八王子特別直後

 

2019年6月8日 八王子特別 ダート2100m 東京競馬場

1着:エルデュクラージュ セ5 (C.ルメール)
2着:ワンダーウマス 牡5 (松岡正海)
3着:ジェミニズ 牡5 (横山典弘)

レースタイム:2:08.8(重)
レース上がり3ハロン:36.2
勝ち馬上がり3ハロン:35.9
 
好スタートから先行集団の直後を付けたエルデュクラージュ。前半はじっくりと進め、脚の使い所を見極めつつ前の動向に目を向けていた。徐々にペースが上がって行くとジワジワ脚を使う様にして進出、直線入り口で上手く外のスペースを確保すると大きな完歩で一歩ずつ前に進み先行勢を捉える走り。坂を駆け上がってからは独走態勢に入り、気が付けば2着に2馬身差を付ける圧勝の内容で4勝目を飾った。この内容なら上位クラスで頭打ちになる事は無いだろう。
 

エルデュクラージュ

 
エルデュクラージュ(エルダンジュ2014)

エルデュクラージュ(エルダンジュ2014)

セン馬

父馬:クロフネ
母馬:エルダンジュ
母父:サンデーサイレンス
所属:池添学厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:18戦4勝(4-1-5-8)
主な戦績:八王子特別など
via google imghp
 
お馴染み、POG鉄板繁殖牝馬エルダンジュの第6番仔にあたるエルデュクラージュ。全兄タイセイクルーズもある程度結果を出している点を鑑みて、やはり駄馬ではない事がデビュー前から分かる非常に有り難い産駒。走りも父クロフネと似た大飛びのゆったりとしたフットワークで、如何にも長く脚が使えるタイプというのがすぐに分かる。長距離仕様で、どれだけ距離が延びてもバテ無さそう。
 

血統背景

 
クロフネ フレンチデピュティ Deputy Minister Vice Regent
Mint Copy
Mitterand Hold Your Peace
Laredo Lass
ブルーアヴェニュー Classic Go Go Pago Pago
Classic Perfection
Eliza Blue Icecapade
コレラ
エルダンジュ サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ガゼルロワイヤル Garde Royale Mill Reef
Royal Way
Beautywal Magwal
True Beauty


 

兄弟馬

 
アドマイヤテンクウ(エルダンジュ2007)

アドマイヤテンクウ(エルダンジュ2007)

牡馬

父馬:キングカメハメハ
母馬:エルダンジュ
母父:サンデーサイレンス
所属:松田博資厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:近藤利一

通算成績:31戦3勝(3-2-2-24)
主な戦績:北山ステークスなど
via google imghp
 
アドマイヤスピカ(エルダンジュ2010)

アドマイヤスピカ(エルダンジュ2010)

牡馬

父馬:キングカメハメハ
母馬:エルダンジュ
母父:サンデーサイレンス
所属:友道康夫厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:近藤利一

通算成績:23戦5勝(5-3-3-12)
主な戦績:松籟ステークスなど
via google imghp
 

近親馬

 
特になし
 

血統評価:2.3pt

 
デビューした兄弟7頭中5頭が3勝以上と抜群の安定感があるので兄弟の期待値も高い。ファミリーには日本実績はなくこの兄弟が特質して結果を出している印象。母父サンデーのあたり母だろう。
 

前評判

 
母エルダンジュは、本馬含めて初年度産駒から6頭続けて3勝以上と相当なハイアベレージを誇る優良繁殖牝馬である。1つ下のパルマリアも3戦して1勝2着2回と基本的にハズレ無しの一族と考えて良さそうだ。そう考えると、クロフネ産駒で芝・ダート兼用という事を含めると事前募集で3600万円というのもそこまで高い値付けでは無いと思われる。
 

馬名の意味

 

勇敢な翼(フランス語)

 
母名より連想してネーミング。

関連記事

関連タグ

著者