一旦は前に出られるも抜き返す

 

2018年07月29日 3歳上500万下 ダート1700m 小倉競馬場

1着:イシュトヴァーン 牡3 (松山弘平)
2着:スズカガルチ 牡4 (荻野極)
3着:メイショウタカトラ 牡4 (太宰啓介)

レースタイム:1:44.8(良)
レース上がり3ハロン:37.9
勝ち馬上がり3ハロン:37.9
 
明らかに芝の時とは行きっぷりが違うイシュトヴァーン。スンナリとハナに立ってペースの主導権を握ると、終始楽な手応えでレースを進めた。4コーナーで後方のスズカガルチが一気に捲って先行集団に取り付けると勢いそのまま直線先頭へ。一度は前に出られたイシュトヴァーンだったが、ジワジワと差し返してゴールでは併入する形でゴール。僅かにハナ差競り勝ってダート戦で無敗の2勝目をあげた。まだ走りに余力十分で、今後大物になる可能性は十分だ。
 

繁栄ファミリーに名を刻めるか

 
額の大きな流星が印象的なイシュトヴァーン

額の大きな流星が印象的なイシュトヴァーン

via google imghp
 
この家系をドナ一族と呼ぶべきか。歴史的名牝ジェンティルドンナの影に隠れてしまったが、母ドナウブルーもGⅠで2~3着がある実力馬だった。その初年度産駒となるイシュトヴァーンがいきなり走って来る様なら日本競馬の血統史に名を残す繁栄ファミリーの兆し有りと見る。何より、この配合は既にキセキで結果の出ている相性の良い組み合わせ。馬体も500kgを超えているとの事でルーラーシップ産駒の走る特徴に適している。ここを圧勝していきなりクラシック戦線に殴り込みをかけるか要注目の1戦。
 

イシュトヴァーン

 
イシュトヴァーン(ドナウブルー2015)

イシュトヴァーン(ドナウブルー2015)

牡馬

父馬:ルーラーシップ
母馬:ドナウブルー
母父:ディープインパクト
所属:石坂正厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:5戦2勝(2-0-1-2)
主な戦績:3歳上500万下など
via google imghp
 
馬格はあるものの、そこまで全体的に垢抜けた感は無い。ルーラーシップ産駒特有のメリハリがあるというよりは、母父ディープインパクトの柔らかい牝馬の様な馬体をしていてキレはありそう。だが、キ甲もまだ抜けきっていないし、肩周りも肉付きも成長途上といった感じだ。まだまだ伸びシロがあるという意味では化ける可能性もある1頭。いずれにせよ、本格化は3歳以降になってからだろう。馬体重は春の取材時点で520kg。
 

血統背景

 
ルーラーシップ キングカメハメハ Kingmambo Mr.Prospector
Miesque
マンファス ラストタイクーン
Pilot Bird
エアグルーヴ トニービン カンパラ
Severn Bridge
ダイナカール ノーザンテースト
シャダイフェザー
ドナウブルー ディープインパクト サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ウインドインハーヘア Alzao
Burghclere
ドナブリーニ Bertolini Danzig
Aquilegia
Cal Norma's Lady リファーズスペシャル
June Darling


 

兄弟馬

 
初仔
 

近親馬

 
ジェンティルドンナ(ドナブリーニ2009)

ジェンティルドンナ(ドナブリーニ2009)

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ドナブリーニ
母父:Bertolini
所属:石坂正厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:19戦10勝(10-4-1-4)
主な戦績:牝馬三冠、ジャパンカップ、ドバイシーマクラシック、有馬記念など
via google imghp
 

血統評価:1.0pt

 
母の妹が偉大すぎるが母自身もGⅠ2,3着があり牡馬ともやれるレベルの競争能力はパフォーマンスしている。血統構成はそれほど良血という感じはないのでその点が懸念点であるが、馬体は母姉妹とも牝馬離れしていたのでその点が引き継がれていれば有利だろう。現時点ではファミリーの繁栄力は未知数なので何ともいえないのが正直なところ。
 

前評判

 
『坂路でずっと動かして来ましたが、これまで一度も稽古を休んだ事がないくらい順調に来ています。とにかく健康ですね。馬体も幅があって体幹がしっかりしているし、素質は高いものを持っていると思います』との事。秋競馬のデビュー予定している。
 

馬名の意味

 

ドナウ帝国の王に戴冠された王冠の名

 
母名からの連想。その名に恥じず、一時代を築ける様な競走馬になって欲しいという想いからのネーミングだ。

関連記事

関連タグ

著者