2歳未勝利直前

 
前走は素質馬ラインベックに迫る2着だったアージオン

前走は素質馬ラインベックに迫る2着だったアージオン

via google imghp
 
新馬戦で敗戦を喫したラインベックは、その後の中京2歳ステークスも楽勝を飾っており、レースレベルは高かったと言っても過言ではない。その後、しっかりと間隔を開け無理使いしていない点も好感触。馬の成長を第一とし、勝つ確率の高いレースを選定しているのも見て取れる。そして鞍上は川田将雅騎手を確保する辺り、安田隆行厩舎が長く一線級で活躍しているのも頷ける訳だ。
 

アージオン

 
アージオン(インナーアージ2017)

アージオン(インナーアージ2017)

牝馬

父馬:ロードカナロア
母馬:インナーアージ
母父:ディープインパクト
所属:安田隆行厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:1戦0勝(0-1-0-0)
主な戦績:特になし
via google imghp
 
母インナーアージはミュージカルウェイの初年度産駒で、つまりミッキークイーンの全姉にあたる関係。現役時代は長く活躍を続け4勝をあげる活躍をしている。そこにロードカナロアを付けて産まれたのがアージオンである。カナロア産駒の好走必至でもある母父SS系の中でも最高レベルの繁殖牝馬と言っても過言ではない。これが走れなければどれが走るのだろうか。血統構成、生産、預託厩舎からは何の文句のも無い。
 

血統構成

 
ロードカナロア キングカメハメハ Kingmambo Mr.Prospector
Miesque
マンファス ラストタイクーン
Pilot Bird
レディブラッサム Storm Cat Storm Bird
Terlingua
サラトガデュー Cormorant
Super Luna
インナーアージ ディープインパクト サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ウインドインハーヘア Alzao
Burghclere
ミュージカルウェイ Gold Away Goldneyev
Blushing Away
Mulika Procida
Gazelia


 

兄弟馬

 
初仔
 

近親馬

 
トーセンマタコイヤ(ミュージカルウェイ2011)

トーセンマタコイヤ(ミュージカルウェイ2011)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ミュージカルウェイ
母父:Gold Away
所属:加藤征弘厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:島川隆哉

通算成績:18戦5勝(5-4-1-8)
主な戦績:ウェルカムステークスなど
via google imghp
 
ミッキークイーン(ミュージカルウェイ2012)

ミッキークイーン(ミュージカルウェイ2012)

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ミュージカルウェイ
母父:Gold Away
所属:池江泰寿厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:野田みづき

通算成績:17戦5勝(5-5-3-4)
主な戦績:オークス、秋華賞など
via google imghp
 

血統評価:1.0pt

 
ミッキークイーン、トーセンマタコイヤなどの全姉が母、つまりミュージカルウェイのファミリー、今後貴重な母父ディープインパクトにロードカナロアという現状日本最高峰の配合。母自身も4勝している事もあるので産駒にも一定以上の期待をしたくなる。
 

前評判

 
牝馬で初年度産駒、ロードカナロア産駒とは言え3000万円募集ならクラブ側としては少々強気の値段設定と感じる次第。それだけ馬のデキも良かったのだろう。何よりロードカナロア産駒を安田隆行廐舎に預ける、という時点で同産駒では期待度がNo.1でなくてはいけない訳である。少なくとも、春のクラシック戦線には乗って来て欲しい良血馬である。
 

馬名の意味

 

歓声と応援によって拍車をかける、推進する

 
母名からの連想でネーミング。

関連記事

関連タグ

著者