ききょうステークス直前

 
動きも素軽くなり身が入って来たカーフライターク

動きも素軽くなり身が入って来たカーフライターク

via google imghp
 
新馬戦の走りはまだまだ余裕のある内容で、その上開催の最速タイをマークするのだから大したものである。キズナに次いで2歳戦のランキングで上位に位置するエピファネイア産駒。2勝目はまだあげておらず、カーフライタークが初めて父にオープンクラスの勝ち星をプレゼントするかもしれない。距離は先ず問題無いだろうが、後は強敵のシャレードとどういった競馬を展開するかという点にスポットは当たる。
 

2歳新馬直後

 

2019年8月3日 2歳新馬 芝1200m 小倉競馬場

1着:カーフライターク 牡2 (川田将雅)
2着:アオイスイセイ 牡2 (秋山真一郎)
3着:リヴェール 牝2 (松山弘平)

レースタイム:1:09.1(良)
レース上がり3ハロン:35.7
勝ち馬上がり3ハロン:35.4
 
スタートはまずまず、前との差を開かない様に終始手綱を動かしながら先行集団を追走したカーフライターク。レースというものがまだ分かっておらず、脚の使い所など組み立てすら無いまま直線コースへと向かって行く。徐々に勢いを付けて前を捉えると、そこから更に加速して一気に先頭へ立つ内容で1着フィニッシュ。気が付けば2着アオイスイセイに6馬身差を付ける走りで快勝。まだまだ伸びシロのあるパフォーマンスで、今後の活躍も非常に楽しみな1頭である。
 

カーフライターク

 
カーフライターク(アナスタシアブルー2017)

カーフライターク(アナスタシアブルー2017)

牡馬

父馬:エピファネイア
母馬:アナスタシアブルー
母父:ファルブラヴ
所属:高野友和厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:1戦1勝(1-0-0-0)
主な戦績:2歳新馬
via google imghp
 
ラスティックベル→フサイチエアデール→ライラプスという繁殖血統の出自カーフライターク。母アナスタシアブルーも早期2勝をあげ活躍を期待された1頭だったが、その後鳴かず飛ばずで現役を引退。しかし、ファルブラヴ肌という事も含めて母としての能力は相当なポテンシャルを秘めていそうでもある。エピファフラネイアという新種牡馬の未知数も掛け合わせると、いきなりから大物を出して来ても何らおかしくはない下地は揃っていると言えよう。
 

血統背景

 
エピファネイア シンボリクリスエス Kris S. Roberto
Sharp Queen
Tee Kay Gold Meridian
Tri Argo
シーザリオ スペシャルウィーク サンデーサイレンス
キャンペーンガール
キロフプリミエール Sadler's Wells
Querida
アナスタシアブルー ファルブラヴ Fairy King Northern Dancer
Fairy Bridge
Gift of the Night Slewpy
Little Nana
ライラプス フレンチデピュティ Deputy Minister
Mitterand
フサイチエアデール サンデーサイレンス
ラスティックベル


 

兄弟馬

 
特になし
 

近親馬

 
フサイチリシャール(フサイチエアデール2003)

フサイチリシャール(フサイチエアデール2003)

牡馬

父馬:クロフネ
母馬:フサイチエアデール
母父:サンデーサイレンス
所属:松田国英厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:関口房朗

通算成績:24戦5勝(5-3-0-16)
主な戦績:朝日杯フューチュリティステークス、東京スポーツ杯2歳ステークス、阪神カップなど
via google imghp
 
ビーチサンバ(フサイチエアデール2016)

ビーチサンバ(フサイチエアデール2016)

牝馬

父馬:クロフネ
母馬:フサイチエアデール
母父:サンデーサイレンス
所属:友道康夫厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:金子真人ホールディングス

通算成績:6戦1勝(1-2-1-2)
主な戦績:アルテミスステークス2着など
via google imghp
 

血統評価:1.0pt

 
ラスティックベルの一族で今ならクロノロジスト、ビーチサンバあたりから更に反映しそうだがこれまでの実績でいくならまだまだ祖母ライラプスの配下が優秀か。ファルブラヴにエピファネイアと少し堅苦しい印象をうけるがそれでもある程度期待していい血統構成だろう。
 

前評判

 
アナスタシアブルー自体、まだ結果が出ていない繁殖牝馬ではあるが血統的観点から見れば先ず持って走る馬を出す要素は揃いに揃っている1頭。ファルブラヴ肌という事もあり、スピード優先の仕上がり早な産駒が出て来そうなイメージだったが、それと照らし合わせると気性が勝ったエピファネイアを配合するというのは非常に可能性を感じる掛け合わせである。3200万円募集もその内、安いと思わされるだけの活躍をしてくれそう。
 

馬名の意味

 

聖金曜日(ドイツ語)

 
響きから来るネーミングだろう。

関連記事

関連タグ

著者