最後はひと伸び足りず失速

 

2018年07月22日 函館2歳ステークス 芝1200m 函館競馬場

1着:アスターペガサス 牡2 (小崎綾也)
2着:ラブミーファイン 牝2 (丸山元気)
3着:カルリーノ 牡2 (藤岡佑介)

レースタイム:1:09.4(良)
レース上がり3ハロン:35.5
勝ち馬上がり3ハロン:34.8
 
スタートは普通に出て、中団の前目のポジションを取ったカルリーノ。1番人気ナンヨーイザヨイが後ろからとなり、結果的に同馬が先行集団を捉えに行く形になったのが痛かっただろう。4コーナーで進出し徐々に脚を使うと、直線では先に抜け出したラブミーファインを捕まえ切れず3着入線。しかし、走り自体は安定しており今後も1200m戦なら上位争いは可能だろう。マイルまでの距離に対応出来る様であれば選択肢も広がって来るが…そこは次走以降の内容に注目したい。
 

カルリーノ

 
カルリーノ(アイリスモレア2016)

カルリーノ(アイリスモレア2016)

牡馬

父馬:マツリダゴッホ
母馬:アイリスモレア
母父:ショウナンカンプ
所属:高橋裕厩舎(美浦)
生産:松栄牧場
馬主:Gリビエール・レーシング

通算成績:3戦1勝(1-0-1-1)
主な戦績:函館2歳ステークス3着など
via google imghp
 
母アイリスモレアはカルリーノ含めて7頭の産駒を送り出しているが、全て勝ち上がりを見せる非常に安定感のある繁殖牝馬。特にマツリダゴッホ産駒は全兄に3勝のディアゴッホがおり、当たりの配合とも言える。その中でも弟のカルリーノは馬体の見栄えも良く、走りに躍動感があり先々まで期待出来る1頭だろう。今年のダービーにジェネラーレウーノとエタリオウの2頭を出走させた注目のGリビエール・レーシングが馬主。
 

血統背景

 
マツリダゴッホ サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ペーパーレイン Bel Bolide Bold Bidder
Lady Graustark
フローラルマジック Affirmed
Rare Lady
アイリスモレア ショウナンカンプ サクラバクシンオー サクラユタカオー
サクラハゴロモ
ショウナングレイス ラッキーソブリン
ヤセイコーソ
ユアアディクト ハウスバスター Mt. Livermore
Big Dreams
クバター De Ramiro
Golden Relic


 

兄弟馬

 
特になし
 

近親馬

 
特になし
 

血統評価:1.5pt

 
日本のファミリーだが重ねられた種牡馬もファミリーの実績も兄弟の実績も全くなく。血統背景からの強調材料は皆無である。ただそんな血統なのに兄弟が全馬勝ち上がっているのですごい。
 

前評判

 
前述しているが、Gリビエール・レーシングが認めた馬体の持ち主カルリーノ。比較的地味目の血統馬でも日本ダービーに複数頭出走させた手腕なだけに、この馬にかける期待も大きい。その評価通り、折返しの未勝利戦ではかなり味のある競馬で完勝している。今後の伸びシロ次第では更に活躍出来る下地が揃っていると言っても過言では無いだろう。
 

馬名の意味

 

『男らしさ』の意味を持つ人名より

 
この他にエタリオウ、ジェネラーレウーノ、ファドなど統一性は無いものの面白いネーミングが多いGリビエール・レーシング。今後の登場馬にも注目して行きたい。

関連記事

関連タグ

著者