キーンランドカップ2019の結果

 

キーンランドカップ2019の動画

 

レース回顧

 
最内枠から飛び出したナックビーナスにライオンボス、セイウンコウセイなどが絡んで前はひとしきりやり合う展開に。それでも隊列はそこまで長くならずに馬群を形成しながら4コーナーへ。好スタートを切っていたダノンスマッシュが良いポジションから外目を上がって行くと、直線では着実に前との差を詰めゴール前100mで単独先頭に立った。内からタワーオブロンドン、外からリナーテの人気どころが追い上げるも、貫禄の走りで重賞タイトル3勝目を獲得。上位人気3頭によるワンツースリーフィニッシュとなった。
 

勝ち馬ダノンスマッシュ

 
ダノンスマッシュ

ダノンスマッシュ

牡馬

父馬:ロードカナロア
母馬:スピニングワイルドキャット
母父:ハードスパン
所属:安田隆行厩舎(栗東)
生産:ケイアイファーム
馬主:ダノックス

通算成績:13戦6勝 (6-2-0-5)
主な戦績:シルクロードステークス、キーンランドカップなど
via google imghp
 
川田騎手との新コンビでも冷静沈着な競馬で完勝のダノンスマッシュ。手も合っている様でいつも以上にスムーズな立ち回りが印象的だった1戦だが、これでも仕上がりとしては7~8分程度だったろう。ひと叩きした次のスプリンターズステークスを考えると、ここから更に調子を上げて来る本番はかなり期待出来る。完全に本格化した今なら、高松宮記念の借りを返す競馬を見せてくれるのではないだろうか。今回の勝利で重賞タイトルは堂々の3つ目となった。
 

レースを振り返ってのベスト予想

 
◎タワーオブロンドン
〇ダノンスマッシュ
▲リナーテ
×ナックビーナス
セイウンコウセイ
デアレガーロ
アスターペガサス
ハッピーアワー
ライオンボス
カイザーメランジェ
ライトオンキュー
 

馬連:想定3点:〇勝利、三連単:想定54点:△的中

 
本命タワーオブロンドン、対抗ダノンスマッシュ、単穴リナーテで連下なしの紐は単勝50倍未満が理想の想定だっただろう。
 

全着順結果

 

RR:104.5 ※想定RR:105.9

 
                             
着順 馬番 出走馬 斤量騎手 評価タイム(着差) 本印 石川 道永 坂入 田中 単勝オッズ
1 13 ダノンスマッシュ 57.0 川田 108.9 1:09.2 2.3
2 7 タワーオブロンドン 58.0 Cルメ 108.0 3/4 4.7
3 16 リナーテ 54.0 武豊 106.5 ハナ 6.6
4 14 ライトオンキュー 56.0 古川 106.0 クビ 42.5
5 1 ナックビーナス 55.0 岩田康 104.4 1.1/2 12.6
6 4 セイウンコウセイ 58.0 106.2 3/4 × 13.8
7 5 ペイシャフェリシタ 54.0 Kティ 102.2 クビ × × 63.1
8 2 デアレガーロ 54.0 池添 102.0 クビ × 15.6
9 15 パラダイスガーデン 54.0 横山武 100.0 1/2 223.9
10 6 ハッピーアワー 54.0 吉田隼 102.8 3/4 21.1
11 11 ライオンボス 57.0 Jルパ 102.51.1/4 23.1
12 9 カイザーメランジェ 57.0 江田照 98.5 1/2 × 39.0
13 8 シュウジ 57.0 三浦 101.8 3.1/2 80.3
14 12 ダイメイフジ 56.0 Lオー 99.8 クビ × × 55.9
15 3 サフランハート 56.0 勝浦 90.05 16.5


 

危険な人気馬結果 ダノンスマッシュ→1着(1番人気)

 
結果として能力が一枚も二枚も抜けていたという事だろう。斤量もある程度背負っていた事、終始外々を回らされていた事、馬体重もプラスでやや余裕残しだった事などそれらを踏まえると、次のスプリンターズステークスでは大幅に良くなるイメージしかない。今度こそ悲願のタイトル奪還なるか。
 

穴馬予想結果 ライトオンキュー→4着(11番人気)

