長岡ステークス直後

 

2019年8月31日 長岡ステークス 芝1600m 新潟競馬場

1着:ロードマイウェイ 牡3 (吉田隼人)
2着:アガラス 牡3 (M.デムーロ)
3着:アントリューズ 牡3 (田辺裕信)

レースタイム:1:33.6(良)
レース上がり3ハロン:33.7
勝ち馬上がり3ハロン:33.6
 
やや立ち遅れ気味のスタートとなったアントリューズ。新潟競馬場は直線も長く慌てず後方からの競馬で様子を見る形の追走となった。ところが、ペースがかなり落ち着いてしまい完全に前有利の流れ。直線では外へ出さずにロスを防いで内から上がって行くと、前で粘るアガラスやミッキーブリランテの一角に混じって2番手争いを繰り広げフィニッシュ。結果3着に敗れてしまったが、唯一後方から追い込んだ走りは改めてポテンシャルの高さを示した1戦だっただろう。
 

長岡ステークス直前

 
素質の高い走りは調教からも感じるアントリューズ

素質の高い走りは調教からも感じるアントリューズ

via google imghp
 
江ノ島特別で見せた走りはまさに重賞を意識させる様な大外一気だったアントリューズ。鞍上の田辺裕信騎手も自信満々のレース運びで、このクラスでは力が違うと言わんばかりのパフォーマンスだった。そういう意味でも今回の長岡ステークスが試金石となる1戦で、ここで同様の内容で勝ち上がれれば一気にタイトル獲得も視野に入って来るだろう。鞍上は当然ながら引き続き田辺裕信騎手だ。
 

江ノ島特別直後

 

2019年6月9日 江ノ島特別 芝1600m 東京競馬場

1着:アントリューズ 牡3 (田辺裕信)
2着:ナイトバナレット 牡5 (中谷雄太)
3着:クインズサン 牡6 (野中悠太郎)

レースタイム:1:33.3(稍重)
レース上がり3ハロン:34.1
勝ち馬上がり3ハロン:33.2
 
スタートはキレイに出るも、スーッと下げて行き意図的に後方待機策を取ったアントリューズ。道中はジッと10番手前後を我慢しながら進めて行くも、前もだいぶ楽なペースで展開的には不向きな流れとなった1戦。直線に入って大外に持ち出すと、半ば過ぎからGOサインを出した瞬間にトップギアへ。一気に単独先頭へ突き抜け、最後はナイトバナレットに3馬身差の完勝。明らかに能力の違いを見せつけるパフォーマンスで、上手く行けばやはり重賞を狙える好素材には違いない。
 

アントリューズ

 
アントリューズ(シーズオールエルティッシュ2016)

アントリューズ(シーズオールエルティッシュ2016)

牡馬

父馬:ロードカナロア
母馬:シーズオールエルティッシュ
母父:Eltish
所属:栗田徹厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:山口功一郎

通算成績:7戦3勝(3-0-1-3)
主な戦績:江ノ島特別など
via google imghp
 
母シーズオールエルティッシュはアメリカの重賞勝ち馬で、既にアントリューズの上には3勝以上をあげている産駒が3頭もいる優良な牝系の出身である。そこに現在ディープインパクトと双璧の位置にいるロードカナロアを掛け合わせた以上、そうそう駄馬が出る事が難しい程。マイル前後までならハマればかなりのパフォーマンスを出せる存在となりそうだ。
 

血統背景

 
ロードカナロア キングカメハメハ Kingmambo Mr.Prospector
Miesque
マンファス ラストタイクーン
Pilot Bird
レディブラッサム Storm Cat Storm Bird
Terlingua
サラトガデュー Cormorant
Super Luna
シーズオールエルティッシュ Eltish Cox's Ridge Best Turn
Our Martha
Nimble Feet Danzig
Nimble Folly
Shesabullwinkle Hesabull Dispersal
Proud Clarioness
Wise Woman Believe the Queen
Leaf Spring


 

兄弟馬

 
アドマイヤオウジャ(シーズオールエルティッシュ2010)

アドマイヤオウジャ(シーズオールエルティッシュ2010)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:シーズオールエルティッシュ
母父:Eltish
所属:橋田満厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:近藤利一

通算成績:32戦4勝(4-0-1-27)
主な戦績:比良山特別など
via google imghp
 
エルノルテ(シーズオールエルティッシュ2011)

エルノルテ(シーズオールエルティッシュ2011)

牝馬

父馬:キングカメハメハ
母馬:シーズオールエルティッシュ
母父:Eltish
所属:角居勝彦厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:吉田勝己

通算成績:26戦3勝(3-0-1-22)
主な戦績:白梅賞など
via google imghp
 

近親馬

 
特になし
 

血統評価:1.6pt

 
当馬あわせてデビュー兄弟7頭中4頭が3勝以上も未勝利馬も多いので信用性は低い。ファミリーに日本実績もないのでギャルブル性が高いがそれでも兄弟への期待もある程度みていいだろう。
 

前評判

 
2016年セレクトセールの当歳セリで約7000万円の額で落札されたアントリューズ。既に実績のある母系にロードカナロアが配合されていればそれ相応の値段になるだろう。とは言え、まだ初年度産駒が走っていなかった時点での評価額なのだから、実質の馬のデキという事だ。実際にデビューから3戦目で2勝、続くシンザン記念でも1番人気に支持されている様に、その評価と走りは一致していると言って良い。
 

馬名の意味

 

侵略者(フランス語)

 
山口オーナーのネーミングセンスも秀逸。

関連記事

関連タグ

著者