2歳新馬直後

 

2019年8月11日 2歳新馬 芝2000m 札幌競馬場

1着:エカテリンブルク 牡2 (武豊)
2着:レッドレビン 牡2 (藤岡佑介)
3着:プモリテソーロ 牡2 (池添謙一)

レースタイム:2:04.7(良)
レース上がり3ハロン:37.0
勝ち馬上がり3ハロン:36.4
 
ゆったりとしたフットワークで如何にも長距離適性が高そうなエカテリンブルク。外枠から中団追走と慌てずじっくり進めて行った道中のレース運び。勝負どころで仕掛けて行くもなかなかエンジンが掛からずに、外から上がって行ったレッドレビンに押し上げられてしまう始末。直線入り口では完全な劣勢の状態だったが、そこから懸命に盛り返してゴール前でまた前に出る走りを見せ1着でゴール。負けパターンを逆転出来るというのは上のクラスで勝ち上がって行く上で非常に重要な要素だろう。この1勝はとてつもなく大きいと見る。
 

2歳新馬直前

 
友道厩舎期待の良血馬エカテリンブルクが始動

友道厩舎期待の良血馬エカテリンブルクが始動

via google imghp
 
友道厩舎からまた大物候補の登場だ。近親にあのシーオブクラスを持つ、ブラックタイド産駒のエカテリンブルクが今週の新馬戦に出走する。昨年のセレクトセールで1億5000万円もの高額取引をされた本馬。吉田勝己氏の個人名義でデビューに至ったが、当然ながら動きも良く人気を集める事だろう。馬体重は既に500kgはあると言い、その割に素軽いフットワークが能力の高さをヒシヒシと感じさせる。
 

エカテリンブルク

 
エカテリンブルク(ファイナルスコア2017)

エカテリンブルク(ファイナルスコア2017)

牡馬

父馬:ブラックタイド
母馬:ファイナルスコア
母父:ディラントーマス
所属:友道康夫厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:吉田勝己

通算成績:1戦1勝(1-0-0-0)
主な戦績:2歳新馬
via google imghp
 
青鹿毛から成る見映えのする馬体。精悍な顔つきと風格のある立ち姿は見る者を魅了する、セレクトセールでも1億5000万円もの高額で取引きされたのがこのエカテリンブルクである。ディープインパクトとブラックタイドが変わるだけで、ほぼ全姉弟とも言えるノーブルスコアが一応クラシック戦線に乗った事は本馬の活躍を後押しするものであり、それ以上に馬っぷりは良い。大レースの常連、友道康夫厩舎にかかれば府中の2400mに照準を合わせるのもお安いご用だろう。馬体重は春の段階で512kg。
 

血統背景

 
ブラックタイド サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘアー Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
ファイナルスコア ディラントーマス デインヒル Danzig
Razyana
Lagrion Diesis
Wrap It Up
Holy Moon エルナンド Niniski
Whakilyric
Centinela Caerleon
New Generation


 

兄弟馬

 
ノーブルスコア(ファイナルスコア2016)

ノーブルスコア(ファイナルスコア2016)

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ファイナルスコア
母父:ディラントーマス
所属:藤原英昭厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:二木英徳

通算成績:6戦1勝(1-1-3-1)
主な戦績:2歳未勝利
via google imghp
 

近親馬

 
シーオブクラス(Holy Moon2015)

シーオブクラス(Holy Moon2015)

牝馬

父馬:Sea the Stars
母馬:Holy Moon
母父:Hernando
所属:William Haggas厩舎(英)
生産:Razza Del Velino Srl(愛)
馬主:Sunderland Holding Inc

通算成績:7戦4勝 (4-2-0-1)
主な戦績:愛オークス、ヨークシャーオークス、凱旋門賞2着など
via google imghp
 

血統評価:1.0pt

 
半姉に重賞3着馬いるし母の姉妹の産駒も日本である程度走っているが母自体の競争実績は母の姉妹と比べると低く、母の父も血統成績が優秀ではない部類なのでディープインパクト産駒からブラックタイド産駒になる時点で期待値は下がる。もともと血統背景の強調材料としては弱いので期待値は低い。
 

前評判

 
前述の通り、1歳時のセレクトセールにおいて1億5120万円もの値が付いたエカテリンブルク。幾らキタサンブラックを輩出したブラックタイドで評価は上がっていると言え、この価格帯はディープインパクトでも相当な部類。そういう意味で現地での本馬のデキがかなり良かったという証拠であり、実際にそう思わせるだけの気品がある。育成担当のスタッフも太鼓判を押している以上、さすがに注目せざるを得ない存在という事か。
 

馬名の意味

 

ロシア連邦の中央部に位置する大都市

 
響きから来るネーミングだろう。

関連記事

関連タグ

著者