戸崎『最後はきつくなってしまった』

 

2018年10月21日 菊花賞 芝3000m 京都競馬場

1着:フィエールマン 牡3 (C.ルメール)
2着:エタリオウ 牡3 (M.デムーロ)
3着:ユーキャンスマイル 牡3 (武豊)

レースタイム:3:06.1(良)
レース上がり3ハロン:34.2
勝ち馬上がり3ハロン:33.9
 
スタート後、逃げるジェネラーレウーノの直後にうまく位置取ったエポカドーロ。道中はそのジェネラーレウーノが作るスローペースで完全な先行有利の展開。向正面から4コーナーでもスムーズに運び、直線も空いた内に切れ込む絶好の形で終盤を迎える。しかし、そこから思った様な伸びを見られず、ジワジワと脚を使うだけで終わり8着へと沈んでしまった。レース後、戸崎騎手から『馬がきつくなった』と明らかに距離不向きのコメントも見られている。やはり母系からしてベストは2000m前後なのだろう。
 

エポカドーロ

 
エポカドーロ(ダイワパッション2015)

エポカドーロ(ダイワパッション2015)

牡馬

父馬:オルフェーヴル
母馬:ダイワパッション
母父:フォーティーナイナー
所属:藤原英昭厩舎(栗東)
生産:田上徹
馬主:ヒダカ・ブリーダーズ・ユニオン

通算成績:8戦3勝(3-2-1-2)
主な戦績:皐月賞など
via google imghp
 
母ダイワパッションは現役時代に重賞2勝、繁殖牝馬としては初年度から4頭ダイワメジャーを配合されるも実績が上がらず。そして種牡馬が変えられて初めて産まれたのがこのエポカドーロである。ヒダカ・ブリーダーズ・ユニオンで4500万円という高値の募集額が付けられた逸材。オルフェーヴルと相性抜群のフォーティナイナー系牝馬というのが良かったのだろう。スピード力の高い先行押し切りが特徴、キレよりも持久力で勝負するタイプだ。
 

血統背景

 
オルフェーヴル ステイゴールド サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ゴールデンサッシュ ディクタス
ダイナサッシュ
オリエンタルアート メジロマックイーン メジロティターン
メジロオーロラ
エレクトロアート ノーザンテースト
グランマスティーヴンス
ダイワパッション フォーティナイナー Mr.Prospector Raise a Native
Gold Digger
File Tom Rolfe
Continue
サンルージュ シェイディハイツ Shirley Heights
Vaguely
チカノヴァ Northern Dancer
Cairn Rouge


 

兄弟馬

 
特になし
 

近親馬

 
特になし
 

血統評価:1.0pt

 
母は重賞馬とはいえファミリーや兄弟に目立った活躍馬はおらずオルフェーヴルの当たりを引いた産駒という印象。兄弟にも現時点だと過度な期待は禁物だろう。
 

前評判

 
2歳10月の新馬戦から3ヶ月後の3歳1月未勝利戦にかけて+14kgと大幅な成長を見せたエポカドーロ。この期間に馬体に身が入って馬が変わって来るというのは、まさにオルフェーヴルひいてはステイゴールドの急に覚醒する成長曲線と似ているところ。馬が突如としてスイッチが入った様になり、それまでのレースが参考にならない程に変化を遂げたが当馬もまさにその典型だろう。
 

エポカドーロ

 

黄金の時代(イタリア語)

 
父名、母父名より連想してのネーミング。

関連記事

関連タグ

著者