サウジアラビアロイヤルカップ直後

 

2019年10月5日 サウジアラビアロイヤルカップ 芝1600m 東京競馬場

1着:サリオス 牡2 (石橋脩)
2着:クラヴァシュドール 牝2 (藤岡佑介)
3着:アブソルティスモ 牡2 (戸崎圭太)

レースタイム:1:32.7R(良)
レース上がり3ハロン:33.5
勝ち馬上がり3ハロン:33.1
 
前に人気のアブソルティスモ、サリオスを見る様な形で中団外目を進んで行ったクラヴァシュドール。道中はジッと脚を溜め、完全に直線での末脚勝負に懸けるレース運びとなった。絶好の手応えで直線コースへ入って行くと、もたつくサリオスを横目に一瞬は突き抜ける脚色で先頭へ。しかしながら、馬体を併せて来たサリオスが盛り返し最後は逆に突き放さられての2着惜敗となった。しかしながら、現時点でこれだけのパフォーマンスを出せる牝馬は本馬かリアアメリアくらいだろう。
 

サウジアラビアロイヤルカップ直前

 
坂路を単走で力強く駆け上がるクラヴァシュドール

坂路を単走で力強く駆け上がるクラヴァシュドール

via google imghp
 
スッと好位に付け折り合いスムーズ、直線も確かな末脚で快勝した新馬戦は全くの文句なし。時計面もデビュー戦にしては上々で、今の所死角らしい死角が見当たらないクラヴァシュドール。唯一の不安材料としては初の長距離輸送がどうか。当日のパドックでの気配を確かめる必要はあるが、そこで落ち着いた周回を見せていたとするならばサリオスやアブソルティスモの脅威となるだろう。あっさり2連勝を飾る様なら、来年のクラシック有力候補へ一気に名乗りを上げる。
 

2歳新馬直後

 

2019年9月7日 2歳新馬 芝1600m 阪神競馬場

1着:クラヴァシュドール 牝2 (藤岡佑介)
2着:スターズプレミア 牡2 (川田将雅)
3着:ゴルトファルベン 牡2 (浜中俊)

レースタイム:1:35.4(良)
レース上がり3ハロン:33.5
勝ち馬上がり3ハロン:33.1
 
スタートから中団の位置をキープし、スターズプレミアをマークする形でレースを進めたクラヴァシュドール。折り合いもしっかりと付き脚も溜めれた様子の道中、馬群に揉まれても何ら動じないメンタルなど心身共に完成度の高いレース運びを窺い知れた。直線では一旦前が塞がるシーンがありつつも、グイッと割って外へ持ち出しそこからグンと加速。前で粘り込みを図るスターズプレミアをあっさりと差し切ってデビュー戦を白星で飾った。
 

クラヴァシュドール

 
クラヴァシュドール(パスオブドリームズ2017)

クラヴァシュドール(パスオブドリームズ2017)

牝馬

父馬:ハーツクライ
母馬:パスオブドリームズ
母父:Giant's Causeway
所属:中内田充正厩舎(栗東)
生産:下河辺牧場
馬主:山紫水明

通算成績:2戦1勝(1-1-0-0)
主な戦績:サウジアラビアロイヤルカップ2着など
via google imghp
 
近親にブリーダーズカップディスタフなどGⅠを2勝したスペインがいる母系で、血統構成的にはサンダーガルチ→Giant's Causewayというダート寄りの配合にハーツクライという余りイメージしにくい配合となっている。が、意外にハーツクライ産駒の活躍馬は素軽い芝向きよりこういったパワータイプの方が多く、成功例の一つとして捉えても良いのではないだろうか。元より、名門下河辺牧場から山紫水明名義で中内田廐舎に預けられている時点で素質馬フラグはきっちりと立っている。
 

血統構成

 
ハーツクライ サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
アイリッシュダンス トニービン カンパラ
Severn Bridge
ビューパーダンス Lyphard
My Bupers
パスオブドリームズ Giant's Causeway Storm Cat Storm Bird
Terlingua
Mariah's Storm Rahy
イメンス
Path of Thunder サンダーガルチ Gulch
Line of Thunder
Drina Regal and Royal
Wandering Lace


 

兄弟馬

 
特になし
 

近親馬

 
Spain(Drina1997)

Spain(Drina1997)

牝馬

父馬:サンダーガルチ
母馬:Drina
母父:Regal And Royal
所属:D. Wayne Lukas厩舎(米)
生産:The Thoroughbred Corp.
馬主:The Thoroughbred Corp.

通算成績:不明
主な戦績:ブリーダーズカップディスタフ、ラブレアステークスなど
via google imghp
 

血統評価:1.0pt

 
祖母の全姉はG1馬でそこにジャイアンツコーズウェイ産駒なので良血の繁殖牝馬にハーツクライを配合した血統。ファミリーに日本実績はないので血統構成からの強調材料はない。
 

前評判

 
馬主の実態すらまだ明らかになっていない馬、生産は下河辺牧場で主だった馬の有力な情報も少なかったのが事実。とは言え、このラインは粒揃いの精鋭が多く、パクスアメリカーナを始めスマハマやルモンドなど大きい所を狙える素材ばかりである。庭先で取り引きされており、少なくとも良い馬を第一優先で見れる様な仕組みを作っているのではないだろうか。非ノーザンファーム系の個人馬主としては異色の活躍を見せる。
 

馬名の意味

 

金の鞭(フランス語)

 
響きから来るネーミングだろう。

関連記事

関連タグ

著者