンブーケドール 牝3 (津村明秀)
3着:クロノジェネシス 牝3 (北村友一)

レースタイム:2:22.8(良)
レース上がり3ハロン:35.3
勝ち馬上がり3ハロン:34.5
 
好スタートから逃げ馬ジョディー、番手のコントラチェック直後を追走したクロノジェネシス。本来なら絶好の位置なのだが、今回の想定外はジョディーがハイペースで逃げた事だった。その厳しい流れに巻き込まれてしまい道中で脚を消費。直線に向いた頃には脚がそこまで余っておらず、後は地力だけでジワジワ伸びる競馬。カレンブーケドールとラヴズオンリーユーをかわす事はできず、桜花賞に続いてまたも3着に敗れてしまった。秋以降の巻き返しに期待したい。
 

オークス直前

 
併走馬を一瞬で追い抜く絶好調のクロノジェネシス

併走馬を一瞬で追い抜く絶好調のクロノジェネシス

via google imghp
 
阪神ジュベナイルフィリーズは出遅れて2着、桜花賞は不利もあって3着と大舞台で悉く能力を出し切れていないクロノジェネシス。今回はゆったり競馬ができる2400mで、しかも2戦2勝と絶好の相性を誇る東京競馬場である。余程のミスが無ければ本馬の走りができる筈で、前走の内容を見る限り桜花賞組では恐らく一枚抜けた存在だろう。後は未対戦のコントラチェック、ラヴズオンリーユーがどこまでかにもよるが、これまでの定石を考えればやはりこの馬から行くのがベターな選択と言える。
 

桜花賞直後

 

2019年4月6日 桜花賞 芝1600m 阪神競馬場

1着:グランアレグリア 牝3 (C.ルメール)
2着:シゲルピンクダイヤ 牝3 (和田竜二)
3着:クロノジェネシス 牝3 (北村友一)

レースタイム:1:32.7(良)
レース上がり3ハロン:33.3
勝ち馬上がり3ハロン:33.3
 
死に枠と言われた2枠から好スタートを切ったクロノジェネシス。道中のレース運びは実にスムーズで枠の不利を感じさせない順調な道中の走り。そのまま直線で一気に決め手を爆発させるかに見えたが、肝心の追い出し時点で前が一瞬壁になり全開までに時間を要してしまった。何とか外に持ち出して進路を確保してからはグングン加速しゴール前でダノンファンタジーを捉えて3着入線。スムーズなら2着はあった1戦だったろう。しかし、2400mに延びれば上位陣では最もパフォーマンスが上がる1頭なだけに、オークスの最有力候補になったのではないだろうか。
 

桜花賞直前

 
躍動感のある動きで好調アピールのクロノジェネシス

躍動感のある動きで好調アピールのクロノジェネシス

via google imghp
 
北村友一騎手とのコンビでまたサンデーレーシングの勝負服が阪神競馬場のGⅠを制するか。クイーンカップを快勝して臨むクロノジェネシスが打倒女王に意気揚々だ。最終追い切りではグッと気合の乗ったフォームでコースを駆け抜け、馬体も動きも上々の仕上がり。十分な間隔を開けて成長を促しており、心身共にひと回り大きくなった同馬の走りに期待したい。スローペースからのヨーイドンなら、グランアレグリアやダノンファンタジーにも負けないキレ味がある。後方から一気の追い込みで戴冠なるか。
 

クイーンカップ直後

 

2019年2月11日 クイーンカップ 芝1600m 東京競馬場

1着:クロノジェネシス 牝3 (北村友一)
2着:ビーチサンバ 牝3 (福永祐一)
3着:ジョディー 牝3 (武藤雅)

レースタイム:1:34.2(良)
レース上がり3ハロン:33.8
勝ち馬上がり3ハロン:33.1
 

レース回顧

 
阪神ジュベナイルフィリーズの出遅れもあり、慎重にスタートを切ったクロノジェネシス。道中はスローペースでも慌てず中盤からレースを進めて、後方のビーチサンバに注意を向けつつ4コーナーで外目を上がって行く。直線コースではそのビーチサンバが並びかけて来るのを待ってから追い出すと、軽く促されただけで楽に先頭へ立ち悠々と1着でゴールイン。斤量を背負いつつ余裕残しの仕上げで負担を掛けずに勝つ、課題を全てクリアした同馬が桜花賞の最有力候補に躍り出た。北村友一騎手も自信満々の騎乗ぶりで期待に応えている。
 

クイーンカップ直前

 
併せ馬で楽に先着を果たすクロノジェネシス

併せ馬で楽に先着を果たすクロノジェネシス

via google imghp
 
さすがに桜花賞を見据えた作りで、ピーク時の動きと比べれば少し物足りないクロノジェネシス。とは言え、春はここからクラシック2戦を戦う訳で、今回のクイーンカップで仕上げ過ぎない事が重要なのである。7~8割の作り込みでも、メンバーを考えれば勝ち切る所まで行かなければならない存在。楽勝まではいかないだろうが、貫禄を見せる走りで重賞初制覇を飾ってもらいたいものだ。
 

