3歳未勝利直後

 

2019年5月25日 3歳未勝利 芝2000m 京都競馬場

1着:アルテラローザ 牝3 (福永祐一)
2着:シャイニームーン 牝3 (幸英明)
3着:アモローサ 牝3 (荻野琢真)

レースタイム:1:59.8(良)
レース上がり3ハロン:34.9
勝ち馬上がり3ハロン:34.6
 
スタートを決めるも前に行かず、逃げ馬の直後を選んで競馬を教える福永祐一騎手。それに応える様にしてアルテラローザも道中はしっかりと折り合い、我慢を効かせて脚を溜める事に集中してレースを進めた。隊列はバラけて来た4コーナー、手応えも良く先行勢2頭の外を上がって行くと直線コースへ。鞍上が追い出すと一気に加速し、あっさりと突き抜ける脚色で2馬身半差を付ける勝利。3戦目で着実に勝ち上がりを見せ、一族の末裔に相応しい内容で力の違いを見せ付けた。
 

2歳新馬直後

 

2018年12月22日 2歳新馬 芝1800m 阪神競馬場

1着:グラディーヴァ 牝2 (M.デムーロ)
2着:ウラノメトリア セ2 (C.ルメール)
3着:アルテラローザ 牝2 (C.デムーロ)

レースタイム:1:49.9(稍重)
レース上がり3ハロン:35.1
勝ち馬上がり3ハロン:34.6
 
大外枠からやや立ち遅れたアルテラローザだったが、すぐさまリカバリーして先団に押し上げる走り。そこでも折り合いを欠く事なく、スッと番手で追走し操縦性の高さを見せていた。直線でも外からグラディーヴァにかわされるとまた喰らいつき、最後まで懸命に伸びて4着以下に4馬身差を付ける内容で3着フィニッシュとなった。負けたが内容は良く、これならすぐに勝ち上がれるだろう。マイルよりも中長距離が良さそうな1頭だ。
 

2歳新馬直前

 
仕上がり早の一族なのだろう。全兄姉のロードアルバータ、オールフォーラブは共にデビュー戦でそれぞれ2、1着ときっちり結果を残している血統である。牝馬ながら恵まれた馬格の持ち主で、稽古でもしっかりと動けている事からも同馬も自身のパフォーマンスは出して来るだろう。ウラノメトリア、リストと牡馬の評判馬2頭が出揃って来たものの、ここを勝利すれば来春のクラシック戦線に乗って行ける重要な1戦だ。
 

アルテラローザ

 
アルテラローザ(レディアルバローザ2016)

アルテラローザ(レディアルバローザ2016)

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:レディアルバローザ
母父:キングカメハメハ
所属:藤原英昭厩舎(栗東)
生産:ケイアイファーム
馬主:ロードホースクラブ

通算成績:3戦1勝(1-1-1-0)
主な戦績:3歳未勝利
via google imghp
 
もはや繁栄ファミリーと言っても良いワンフォーローズ一族のアルテラローザ。母レディアルバローザはその一族の代表馬で、初年度産駒からロードアルバータ、2年目には忘れな草賞勝ち馬オールフォーラブを輩出している。同馬も恐らく高いポテンシャルを秘めた1頭で、比較的産駒の質が安定して来る3頭目、いよいよ重賞勝ち馬が登場しても何ら不思議ではない。馬体重は春の段階で477kg。
 

血統背景

 
ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘアー Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
レディアルバローザ キングカメハメハ Kingmambo Mr.Prospector
Miesque
マンファス ラストタイクーン
Pilot Bird
ワンフォーローズ Tejano Run Tejano
Royal Run
Saucyladygaylord Lord Gaylord
Lady Sauce Boat


 

兄弟馬

 
ロードアルバータ(レディアルバローザ2014)

ロードアルバータ(レディアルバローザ2014)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:レディアルバローザ
母父:キングカメハメハ
所属:菊川正達厩舎(美浦)
生産:ケイアイファーム
馬主:ロードホースクラブ

通算成績:17戦3勝(3-1-2-11)
主な戦績:能勢特別など
via google imghp
 
オールフォーラブ(レディアルバローザ2015)

オールフォーラブ(レディアルバローザ2015)

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:レディアルバローザ
母父:キングカメハメハ
所属:中内田充正厩舎(栗東)
生産:ケイアイファーム
馬主:ロードホースクラブ

通算成績:9戦3勝(3-1-0-5)
主な戦績:忘れな草賞など
via google imghp
 

近親馬

 
キャトルフィーユ(ワンフォーローズ2009)

キャトルフィーユ(ワンフォーローズ2009)

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ワンフォーローズ
母父:Tejano Run
所属:角居勝彦厩舎(栗東)
生産:ケイアイファーム
馬主:ロードホースクラブ

通算成績:25戦4勝(4-5-2-14)
主な戦績:クイーンステークスなど
via google imghp
 
エンジェルフェイス(ワンフォーローズ2013)

エンジェルフェイス(ワンフォーローズ2013)

牝馬

父馬:キングカメハメハ
母馬:ワンフォーローズ
母父:Tejano Run
所属:藤原英昭厩舎(栗東)
生産:ケイアイファーム
馬主:ロードホースクラブ

通算成績:12戦3勝(3-1-1-7)
主な戦績:フラワーカップなど
via google imghp
 

血統評価:1.5pt

 
これから繁栄してきそうなワンフォーローズファミリーの中でも母レディアルバローザ産駒の全兄弟は素質の片鱗は見せているので、いつ重賞馬が登場してもおかしくない血統だろう。
 

前評判

 
牧場関係者曰く、『これまでの産駒の中では1番体が強いですね。馬格に恵まれていて、調整も兄弟だと1番順調に進められたお陰で始動も早そうです』との事。思えば、母レディアルバローザ含め一族の活躍馬全てが見事に秋以降のデビュー。遅ければ年明けなどもあり、そういう意味でクラシックには縁が余り無かったファミリーだが、アルテラローザがそのジンクスを打ち破れるか。
 

馬名の意味

 

もう一つのバラ(ラテン語)

 
フランスで開催されるバラの展示会。母名から連想してのネーミング。

関連記事

関連タグ

著者