 
後方待機から大外をぶん回して、ラストは上位3頭に唯一迫る脚を見せたライトオンキュー。やはり洋芝ではパフォーマンスが著しく向上し、重賞クラスでも対等に戦える程だ。今回は特に時計がある程度掛かった事も好走要因の1つだっただろう。今後はある程度、馬場状態などを鑑みて展望に組み込みたい1頭だ。
 

配当&本印予想結果

 
馬連予想 ⑬⑯-①②④⑥⑦⑨⑩⑭ 的中
単勝 13 230円 枠連 4-7 640円
複勝 13 110円 ワイド 7-13 300円
7 150円 13-16 330円
16 180円 7-16 640円
馬連 7-13 760円 馬単 13→7 1,170円
三連複 7-13-16 1,410円 三連単 13→7→16 4,480円


 

編集部の回顧

 
勝ち馬ダノンスマッシュについて、外を回るかたちで難しい展開の中しっかりと勝ち切ったところがとても評価できる。結果の出ていなかった外枠で勝利できたのも秋に向けて良い収穫。着差以上に強い競馬であったし秋が楽しみというところ。2着馬タワーオブロンドンについて、進路がうまく空いた面はあったが、スタートも悪く斤量を背負っている中この競馬なら上々。次走も期待がもてる。3着馬リナーテについて、外を回る厳しい展開であり、枠次第ではもう少し際どいところまでいけたであろうがといった内容。外枠でよく頑張った3着だったとは感じる。(石川)
 
抜けていたダノンスマッシュはそのまま強かった。個人的には前で残り100まで頑張っていたナックビーナスを応援していたが、決まってみればタワーオブロンドン、リナーテと人気ワンツースリーと今年はは堅い決着。ダノンスマッシュを始め、上位勢は改めてG1も楽しみだ。全種的中はしたものの、欲をかいてのトリガミ。今回は少ない点数が正解だった。(道永)
 
勝ったダノンスマッシュはやはり強かった。馬の力を信じて慌てず騎乗した川田騎手もさすがだった。とにかく今週は外差しが決まりあの位置ならば勝てると自信を持って乗っていたように感じる。次走はスプリンターズステークスに向かうとの事だが、中山でも軸は不動だろう。2着のタワーオブロンドンは斤量が最後に響いたか。3着のリナーテも最後いい脚は使ったが惜しかった。だが滞在競馬はやはり合う。(坂入)
 
想像以上にダノンスマッシュが楽な勝ち方で地力の違いを見せ付けた。対抗のデアレガーロはある意味であんなモノか。タワーオブロンドン、リナーテの両単穴が上手くそこを補填してくれたので印的には納得のレースだった。しかし、3連単は4000円台と相当安くもう少し印を絞った買い目で行くべきだったと後悔。(田中)
 

キーンランドカップ2019の予想

 

◎ダノンスマッシュ

 
ダノンスマッシュ

ダノンスマッシュ

牡馬

父馬:ロードカナロア
母馬:スピニングワイルドキャット
母父:ハードスパン
所属:安田隆行厩舎(栗東)
生産:ケイアイファーム
馬主:ダノックス

通算成績:12戦5勝 (5-2-0-5)
主な戦績:シルクロードステークスなど
via google imghp
 
高松宮記念で1番人気ながらプレッシャーのかかるレース運びで4着敗退を喫したダノンスマッシュ。とは言え、勝ち馬から0秒2差なら枠や展開の差と考え悲観する内容ではない。その後、函館スプリントステークスでは直前にグリーンカル騒動の影響で出走取消を食らってしまったが、一度立て直してキーンランドカップに照準を変更。ここで気持ち良く勝って、スプリンターズステークスに再度有力馬として参戦したい。
 

○リナーテ

 
リナーテ

リナーテ

牝馬

父馬:ステイゴールド
母馬:マルペンサ
母父:Orpen
所属:須貝尚介厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:16戦5勝(5-3-0-8)
主な戦績:京王杯スプリングカップ2着など
via google imghp
 
こちらも函館スプリントステークス取消組のリナーテ。しかし、その直後のUHB賞に出走し、鮮やかな差し切り勝ちを決めての参戦である。競馬を使っている強みと、札幌競馬場でのパフォーマンス向上、軽斤量など好走ファクターはダノンスマッシュよりも揃っていると言っても過言ではない。ここに来て更に一枚剥けた印象の本馬ならダノンスマッシュとも互角に渡り合えるイメージも十分に持てる。
 

出馬表&レーティング&予想オッズ

 

