西武スポニチ賞直後

 

2019年8月18日 西部スポニチ賞 芝1800m 小倉競馬場

1着:タガノアスワド 牝5 (西村淳也)
2着:アンドラステ 牝3 (和田竜二)
3着:リリーモントレー 牡5 (松山弘平)

レースタイム:1:47.5(良)
レース上がり3ハロン:34.6
勝ち馬上がり3ハロン:34.6
 
大外枠という事もあり、内からスッとハナに立ったタガノアスワドを見る形で3番手追走のアンドラステ。道中はしっかりと抑えも効き、これならというレース運びだっただろう。しかし、逃げたタガノアスワドが1000mを超えた辺りからロングスパートを掛ける様にして後続を徐々に引き離して行く意外な仕掛けに打つ。2番手以降の後続は何も出来ず、アンドラステだけが必死に追い掛けて直線コースへ。それでもまだ大きな差があり、最後は懸命に詰め寄るもあっさりと逃げ切られてしまった。今回はまさに西村淳也騎手の巧みなペース配分にやられてしまった印象だ。
 

西武スポニチ賞直前

 
前走はレベルの高い走りで快勝したアンドラステ

前走はレベルの高い走りで快勝したアンドラステ

via google imghp
 
オルフェーヴルの大物候補アンドラステが昇級戦の西武スポニチ賞で3連勝へ挑戦。しかも、これまでマイルまでの距離経験しか無かったが今回で1800mという中距離適正を試す1戦となる。当面のライバルはラジオNIKKEI賞で3着に入った同世代の雄ゴータイミング。スタートから楽に先手を取り、折り合いスムーズで走れれば小回りコースだけに200mの延長はこなせるだろう。ここもあっさり通過出来れば、秋の飛躍が大いに期待される。
 

3歳上1勝クラス直後

 

2019年7月20日 3歳上1勝クラス 芝1600m 中京競馬場

1着:アンドラステ 牝3 (岩田望来)
2着:ソシアルクラブ 牝3 (西村淳也)
3着:ハクサンフエロ セ4 (小牧太)

レースタイム:1:33.4(重)
レース上がり3ハロン:34.3
勝ち馬上がり3ハロン:34.3
 
やや出負け気味のスタートから少し持って行かれる様な形で先頭へ立って行ったアンドラステ。折り合いが付いていたというよりも抑えきれない位の前進気勢で仕方なく前へ押し上げたという方が合っているだろう。そのまま後続を引き連れて4コーナーへ進んで行くと、直線入り口の手前で外へ膨れ上がるロス。そこから直線に入って軌道修正後、番手のソシアルクラブと一騎打ちとなり楽に振り切ってあっさりと2連勝を飾った。重馬場ながらマイルを1分33秒前半という快時計で勝ち上がり、とてつもない素質と荒々しさを感じさせる1戦。
 

3歳新馬直後

 

2019年1月20日 3歳新馬 芝1600m 京都競馬場

1着:アンドラステ 牝3 (中井裕二)
2着:シルヴァーソニック 牡3 (松山弘平)
3着:クインオブザシーズ 牝3 (M.デムーロ)

レースタイム:1:36.9(稍重)
レース上がり3ハロン:35.6
勝ち馬上がり3ハロン:35.6
 
ポンとスタートを切ったアンドラステが、馬なりで先頭へ。競りかける馬もおらず、前半3ハロンも36秒台とスローペースで馬群を引っ張りレースの主導権を握った。手応え良く直線コースを迎えると、楽に後続を引き離し最後は流す余裕を見せ1着でゴール。稍重馬場でタイムは出なかったが、全体的な走りは上のクラスでも戦えるパフォーマンスだったろう。鞍上の中井騎手も同馬の素質を絶賛、今後のローテーションにも注目したい。
 

アンドラステ

 
アンドラステ(ヴァリディオル2016)

アンドラステ(ヴァリディオル2016)

牝馬

父馬:オルフェーヴル
母馬:ヴァリディオル
母父:Dynaformer
所属:中内田充正厩舎(栗東)
生産:社台コーポレーション白老ファーム
馬主:社台レースホース

通算成績:3戦2勝(2-1-0-0)
主な戦績:3歳上1勝クラスなど
via google imghp
 
祖母ヴァレラは海外の重賞馬、そのDynaformer産駒として持ち込まれた母ヴァリディオルの仔がアンドラステである。父オルフェーヴルで、社台レースホースでの募集額は2000万円とお買い得な値段帯。それでも中内田厩舎に預託されている事を考えると期待度の高い産駒だったのだろう。ステイゴールド系とDynaformerは相性が良く、既にグランシルクで結果を残しているだけに十分な活躍を予感させる。
 

血統背景

 
オルフェーヴル ステイゴールド サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ゴールデンサッシュ ディクタス
ダイナサッシュ
オリエンタルアート メジロマックイーン メジロティターン
メジロオーロラ
エレクトロアート ノーザンテースト
グランマスティーヴンス
ヴァリディオル Dynaformer Roberto Hail to Reason
Bramalea
Andover Way His Majesty
On the Trail
ヴァレラ Monsun Konigsstuhl
Mosella
Val d'Etoile Big Shuffle
Vilette


 

兄弟馬

 
特になし
 

近親馬

 
特になし
 

血統評価:1.0pt

 
ファミリー兄弟ともに日本実績馬はおらず、血統構成も良血とはいえないので血統構成からの強調材料はない。
 

前評判

 
デビュー前の調教でもある程度動けており、初戦からしっかり仕上げて来る中内田厩舎なので5番人気は甘い評価だったろう。当日は降りしきる雨で稍重馬場の開催、母系がMonsun→Dynaformerと重厚なラインの大重ねにオルフェーヴルを配合している事からパワーの要る競馬は特に大歓迎の要素と言える。とにかく牝馬でオルフェーヴルというのは非常に繊細でいつメンタルがキレるか分からない為、能力はあるものの不安定な成績のキャリアになるのではないだろうか。
 

馬名の意味

 

古代ブリタンニアのケルト人が信奉した、戦いと勝利の女神

 
母名から連想してのネーミングか。

関連記事

関連タグ

著者