地味な世界的良血の1頭

 
母ディヴィナプレシオーサはチリのGⅠ2勝馬で、母系を辿ると4代前には第一回のジャパンカップ勝ち馬メアジードーツがいる血統。日本に持ち込まれ初年度にディープインパクトが配合されたが、その産駒がカズマークセンである。しかも、当馬は2017年セレクトセールにおいて約1億円もの高値が付いた評判馬なのだ。弟も話題のDMMドリームクラブが購入しており、今後は何かと注目を集めそうな予感。その理由が実力でなら尚良いだろう。
 

カズマークセン

 
カズマークセン(ディヴィナプレシオーサ2016)

カズマークセン(ディヴィナプレシオーサ2016)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ディヴィナプレシオーサ
母父:Crocker Road
所属:西浦勝一厩舎(栗東)
生産:追分ファーム
馬主:雅苑興業

通算成績:0戦0勝(0-0-0-0)
主な戦績:特になし
via google imghp
 
幼駒でも分かるその凛とした立ち姿はやはり目を引く存在。血統を知らなくても一度は立ち止まってしまう程の品の良さがある1。そこに加えてGⅠ馬で代重ねされた底力のある母系、高速馬場に対応可能なチリ競馬出身の母にディープインパクト配合と、走る条件はズラリと揃った1頭と言える。ある意味で産駒実績がなくとも、1億円もの値が付いてしまうのも頷ける訳だ。
 

血統背景

 
ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘアー Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
ディヴィナプレシオーサ Crocker Road A.P. Indy Seattle Slew
Weekend Surprise
Gallanta Nureyev
Gay Missile
Hecate Golden Voyager Mr.Prospector
La Voyageuse
Hanging Valley Cox's Ridge
メアジードーツ


 

兄弟馬

 
初仔
 

近親馬

 
特になし
 

血統評価:1.0pt

 
遡れば日本とエンもあるメアジードーツの一族だが日本でめだった実績もなく母は海外G1馬もどちらかというとディープインパクト産駒ってくらいしか強調材料はない。
 

前評判

 
特に目立った話題は上がっていないが、それだけ順調に調整が進んでいるという事だろう。動きも及第点が与えられるもの、これだけの良血馬だけに実戦に行ってグンと上昇する筈。稽古を担当する助手も、『じっくりと時間を使って仕上げて来た。しっかり動けているしフットワークはいいモノを感じます。スタミナもあると思う』と手応えを感じるコメントを残している。
 

馬名の意味

 

冠名+人名

 
カズマ(冠名)+マークセン(人名)=カズマークセンというネーミング。

関連記事

関連タグ

著者