ジャパンダートダービー直後

 

2019年7月10日 ジャパンダートダービー ダート2000m 大井競馬場

1着:クリソベリル 牡3 (川田将雅)
2着:デルマルーヴル 牡3 (戸崎圭太)
3着:ミューチャーリー 牡3 (御神本訓史)

レースタイム:2:06.1(稍重)
レース上がり3ハロン:不明
勝ち馬上がり3ハロン:不明
 
外枠から行きたがるのをなだめつつ上手く脚を溜められたクリソベリル。前にロードグラディオやデルマルーヴルなどを見ながらレースを進められたのが良かっただろう。ある程度、川田将雅騎手も自信を持って乗っている様に映り、乗り間違えなければ勝てると言わんばかりのレース運び。最後の直線も危なげなく抜け出し、最後は2着デルマルーヴルに3馬身差を付けて完勝の競馬を見せ付けた。無傷の4連勝でJpn1を制した。
 

3歳500万下直後

 

2019年3月2日 3歳500万下 ダート1800m 阪神競馬場

1着:クリソベリル 牡3 (川田将雅)
2着:アヴァンセ 牡3 (藤岡佑介)
3着:ソルトイブキ 牡3 (四位洋文)

レースタイム:1:52.2(稍重)
レース上がり3ハロン:37.4
勝ち馬上がり3ハロン:37.0
 
スタートでやや立ち遅れたクリソベリル。そこから外へ進路を持ち出すと、ゆっくりとポジションを上げて行く。4コーナーでは一気に前を陥れると、直線では早々に先頭へ立ち後は後続を突き放す一方のワンサイドゲーム。新馬戦に続いて2戦連続で7馬身差を付ける内容で能力の違いをまざまざと見せ付けた。鞍上の川田将雅騎手も勝って当たり前の表情で、先ずは2勝目を挙げた事にホッとしている様子だった。
 

3歳500万下直前

 
今年の3歳ダート戦線は異常に粒ぞろいでレベルが高い。その中でも最も注目されているのがこのクリソベリルだろう。全兄にジャパンダートダービー馬クリソライトや、芝GⅠ馬マリアライトなどがいる超一流の血統馬。この2~3歳の期間で大幅に成長している可能性も高く、休み明けでもととんでもないパフォーマンスを見せてくれるのではないだろうか。最終追い切りでも坂路で楽々と51秒台をマークしており、いきなりから走れる態勢は整っている。いずれは間違いなく重賞戦線に顔を出して来る逸材だ。
 

2歳新馬直後

 

2018年09月17日 2歳新馬 ダート1800m 阪神競馬場

1着:クリソベリル 牡2 (川田将雅)
2着:ハギノオムイデアル 牡2 (和田竜二)
3着:テンナイトパール 牡2 (藤岡佑介)

レースタイム:1:55.3(良)
レース上がり3ハロン:38.2
勝ち馬上がり3ハロン:38.0
 
圧倒的1番人気に支持されたクリソベリル。その注目された新馬戦で前評判通り、いやそれ以上の走りを見せ圧巻の7馬身差勝利を飾った。レース後半から外めをグッと上がって行き直線入り口で早くも先頭へ。そこから持ったままのアクションでグングン加速すると、最後は2着ハギノオムイデアル以下に0秒9差の大勝だった。鞍上の川田将雅騎手も『血統馬ですからね』と簡単にコメント、見据える先はもっと先の大舞台なのだろう。今後のダート界で主役を張れる存在になって来る筈だ。
 

2歳新馬直前

 
走る運命を背負ったと言えるクリソベリル

走る運命を背負ったと言えるクリソベリル

via google imghp
 
母クリソプレーズは日本を代表する名繁殖牝馬。クリソライトにマリアライト、リアファルとGⅠ級の活躍馬が並び血統的にクリソベリルも走らない訳が無いレベルの一族なのだ。まさに走る為に産まれて来たと言っても過言では無く、他馬とは次元の違う走りが期待される事は間違いない。後は今後のダート界を牽引して行けるかどうか。期待の大きさが最初から違うのはそれだけレベルの高い証拠だろう。
 