阪神ジュベナイルフィリーズ直後

 

2018年12月09日 阪神ジュベナイルフィリーズ 芝1600m 阪神競馬場

1着:ダノンファンタジー 牝2 (川田将雅)
2着:クロノジェネシス 牝2 (北村友一)
3着:ビーチサンバ 牝2 (福永祐一)

レースタイム:1:34.1(良)
レース上がり3ハロン:35.0
勝ち馬上がり3ハロン:34.0
 
阪神ジュベナイルフィリーズはまさかの出遅れスタートとなったクロノジェネシス。人気を背負っている以上内に潜り込む訳にも行かず、外々を回って上がって行く競馬で直線コースへ。ダノンファンタジーが抜け出した所へ同馬も迫って行くが、さすがに最後は力尽きて脚が止まってしまった。それでも勝ちに等しい走りでの2着だけに悲観する必要は無い。普通に回ってくれば圧勝まであった1戦、それを証明する様にクイーンカップでは勝ち負けよりも勝ち方に拘って欲しい。
 

クロノジェネシス

 
クロノジェネシス(クロノロジスト2016)

クロノジェネシス(クロノロジスト2016)

牝馬

父馬:バゴ
母馬:クロノロジスト
母父:クロフネ
所属:斉藤崇史厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:7戦4勝(4-1-2-0)
主な戦績:秋華賞など
via google imghp
 
姉にハピネスダンサー、ノームコアと実力派の活躍馬を持つクロノジェネシス。父がバゴに変わって期待値は下がっていた様だが、母クロノロジストの繁殖力の強さか重賞クラスのポテンシャルを秘めた1頭となった。とてもバゴ産駒に思えない素軽さと瞬発力を備えており、日本の高速競馬にもしっかりと対応出来る存在だ。距離は2000mまでならこなせそうで、融通の効く3歳時点ならオークスも十分に走破出来る筈。
 

血統背景

 
バゴ Nashwan Blushing Groom Red God
Runaway Bride
Height of Fashion Bustino
Highclere
Moonlight's Box Nureyev Northern Dancer
Special
Coup de Genie Mr.Prospector
Coup de Folie
クロノロジスト クロフネ フレンチデピュティ Deputy Minister
Mitterand
ブルーアヴェニュー Classic Go Go
Eliza Blue
インディスユニゾン サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ラスティックベル Mr. Prospector
Ragtime Girl


 

兄弟馬

 
ハピネスダンサー(クロノロジスト2011)

ハピネスダンサー(クロノロジスト2011)

牝馬

父馬:メイショウサムソン
母馬:クロノロジスト
母父:クロフネ
所属:高野友和厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:前迫義幸

通算成績:23戦5勝 (5-1-3-14)
主な戦績:修学院ステークスなど
via google imghp
 
ノームコア(クロノロジスト2015)

ノームコア(クロノロジスト2015)

牝馬

父馬:ハービンジャー
母馬:クロノロジスト
母父:クロフネ
所属:萩原清厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:池谷誠一

通算成績:9戦4勝(4-1-2-2)
主な戦績:ヴィクトリアマイルなど
via google imghp
 

近親馬

 
フサイチエアデール(ラスティックベル1996)

フサイチエアデール(ラスティックベル1996)

牝馬

父馬:サンデーサイレンス
母馬:ラスティックベル
母父:Mr. Prospector
所属:松田国英厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:関口房朗

通算成績:21戦5勝 (5-7-1-8)
主な戦績:桜花賞2着、エリザベス女王杯2着など
via google imghp
 

血統評価:2.2pt

 
ラスティックベルのファミリーで祖母はフサイチエアデールの全妹で母は父クロフネなのでフサイチリシャールやビーチサンバと血統構成は同じ、そこにバゴだが、ノームコアやハピネスダンサーを輩出しており母の繁殖力は高い。とはいえバゴで結果でるとはおもわなかったが本物だろう。
 

前評判

 
デビュー前から僚馬の500万クラスを併せ馬でちぎるなど、相当な動きで注目を集めていたクロノジェネシス。その評判通りに新馬、アイビーステークスと連勝を飾って一躍クラシック候補に躍り出た。時を同じく、1つ上の姉ノームコアも覚醒し、姉妹揃ってGⅠを狙える存在となっている。しかも、ハービンジャー、バゴとそれぞれが違う種牡馬だけに非常に優秀な牝系である。
 

馬名の意味

 

母名より+創世記

 
非常に響きが良くかっこいいネーミング。

関連記事

関連タグ

著者