自身も重賞級のパフォーマンス

 

2018年08月18日 2歳未勝利 芝1800m 札幌競馬場

1着:ダノンチェイサー 牡2 (B.アヴドゥラ)
2着:オメガ 牡2 (和田竜二)
3着:グッドレイズ 牡2 (秋山真一郎)

レースタイム:1:47.6(良)
レース上がり3ハロン:35.0
勝ち馬上がり3ハロン:34.7
 
新馬戦同様に番手からペースの主導権を握ってレースを進めるオメガ。逃げ馬を早めに競り落とし直線入り口では先頭で押し切る競馬に。しかし、外からダノンチェイサーにかわされまたも2着敗退を喫してしまった。しかし、3着以下には十分な差を付けており、新馬で負けたアンブロークンが次の新潟2歳ステークスで2着に入った事からもこの馬のレベルの高さが窺い知れよう。今回の未勝利戦は遠征帰りの川田将雅騎手を配して必勝態勢で臨む。
 

オメガ

 
オメガ(リアリサトリス2016)

オメガ(リアリサトリス2016)

牡馬

父馬:ダイワメジャー
母馬:リアリサトリス
母父:Numerous
所属:中内田充正厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:石川達絵

通算成績:2戦0勝(0-2-0-0)
主な戦績:特になし
via google imghp
 
関西の名トレーナーになりつつある中内田充正厩舎、キセキを始め素質の高い馬を数多くする石川達絵氏のコンビとなれば走らない訳が無い。セレクトセールで4000万円、ダイワメジャー産駒と言う事を考えればかなり高額の部類に入るだろう。血統構成も由緒正しく底力のある牝系、普通に走って来れば複数勝利はかたく、上手く行けば重賞戦線に乗って来るイメージか。
 

血統背景

 
ダイワメジャー サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
スカーレットブーケ ノーザンテースト Northern Dancer
Lady Victoria
スカーレットインク Crimson Satan
Consentida
リアリサトリス Numerous Mr. Prospector Raise a Native
Gold Digger
Number Nijinsky
Special
Riziere グルームダンサー Blushing Groom
Featherhill
Rive Du Sud Nureyev
Riviere Doree


 

兄弟馬

 
リアリスト(リアリサトリス2013)

リアリスト(リアリサトリス2013)

牡馬

父馬:ゼンノロブロイ
母馬:リアリサトリス
母父:Numerous
所属:相沢郁厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:吉澤克己

通算成績:22戦3勝(3-4-2-13)
主な戦績:ニセコ特別など
via google imghp
 

近親馬

 
ロサード(ローザネイ1996)

ロサード(ローザネイ1996)

牡馬

父馬:サンデーサイレンス
母馬:ローザネイ
母父:Lyphard
所属:橋口弘次郎厩舎(栗東)
生産:社台ファーム
馬主:社台レースホース

通算成績:46戦6勝(6-6-3-31)
主な戦績:オールカマー、小倉記念など
via google imghp
 
ローゼンクロイツ(ロゼカラー2002)

ローゼンクロイツ(ロゼカラー2002)

牡馬

父馬:サンデーサイレンス
母馬:ロゼカラー
母父:Shirley Heights
所属:橋口弘次郎厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:22戦5勝(5-4-2-11)
主な戦績:金鯱賞、中京記念など
via google imghp
 

血統評価:1.0pt

 
一族としてローザネイのファミリーと同じだがこちらは日本実績はないので強調材料としては弱い。母父Numerousはジェイドロバリーの全弟で超良血なのでこの血統の使い方が重要だろう。
 

前評判

 
新馬戦こそ4番人気だったが、馬体の良さはパドックでも際立っていた。元々ダイワメジャー産駒で筋肉量の豊富な馬格は確かだが、それ以上に馬の雰囲気が抜群。実際走らせても大跳びでフットワークの雄大な走りは見惚れる程。デビュー前から中内田充正調教師も相当気合が入っていただろう、この馬で重賞制覇を狙う気概は十分に感じる素材だ。
 

馬名の意味

 

Ω(オメガ)

 
“最終”という意味だが、恐らく響きからのネーミングだろう。

関連記事

関連タグ

著者