北九州記念直後

 

2019年8月18日 北九州記念 芝1200m 小倉競馬場

1着:ダイメイプリンセス 牝6 (秋山真一郎)
2着:ディアンドル 牝3 (北村友一)
3着:アンヴァル 牝4 (藤岡康太)

レースタイム:1:08.2(良)
レース上がり3ハロン:35.5
勝ち馬上がり3ハロン:34.5
 
スタート直後、明らかにタイミングが合わず1馬身以上の出遅れを喫したアレスバローズ。そこから追い上げを開始して行くも、外々を上がって行く大きなロス。4コーナーでも大外をぶん回して勢い任せに脚を使うも、最後の最後に脚が上がってしまい6着に上がるのが精一杯だった。57.5kgの斤量も含めて、この無駄の多い競馬で見せ場を作った事自体は評価したいところ。鞍上がまともに乗っていたら勝ち負けの1戦だったに違いない。
 

北九州記念直前

 
坂路で疲れ知らずの走りを見せたアレスバローズ

坂路で疲れ知らずの走りを見せたアレスバローズ

via google imghp
 
前走のCBC賞も道悪の中、インから苦しい競馬でしっかりと2着に好走したアレスバローズ。レース後に疲れを見せても良いくらいの激走だったが、夏場は絶好調で以前高いレベルで状態は安定したまま。元気いっぱい駆け上がる坂路の動きを見てもそれは明らかで、今年も昨年同様にインから強襲する末脚を披露してくれるに違いない。鞍上も当時と同様に、川田騎手から菱田騎手への乗り替わりとなる。
 

アレスバローズ

 
アレスバローズ(タイセイエトワール2012)

アレスバローズ(タイセイエトワール2012)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:タイセイエトワール
母父:トニービン
所属:角田晃一厩舎(栗東)
生産:ヤナガワ牧場
馬主:猪熊広次

通算成績:33戦7勝(7-5-4-17)
主な戦績:CBC賞、北九州記念など
via google imghp
 
ディープインパクト×トニービンという王道の配合ながら、見事な短距離馬に仕上がったアレスバローズ。勝ち気な性格と、母系の遺伝も含めてややスピード能力が優勢気味になった結果だろう。とにかく環境の変化に強い1頭で、7勝の内実に6勝が全て違う競馬場という並外れた適応力を見せている。冬にも夏にも対応でき、要は自身の状態と展開面さえ噛み合えばGⅡクラスでもあっさり勝ち切れるだけの実力馬という事。
 

血統構成

 
ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘア Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
タイセイエトワール トニービン カンパラ Kalamoun
State Pension
Seven Bridge Hornbeam
Priddy Fair
エンスラーリング ヘクタープロテクター Woodman
Korveya
エンスラーリングレイディ El Gran Senor
Enthraller


 

兄弟馬

 
サンライズタイセイ(タイセイエトワール2010)

サンライズタイセイ(タイセイエトワール2010)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:タイセイエトワール
母父:トニービン
所属:浜田多実雄厩舎(栗東)
生産:ヤナガワ牧場
馬主:松岡隆雄

通算成績:38戦4勝(4-2-2-30)
主な戦績:不知火特別など
via google imghp
 

近親馬

 
ソルヴェイグ(アスドゥクール2013)

ソルヴェイグ(アスドゥクール2013)

牝馬

父馬:ダイワメジャー
母馬:アスドゥクール
母父:ジャングルポケット
所属:鮫島一歩厩舎(栗東)
生産:社台コーポレーション白老ファーム
馬主:G1レーシング

通算成績:17戦4勝 (4-1-3-9)
主な戦績:フィリーズレビュー、函館スプリントステークスなど
via google imghp
 

血統評価:1.0pt

 
ファミリーに実績馬はほとんどおらず、全兄弟としては、当馬あわせて2頭とも4勝以上と結果は出しているが他未勝利なので血統背景の強調材料としては弱い。
 

前評判

 
ヤナガワ牧場産のディープインパクト産駒というだけあり、デビュー前からある程度は注目を集めていたアレスバローズ。デビュー戦が2000mなのも、陣営側のクラシックに対する期待値の表れが手に取る様に分かる。しかし折り合い難で行きたがる気性がどんどん強くなって行くと、徐々に走りも短距離仕様にシフトチェンジ。結果、勝鞍が全てマイル以下という形に落ち着いてしまった様である。
 

馬名の意味

 

戦を司る神+冠名

 
バローズの冠名はどの英単語とも相性が良く、走って来そうなネーミング。

関連記事

関連タグ

著者