府中牝馬ステークス直前

 
札幌滞在でかなり力を付けた印象のエイシンティンクル

札幌滞在でかなり力を付けた印象のエイシンティンクル

via google imghp
 
出遅れたクイーンステークスでは後方から追い込んで5着、札幌記念は逃げて6着と変幻自在の競馬で見せ場を作り続けているエイシンティンクル。牡馬と交えても何ら見劣りする事無く堂々と相対し、結果的に僅かの差で勝負が出来ているというのは見えにくい評価点だろう。牝馬同士できっちり自分の方にハメ込んだ競馬が出来ればタイトルという結果は目前に見えて来る筈。継続騎乗の勝浦騎手が形を作ってくれるのではないだろうか。
 

クイーンステークス直後

 

2019年7月28日 クイーンステークス 芝1800m 札幌競馬場

1着:ミッキーチャーム 牝4 (川田将雅)
2着:スカーレットカラー 牝4 (岩田康誠)
3着:カリビアンゴールド 牝5 (柴山雄一)

レースタイム:1:47.0(良)
レース上がり3ハロン:34.5
勝ち馬上がり3ハロン:34.0
 
発馬でやや立ち遅れた感のあるエイシンティンクルだったが、元より武豊騎手も手綱を絞って抑えにかかる仕草で中団以下の追走を見せた。キャリアでもまだ未知の競馬を重賞で試すのは相当なチャレンジだが、鞍上にはある程度の自信があったのだろう。4コーナーから徐々にエンジンを吹かして行くと、直線外へ持ち出すとウラヌスチャームと一緒に脚を伸ばしてまずまずの走りで5着入線を果たした。今後の事を考えると、脚質に幅も出て良い形で終えられた1戦だったのではないだろうか。
 

エイシンティンクル

 
エイシンティンクル(キャタリナ2013)

エイシンティンクル(キャタリナ2013)

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:キャタリナ
母父:Storm Cat
所属:上村洋行厩舎(栗東)
生産:木田牧場
馬主:栄進堂

通算成績:19戦5勝 (5-3-4-7)
主な戦績:豊明ステークスなど
via google imghp
 
海外GⅠ2勝をあげたエイシンヒカリの全妹で、ディープインパクト×Storm Catの黄金配合というエイシンティンクル。兄程の活躍までは行かないが、デビューから着実に成績を重ねクラスを駆け上がって来たのはさすがのひと言だろう。兄よりはまだ性格に従順さがあり、ある程度の操縦性を兼ね備えている。とは言え、活躍のレンジに関しては上位クラスになってくるとマイル前後に良績が集まっているので実質の適性は短距離か。
 

血統背景

 
ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘアー Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
キャタリナ Storm Cat Storm Bird Northern Dancer
South Ocean
Terlingua Secretariat
Crimson Saint
Carolina Saga Caro フォルティノ
Chambord
Key to the Saga Key to the Mint
Sea Saga


 

兄弟馬

 
エイシンヒカリ(キャタリナ2011)

エイシンヒカリ(キャタリナ2011)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:キャタリナ
母父:Storm Cat
所属:坂口正則厩舎(栗東)
生産:木田牧場
馬主:栄進堂

通算成績:15戦10勝 (10-0-0-5)
主な戦績:香港カップ、イスパーン賞など
via google imghp
 

近親馬

 
サザンヘイロー(Northern Sea1983)

サザンヘイロー(Northern Sea1983)

牡馬

父馬:Halo
母馬:Northern Sea
母父:Northern Dancer
所属:Darrell Wayne Lukas厩舎(米)
生産:Edward P.Taylor(米)
馬主:Stavros Spyros Niarchos

通算成績:24戦5勝 (5-7-3-9)
主な戦績:スーパーダービー2着など
via google imghp
 

血統評価:4.0pt

 
ファミリーに日本実績馬は当馬の兄弟以外いない。全兄は海外G1馬だが日本では振るわなかった馬なので当馬も逆に海外に持っていってみるのもよいかもしれない。ストームキャット×ディープインパクトのニックス配合で全兄弟にかぎれば期待してよさそう。
 

前評判

 
ある種の一時代を築いたエイシンヒカリの全妹という事もあり、デビュー前から大きな注目を集めていたエイシンティンクル。さすがに海外GⅠ2勝という実績を比較対象にされると現状では満足出来ないが、普通の牝馬として考えれば牡馬との混合重賞で3着は立派だろう。超良血と言って良い血統構成だけに、繁殖に上がって尚その活躍が期待される貴重な1頭と言っても過言では無い。
 

馬名の意味

 

冠名+キラキラ光ること

 
兄名からの連想でネーミング。

関連記事

関連タグ

著者