摩耶ステークス直前

 
最後の追い上げは目を見張るものがあったエルプシャフト

最後の追い上げは目を見張るものがあったエルプシャフト

via google imghp
 
ディープインパクト×ビワハイジの産駒にダート適性があるとは誰が思うだろう。前走の御影ステークスでもその評価通りの14番人気だったが、最後の直線では見事な末脚で1着のクリノケンリュウに迫っている。あれがもし本物のだったとすれば、今後のダート短距離戦線でもかなりの活躍が見込めそうなだけに摩耶ステークスでの走りが本馬の将来を決めると言っても過言ではない。
 

御影ステークス直後

 

2019年11月30日 御影ステークス ダート1400m 阪神競馬場

1着:クリノケンリュウ 牡5 (森裕太朗)
2着:エルプシャフト 牡6 (岩田望来)
3着:ジャスパープリンス 牡4 (松山弘平)

レースタイム:1:23.8(良)
レース上がり3ハロン:37.7
勝ち馬上がり3ハロン:37.4
 
初のダート戦となったエルプシャフトは、道中10番手前後を追走し前を見ながらのレース運びとなった。4コーナーで外から手応え良く上がって行くと、直線では大外を1頭だけ違う脚色で追い込み勝ったクリノケンリュウにアタマ差まで迫る激走を見せた。14番人気で2着、上位3頭は全て二桁人気の馬で決着し3連単は600万円オーバーの大万馬券が飛び出した。この血統でダート適性があるとはよもや誰も想像しまい。
 

エクレアスパークルと同着V

 

2019年4月6日 丹波特別 芝1600m 阪神競馬場

1着:エルプシャフト 牡6 (浜中俊)
1着:エクレアスパークル 牡5 (川田将雅)
3着:モズダディー 牡4 (酒井学)

レースタイム:1:33.8(良)
レース上がり3ハロン:34.1
勝ち馬上がり3ハロン:33.6&33.8
 
スタートから好位置を意識してレースを進めたエルプシャフト。上手く馬群の中に潜り込んで先行集団の一角に忍び込むエスコートは浜中俊騎手の後半だっただろう。そのままスローペースから直線でのヨーイドンの勝負となり、先に抜け出したエクレアスパークルの横を抜け出し壮絶な叩き合いを演じた。最後まで両者譲らず同時にゴールをした結果、同着で勝利を分け合う形となった。それにしても、エルプシャフトの走りはいつ見ても独特である。
 

エルプシャフト

 
エルプシャフト(ビワハイジ2013)

エルプシャフト(ビワハイジ2013)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ビワハイジ
母父:Caerleon
所属:角居勝彦厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:22戦4勝(4-4-3-11)
主な戦績:丹波特別など
via google imghp
 

血統背景

 
ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘア Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
ビワハイジ Caerleon Nijinsky Northern Dancer
Flaming Page
Foreseer Round Table
Regal Gleam
アグサン Lord Gayle Sir Gaylord
Sticky Case
Santa Luciana Luciano
Suleika


 

兄弟馬

 
ブエナビスタ(ビワハイジ2006)

ブエナビスタ(ビワハイジ2006)

牝馬

父馬:スペシャルウィーク
母馬:ビワハイジ
母父:Caerleon
所属:松田博史厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:23戦9勝(9-8-3-3)
主な戦績:阪神ジュベナイルフィリーズ、桜花賞、オークス、ヴィクトリアマイル、天皇賞秋、ジャパンカップなど
via google imghp
 
ジョワドヴィーヴル(ビワハイジ2009)

ジョワドヴィーヴル(ビワハイジ2009)

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ビワハイジ
母父:Caerleon
所属:松田博史厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:7戦2勝(2-0-1-4)
主な戦績:阪神ジュベナイルフィリーズなど
via google imghp
 

近親馬

 
マンハッタンカフェ(サトルチェンジ1998)

マンハッタンカフェ(サトルチェンジ1998)

牡馬

父馬:サンデーサイレンス
母馬:サトルチェンジ
母父:Law Society
所属:小島太厩舎(美浦)
生産:社台ファーム
馬主:西川清

通算成績:12戦6勝(6-0-1-5)
主な戦績:菊花賞、有馬記念、天皇賞春など
via google imghp
 

血統評価:4.1pt

 
4勝目をあげても目立たない兄弟。兄弟は世代上位の注目度をあつめる超良血。
 

前評判

 
名繁殖牝馬ビワハイジの産駒、ブエナビスタやアドマイヤオーラ、ジャパンのほか、全兄にトーセンレーヴ、全姉ジョワドヴィーヴルとここまで重賞馬が揃いも揃えばサンデーサラブレッドクラブにて1億5000万円の募集額も致し方ない。その期待に応える様に新馬戦を圧勝しクラシックの期待を抱かせる華々しいデビューを飾っている。
 

馬名の意味

 

継承(ドイツ語)

 
ビワハイジの優秀なDNAをしっかりと受け継いで欲しいという想いを込めてネーミングか。

関連記事

関連タグ

著者