石川『精神力で凄く成長』

 

2019年3月17日 スプリングステークス 芝1800m 中山競馬場

1着:エメラルファイト 牡3 (石川裕紀人)
2着:ファンタジスト 牡3 (武豊)
3着:ディキシーナイト 牡3 (石橋脩)

レースタイム:1:47.8(良)
レース上がり3ハロン:35.7
勝ち馬上がり3ハロン:34.9
 
道中は先行集団直後で空いたポケットの位置を追走したエメラルファイト。途中で上手く外に出すと、4コーナーでは抜群の手応えで捲り気味に上がって行った。そこから直線では先に抜け出したディキシーナイトをあっさりかわすと、坂上で迫って来たファンタジストの猛追を凌ぎ切って1着でゴールイン。白梅賞から連勝で嬉しい重賞初勝利を飾った。デビューからコンビを組む石川裕紀人騎手も馬の成長に称賛のコメントを与えていた。
 

エメラルファイト

 
エメラルファイト(セトウチソーラー2016)

エメラルファイト(セトウチソーラー2016)

牡馬

父馬:クロフネ
母馬:セトウチソーラー
母父:スペシャルウィーク
所属:相澤郁厩舎(美浦)
生産:金成吉田牧場
馬主:高橋勉

通算成績:6戦3勝(3-0-1-2)
主な戦績:スプリングステークスなど
via google imghp
 
母セトウチソーラーは未勝利に終わるも、上の牡馬2頭はそれぞれ3勝以上をあげる活躍を見せており、繁殖牝馬としては非常に優秀な成績を残している。母系を辿れば超大物はいないまでも、海外でGⅠを制した馬も輩出する上質な一族の出自という事は間違いない。その兄弟がファルブラヴ、タイキシャトル、今回のエメラルファイトはクロフネに変わった事で能力が上位互換されているという事を考えれば重賞クラスになっても何らおかしくはない下地がある。
 

血統背景

 
クロフネ フレンチデピュティ Deputy Minister Vice Regent
Mint Copy
Mitterand Hold Your Peace
Laredo Lass
ブルーアヴェニュー Classic Go Go Pago Pago
Classic Perfection
Eliza Blue Icecapade
コレラ
セトウチソーラー スペシャルウィーク サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
キャンペーンガール マルゼンスキー
レディーシラオキ
サマーヴォヤージュ Summer Squall Storm Bird
Weekend Surprise
La Voyageuse Tentam
Fanfreluche


 

兄弟馬

 
エメラルエナジー(セトウチソーラー2012)

エメラルエナジー(セトウチソーラー2012)

牡馬

父馬:ファルブラヴ
母馬:セトウチソーラー
母父:スペシャルウィーク
所属:相澤郁厩舎(美浦)
生産:金成吉田牧場
馬主:高橋勉

通算成績:35戦5勝(5-2-0-28)
主な戦績:アクアマリンステークスなど
via google imghp
 

近親馬

 
holy roman emperor(L'On Vit...

holy roman emperor(L'On Vite2004)

牡馬

父馬:デインヒル
母馬:L'On Vite
母父:Secretariat
所属:Aidan Patrick O'Brien厩舎(愛)
生産:Tower Bloodstock(愛)
馬主:Mrs.John Magnier

通算成績:7戦4勝(4-2-0-1)
主な戦績:フェニックスステークスなど
via google imghp
 

血統評価:2.3pt

 
一族には海外G1馬もちらほらいるがファミリーの日本実績としてはほぼない。血統構成からの強調材料もない。
 

前評判

 
地味な印象だが、やはりデビュー前から動きも良く2歳6月の新馬において良血馬ミディオーサ相手に競り勝つ走りを見せ快勝している。その後、上級クラスでも健闘を続け、地力の高さを安定して発揮するタフガイな一面を持つ。条件や展開に問わず、自身のパフォーマンスは常に引き出せる事からも紛れの多いコースや多頭数の混戦時に台頭するパターンが多くなって来るだろう。
 

馬名の意味

 

冠名+戦い

 
上の兄弟(エナジー、スター)同様に、シンプルな英単語との組み合わせによるネーミング。

関連記事

関連タグ

著者