武豊騎手『まだまだ幼く気分で走る』

 

2018年09月09日 2歳新馬 芝1400m 阪神競馬場

1着:ブラックダンサー 牝2 (M.デムーロ)
2着:ドナウデルタ 牝2 (福永祐一)
3着:イベリス 牝2 (武豊)

レースタイム:1:23.6(稍重)
レース上がり3ハロン:35.6
勝ち馬上がり3ハロン:35.0
 
スタート後、全くもって前に進んで行かないイベリス。終始武豊騎手の手も動きっ放しの状態でレースは終盤へ。直線に入ってようやくエンジンがかかるや否や、他馬が止まって見える程の追い込みで2着争いに際どく入線。武豊騎手もその気性の幼さに苦笑いのコメントをしていたが、逆を言えば正確がしっかりして来れば良い競走馬になれる素材だろう。キャリアを積んで行けば解消されて行く筈だ。
 

武豊『気性が素直で動きは良い』

 
スピード感ある走り、素質馬のイベリス

スピード感ある走り、素質馬のイベリス

via google imghp
 
ベルカントも管理した角田晃一調教師は『姉とタイプは違うけど動きは抜群、いずれ走って来るでしょう』とコメント。動きに確かなモノを感じ、ロードカナロアになって適性もやや広くマイルまではこなせるだろう。その姉は2年連続でサマースプリントシリーズの王者になっているが、それ以上の勲章を獲得する為にもこの初戦は是が非でも勝ちたいところだ。
 

イベリス

 
イベリス(セレブラール2016)

イベリス(セレブラール2016)

牝馬

父馬:ロードカナロア
母馬:セレブラール
母父:ボストンハーバー
所属:角田晃一厩舎(栗東)
生産:土居牧場
馬主:ノースヒルズ

通算成績:1戦0勝(0-0-1-0)
主な戦績:特になし
via google imghp
 
重賞5勝をあげた快速馬ベルカントの半妹にあたるイベリス。初年度産駒からとんでもない馬を輩出した母セレブラール、その後は続かないもののいつまた大物を出してもおかしくない血統構成の繁殖牝馬である。ロードカナロア産駒は1つ上のエヴァイエがおり勝ち上がってはいる。比較対象が難しいものの、未勝利の産駒がいない点は評価出来るだろう。マイルまでがギリギリの距離適性といったところか。
 

血統背景

 
ロードカナロア キングカメハメハ Kingmambo Mr.Prospector
Miesque
マンファス ラストタイクーン
Pilot Bird
レディブラッサム Storm Cat Storm Bird
Terlingua
サラトガデュー Cormorant
Super Luna
セレブラール ボストンハーバー Capote Seattle Slew
Too Bald
Harbor Springs Vice Regent
Tinnitus
モンローウォーク Sir Tristram Sir Ivor
Isolt
Amarissa Alydar
Amaranda


 

兄弟馬

 
ベルカント(セレブラール2011)

ベルカント(セレブラール2011)

牝馬

父馬:サクラバクシンオー
母馬:セレブラール
母父:ボストンハーバー
所属:角田晃一厩舎(栗東)
生産:土居牧場
馬主:ノースヒルズ

通算成績:21戦6勝(6-2-1-12)
主な戦績:ファンタジーステークス、フィリーズレビュー、北九州記念など
via google imghp
 

近親馬

 
特になし
 

血統評価:3.2pt

 
ファミリーに日本実績馬は半姉ベルカントのみで、ボストンハーバーにサクラバクシンオーと完全にスプリント仕様の配合だが、ロードカナロアも同じ意図での上位互換といった印象。全姉もようやく勝ち上がり今後も勝ちを積み重ねそうなので期待していい1頭だろう。ロードカナロア産駒としてはクラシック意識できるが母父ボストンハーバーなのでさすがにマイル以下イメージでPOG向きではないかもしれないが。
 

前評判

 
牧場関係者のコメントでは、『馬体は小さめですが、小気味よいフットワークでスピード感のある走りをしています。バランスも良いですしベルカントと同じく、早めに使い出せそうですよ』との事。現在、9月の阪神開幕週に向けて順調に調整は進んでいる。姉の主戦だった武豊騎手が鞍上予定なのは嬉しい限りだ。
 

馬名の意味

 

花名

 
花言葉『初恋の思い出』。

関連記事

関連タグ

著者