アハルテケステークス直前

 
とにかくこれまでの5勝、いずれも勝ちっぷりが凄いイーグルバローズ。大差もあれば前走の様な不利を跳ね除けての圧勝など、規格外の走りを見せ続けている。まともに走れば間違いなく重賞クラスなだけに、今回のアハルテケステークスも昇級戦という感覚で見なくても良いだろう。後は、戦績でも分かる様に勝ち切るか飛ぶかの2択しかない1頭。そういう意味でも馬券的妙味がある存在にはなっている。
 

BSイレブン賞直後

 

2019年5月12日 BSイレブン賞 ダート1400m 東京競馬場

1着:イーグルバローズ 牡5 (D.レーン)
2着:アーバンイェーガー 牡5 (戸崎圭太)
3着:グロワールシチー 牡5 (岩田康誠)

レースタイム:1:24.5(良)
レース上がり3ハロン:35.4
勝ち馬上がり3ハロン:34.6
 
スタートで大きく出遅れたイーグルバローズ、人気を背負っていただけにその瞬間会場もどよめきが生まれた程。それでも、慌てず後方からじっくり脚を溜めて前を見据えるD.レーン騎手。直線に入っても上手くスペースを見つけると、そこからグングン加速して前を猛追する走り。残り100mで粘り込むアーバンイェーガーをあっさりかわすと最後は流す余裕の内容でフィニッシュ。ここ2走は負けていたが、実質1600万下では力が違ったという事か。
 

鳴海特別直後

 

2018年12月02日 鳴海特別 ダート1200m 中京競馬場

1着:イーグルバローズ 牡4 (J.モレイラ)
2着:モルゲンロート 牡5 (戸崎圭太)
3着:スズカグラーテ 牝4 (M.デムーロ)

レースタイム:1:10.5(良)
レース上がり3ハロン:36.1
勝ち馬上がり3ハロン:35.7
 
まずまずのスタートから外目を追走したイーグルバローズ。4コーナーでは前を射程圏に捉える位置まで上がり絶好の手応えで直線コースへ。いざ追い出しをはかると、一気に加速し後続をあっさりと突き放して最後は4馬身差の完勝劇を飾った。半年以上の休み明けで楽に最速上がりで突き抜ける脚力は重賞クラスの存在だろう。来春の活躍が大いに期待される。
 

イーグルバローズ

 
イーグルバローズ(Minny's Niece2014)

イーグルバローズ(Minny's Niece2014)

牡馬

父馬:ヘニーヒューズ
母馬:Minny's Niece
母父:Quiet American
所属:堀宣行厩舎(美浦)
生産:C. Kidder & N. Cole(米)
馬主:猪熊広次

通算成績:8戦5勝(5-0-0-3)
主な戦績:BSイレブン賞など
via google imghp
 
未勝利時の勝ちタイムが同日の1000万クラスよりも1秒以上速い驚愕のタイムで快勝したイーグルバローズ。しかも自ら逃げての記録だけにその能力を疑う余地は無い。ヘニーヒューズ産駒で本質はダート中距離前後に適正があるだろうが、類まれなスピード能力で短距離レンジもカバー出来る存在。行く行くはフェブラリーステークスから帝王賞や東京大賞典あたりのダート戦線を席巻する可能性も大いに有り得る。
 

血統背景

 
ヘニーヒューズ ヘネシー Storm Cat Storm Bird
Terlingua
Island Kitty Hawaii
T. C. Kitten
Meadow Flyer Meadowlake Hold Your Peace
Suspicious Native
Shortley Hagley
Short Winded
Minny's Niece Quiet American Fappiano Mr.Prospector
Killaloe
Demure Dr. Fager
Quiet Charm
Spectacular Affair Spectacular Bid Bold Bidder
Spectacular
French Muff Roberto
Befuddled


 

兄弟馬

 
特になし
 

近親馬

 
特になし
 

血統評価:1.0pt

 
ファミリーや兄弟に現時点では、日本実績馬がいないので血統背景からの強調材料はない。
 

前評判

 
確たる記述が無い為、詳細は分からないがバローズの猪熊氏が海外から買い付けて来た外国産馬で預託は堀宣行厩舎というだけで走りそうな気がしてならない。実際、想像通りのパフォーマンスを発揮しておりこのコンビを認めざるを得ない。とは言え、ヘニーヒューズは安定してダートで良い産駒を出しているのはさすがである。
 

馬名の意味

 

鷲+冠名

 
バローズの冠名もだいぶ板に付いて来たというか、走る産駒のイメージが出て来た。

関連記事

関連タグ

著者