想定RR:105.9

 
復調したセイウンコウセイ、タワーオブロンドン、ダノンスマッシュあたりが地力上位も斤量楽なリナーテ、アスターペガサスなども有力で上位馬中心も下位馬の一発もありえる一戦で想定が難しいレースだろう。
 
   
馬番 出走馬 斤量 騎手 評価 本印 石川 道永 坂入 田中 予想オッズ
1 ナックビーナス 55.0 岩田康 101.4 10.6
2 デアレガーロ 54.0 池添 103.0 × 22.4
3 サフランハート 56.0 勝浦 90.0 121.1
4 セイウンコウセイ 58.0 107.2 × 15.0
5 ペイシャフェリシタ 54.0 Kティ 102.3 × × 68.8
6 ハッピーアワー 54.0 吉田隼 105.3 27.6
7 タワーオブロンドン 58.0 Cルメ 106.8 5.4
8 シュウジ 57.0 三浦 104.0 73.9
9 カイザーメランジェ 57.0 江田 98.4 × 49.4
10 アスターペガサス 53.0 戸崎 100.5 8.0
11 ライオンボス 57.0 Jルパ 106.0 17.9
12 ダイメイフジ 56.0 Lオー 102.1 × × 32.2
13 ダノンスマッシュ 57.0 川田 108.7 2.2
14 ライトオンキュー 56.0 古川 100.0 47.5
15 パラダイスガーデン 54.0 横山武 97.0 90.3
16 リナーテ 54.0 武豊 106.3 5.1


 

危険な人気馬 ダノンスマッシュ(想定1番人気)

 
穴の少なそうなダノンスマッシュだが、本馬の最大目標はあくまで次のスプリンターズステークス。そう考えると、ここでは7~8分程度の仕上げで臨んで来る公算が高く、今回がメイチで勝負をしに来ている他馬に足元をすくわれる可能性も少なくないのでは。いずれにせよ、川田騎手が乗る事で過剰人気する事は明らかで飛べば高配当を呼ぶだろう。
 

穴馬予想 ライトオンキュー(想定11番人気)

 
今年に入って怒涛の快進撃を続けているライトオンキュー。5戦3勝2着1回とほぼ完璧な内容で、前走のUHB賞でも勝ったリナーテとはほぼ差のない競馬を見せている。展開次第では前残りでアッと言わせるシーンも十分考えられ、こちらはダノンスマッシュとは逆に古川騎手だからこそ人気しにくい盲点でおまる。
 

編集部の見解

 
本命はダノンスマッシュ、前走の除外の影響が心配されるが追い切りを見る限り動きは良く、状態面は特に問題はないと感じる。高松宮記念では外枠と前を追いかけた分が影響して追ってから伸びずといった印象。能力はある馬なので仕切り直しでここは期待できる。秋に向けていいパフォーマンスをみせてほしいところ。対抗はリナーテ、前走の内容がとても素晴らしい。洋芝適性があり、前走叩いた上積みも感じられ状態は一段と良くなった印象。ここは大きく期待できる。(石川)
 
今年は固いか荒れるかだが、今年は紐荒れまでと予想して素直に実力上位◎ダノンスマッシュから。前走除外は残念だったが、秋に向けてここは落とせないはず。○アスターペガサスを対抗。前走でフロックを払拭した当馬。前後ろどちらからも競馬が出来るのも強み。先週もディアンドルが入った様に3歳馬がスプリントをる賑わせてくれると面白い。▲タワーオブロンドン。短距離になって安定感抜群。ここで一度勝利を手にしたいところだろう。(道永)
 
本命はやはりダノンスマッシュ。函館SSは不運だったか、立て直し仕切り直しな一戦。高松宮記念以来も順調で秋のG1へ向け負けられない。対抗はリナーテ。前走も強い競馬でなんといっても滞在競馬が合う。力はつけてきており初重賞制覇のチャンス。3番手以下は混戦ムード。タワーオブロンドンの敵は斤量か。(坂入)
 
本命は一応のダノンスマッシュ。が、休み明けで仕上げも途上であろうからそこまで信用はしていない。それなら牝馬のデアレガーロの方に食指は動くというもの。後は実績のタワーオブロンドンと勢いあるリナーテ。この4頭のいずれかが勝てば自ずと当たる印の配置で勝負しに行く。(田中)

関連記事

関連タグ

著者