3歳500万下直後

 

2019年5月12日 3歳500万下 芝1600m 京都競馬場

1着:クロウエア 牝3 (藤岡康太)
2着:アルティマリガーレ 牝3 (幸英明)
3着:マイエンフェルト 牝3 (B.アヴドゥラ)

レースタイム:1:33.7(良)
レース上がり3ハロン:33.9
勝ち馬上がり3ハロン:33.3
 
発馬のタイミングが合わず、やや遅れ気味でスタートを切ったクロウエア。鞍上も自信があったのだろうか、慌てず後方からレースを進めてじっくり脚を溜める作戦に出た1戦。ペースも遅く、良馬場で決め手勝負の展開となったがその方が本馬にとってはお誂え向きの展開だっただろう。抜群の手応えで外から一気に進出して行くと、直線では次元の違う伸びであっという間に先頭へ。ほとんど強く追う所なく、2着以下を引き離して余裕のゴールインとなった。これは更に上のクラスでも戦えるだろう。
 

クロウエア

 
クロウエア(ピンクアリエス2016)

クロウエア(ピンクアリエス2016)

牝馬

父馬:トーセンホマレボシ
母馬:ピンクアリエス
母父:キングカメハメハ
所属:羽月友彦厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:2戦2勝(2-0-0-0)
主な戦績:3歳500万下など
via google imghp
 
牝馬で実績のない両親という点から、募集額は1000万円という最低ラインの評価だったクロウエア。しかし、募集終了後に姉メサルティムが走り出してその評価は一変。父トーセンホマレボシもミッキースワローなどを輩出し、デビュー前にはそれなりの注目度を集める存在となった。が、驚くべきはそれを上回る程の身体能力の高さ。まるでゴムまりの様に弾けるフットワークでデビューから2戦連続上がり最速の差し切り勝ち。キレを身上とする走りは見応え十分の1頭だろう。
 

血統背景

 
トーセンホマレボシ ディープインパクト サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ウインドインハーヘア Alzao
Burghclere
エヴリウィスパー ノーザンテースト Northern Dancer
Lady Victoria
クラフテイワイフ Crafty Prospector
Wife Mistress
ピンクアリエス キングカメハメハ Kingmambo Mr.Prospector
Miesque
マンファス ラストタイクーン
Pilot Bird
ピノシェット Storm Cat Storm Bird
Terlingua
ピンクタートル Blushing Groom
Turtle Cove


 

兄弟馬

 
メサルティム(ピンクアリエス2015)

メサルティム(ピンクアリエス2015)

牝馬

父馬:ディープブリランテ
母馬:ピンクアリエス
母父:キングカメハメハ
所属:荒川義之厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:8戦3勝(3-1-1-2)
主な戦績:夕月特別など
via google imghp
 

近親馬

 
タマノブリュネット(カフェピノコ2012)

タマノブリュネット(カフェピノコ2012)

牝馬

父馬:ディープスカイ
母馬:カフェピノコ
母父:ジェイドロバリー
所属:高柳瑞樹厩舎(美浦)
生産:三嶋牧場
馬主:玉腰勇吉

通算成績:22戦5勝(5-1-4-12)
主な戦績:レディスプレリュードなど
via google imghp
 

血統評価:1.0pt

 
ピンクタートルの一族で祖母はレディパステルの半姉でストームキャット産駒、そこにキンカメの母は競走成績は全くだったが血統構成としては良血といえる。半姉と当馬の活躍から今後の兄弟はさらに人気が出てくるだろう。一級の種牡馬での産駒ならかなり期待できる。今のところディープインパクト系の種牡馬で結果を出しているのでディープインパクト産駒を見てみたい印象。
 

前評判

 
姉メサルティムが走り出してからにわかに注目を集める存在となったクロウエア。とは言え、デビューは既にクラシックが始まろうとしている3月末と調整自体は遅れに遅れてしまった。そのデビュー戦で上々の走りを見せて快勝。姉同様に早々と2勝目を飾るなど、パフォーマンス自体は重賞を目指せる手応えがヒシヒシと感じるレベルとなっている。トーセンホマレボシ産駒はやはりキレが身上か、今後は距離を延ばして行けるかが1つの課題となるだろう。
 

馬名の意味

 

ピンクの星形の花の名

 
花言葉は『願いを叶えて』、出資者の想いを実現する様にとネーミング。

関連記事

関連タグ

著者