クリソベリル

 
クリソベリル(クリソプレーズ2016)

クリソベリル(クリソプレーズ2016)

牡馬

父馬:ゴールドアリュール
母馬:クリソプレーズ
母父:エルコンドルパサー
所属:音無秀孝厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:4戦4勝(4-0-0-0)
主な戦績:ジャパンダートダービーなど
via google imghp
 
ダートの強豪クリソライトの全弟にあたるクリソベリル。その他、宝塚記念を制したマリアライトや菊花賞1番人気のリアファルなど豪華なメンバーが兄弟に揃う超一流のエリートである。既に大きな成功例がある配合で、しかも管理する厩舎も同じとなればある程度は活躍の見込みが立つというもの。POG的にはダート路線がほぼ確定した同馬をどう扱うかで見方が変わって来るが、一口馬主的には最高レベルの1頭と言えるだろう。馬体重は春の段階で512kg。
 

血統背景

 
ゴールドアリュール サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ニキーヤ Nureyev Northern Dancer
Special
Reluctant Guest Hostage
Vaguely Royal
クリソプレーズ エルコンドルパサー Kingmambo Mr. Prospector
Miesque
サドラーズギャル Sadler's Wells
Glenveagh
キャサリーンパー Riverman Never Bend
River Lady
Regal Exception Ribot
Rajput Princess


 

兄弟馬

 
クリソライト(クリソプレーズ2010)

クリソライト(クリソプレーズ2010)

牡馬

父馬:ゴールドアリュール
母馬:クリソプレーズ
母父:エルコンドルパサー
所属:音無秀孝厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:36戦9勝 (9-13-1-13)
主な戦績:コリアカップ、ジャパンダートダービーなど
via google imghp
 
マリアライト(クリソプレーズ2011)

マリアライト(クリソプレーズ2011)

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:クリソプレーズ
母父:エルコンドルパサー
所属:久保田貴士厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:20戦6勝(6-2-5-7)
主な戦績:宝塚記念、エリザベス女王杯など
via google imghp
 
リアファル(クリソプレーズ2012)

リアファル(クリソプレーズ2012)

牡馬

父馬:ゼンノロブロイ
母馬:クリソプレーズ
母父:エルコンドルパサー
所属:音無秀孝厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:15戦4勝 (4-2-2-7)
主な戦績:神戸新聞杯など
via google imghp
 

近親馬

 
アロンダイト(キャサリーンパー2003)

アロンダイト(キャサリーンパー2003)

牡馬

父馬:エルコンドルパサー
母馬:キャサリーンパー
母父:Riverman
所属:石坂正厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:16戦5勝(5-1-2-8)
主な戦績:ジャパンカップダートなど
via google imghp
 
ダンビュライト(タンザナイト2014)

ダンビュライト(タンザナイト2014)

牡馬

父馬:ルーラーシップ
母馬:タンザナイト
母父:サンデーサイレンス
所属:音無秀孝厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:18戦4勝(4-1-4-9)
主な戦績:AJCC、京都記念など
 

血統評価:3.5pt

 
キャサリーンパーファミリーで日本実績は十分あり、中でも母はGⅡ以上級を3頭だしておりほぼ全馬勝ち上がっているので優秀な母である。父ゴールドアリュールの配合でもクリソライトを出しているのでゴールドアリュールの数少ない産駒の中でも期待最上位の存在だろう。
 

前評判

 
幼駒時代から筋肉の発達が凄く、それが維持されたまま2歳まで成長。動きも抜群で、偉大な兄と比べても『それ以上』と評される程の逸材だ。とにかくクリソライト同様に息が長くしぶとい活躍が期待出来る1頭。血統からも芝は全くの想定外、ダート路線でGⅠ獲りを目指す。母に更なるタイトルのプレゼントが出来るかどうか。
 

馬名の意味

 

金緑石

 
母名、兄姉名より連想してのネーミング。お馴染みの石シリーズ。

関連記事

関連タグ

著者