七夕賞直後

 

2019年7月7日 七夕賞 芝2000m 福島競馬場

1着:ミッキースワロー 牡5 (菊沢一樹)
2着:クレッシェンドラヴ 牡5 (内田博幸)
3着:ロードヴァンドール 牡6 (横山典弘)

レースタイム:1:59.6(稍重)
レース上がり3ハロン:37.5
勝ち馬上がり3ハロン:36.7
 
外枠からスタートはひと息、無理をせず自身のリズムで道中はほぼ最後方からレースを進めたクレッシェンドラヴ。1列前のミッキースワローを見ながらの追走となったが、ペースはかなり速く位置としては結果的に絶好位でレースを進められた。勝負どころでミッキースワローが先に仕掛けて行くと、それを追い掛ける様にして外から進出。直線では前を捉え切れはしなかったが、ゴール前で勝ち馬に詰め寄る走りで及第点の内容だった。ステイゴールド産駒らしい成長度合いで今後もまだまだ伸びシロはありそう。
 

クレッシェンドラヴ

 
クレッシェンドラヴ

クレッシェンドラヴ

牡馬

父馬:ステイゴールド
母馬:ハイアーラヴ
母父:Sadler's Wells
所属:林徹厩舎(美浦)
生産:木村秀則
馬主:広尾レース

通算成績:17戦5勝(5-3-2-7)
主な戦績:美浦ステークスなど
via google imghp
 
ステイゴールド×Sadler's Wellsという配合の如何にも晩成仕様な1頭。血統内に名牝Almahmoudの母方クロスが存在し、それが自身の能力バランスの底上げに大きく貢献している印象だ。母系自体、近親には海外重賞馬も輩出している事からそこそこの血統構成。ステイゴールドの血が上手くハマり爆発したイメージで良いだろう。それにしてもステゴ産駒は本当に息が長い。
 

血統背景

 
ステイゴールド サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ゴールデンサッシュ ディクタス Sanctus
Doronic
ダイナサッシュ ノーザンテースト
ロイヤルサッシュ
ハイアーラヴ Sadler's Wells Northern Dancer Nearctic
Natalma
Fairy Bridge Bold Reason
Special
Dollar Bird Kris Sharpen Up
Doubly Sure
High Spirited Shirley Heights
Sunbittern


 

兄弟馬

 
特になし
 

近親馬

 
特になし
 

血統評価:1.0pt

 
ファミリー、海外にはちらほら実績馬いるが日本実績はない。兄弟もはしっておらず血統構成からの強調材料はない。単にステイゴールド産駒のあたり馬という印象。
 

前評判

 
近年における広尾レースの出世頭とも言えるクレッシェンドラヴ。ステイゴールド産駒の牡馬、クラブ側からすれば3200万円という募集額はかなりの強気とも取れるだけに自信の表れでもあったのだろう。母系は華やかな種牡馬の代重ねで、いつ爆発してもおかしくない下地が揃っていたと言える。そこにステイゴールドという不安定要素を掛け合わせる事で最高レベルの上位互換が成せた産駒であろう。
 

馬名の意味

 

だんだん強く(音楽用語)+母名の一部

 
母名から連想してのネーミング。

関連記事

関連タグ

著者