2歳未勝利直前

 
初戦は僅差の2着と一応の好走を見せたアトリビュート

初戦は僅差の2着と一応の好走を見せたアトリビュート

via google imghp
 
ディープインパクト産駒でブラックエンブレムの仔なら自ずと瞬発力には長けた走りを期待してしまうというもの。そう考えるとデビュー戦の重馬場でもきっちり連に絡む内容でフィニッシュしたのは力のある証拠だろう。とは言え、やはりこの配合ならどれだけ切れるかに注目したいのは陣営もそうだろう。今回の折り返しでは良馬場で競馬が出来そうな事から、圧勝のシーンまであると見たい。
 

アトリビュート

 
アトリビュート(ブラックエンブレム2017)

アトリビュート(ブラックエンブレム2017)

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ブラックエンブレム
母父:ウォーエンブレム
所属:高野友和厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:シルクレーシング

通算成績:1戦0勝 (0-1-0-0)
主な戦績:特になし
via google imghp
 
2年目の産駒から重賞馬ブライトエンブレム、その後もアストラエンブレムやウィクトーリアなどの重賞クラスをコンスタントに輩出する母ブラックエンブレムにディープインパクトを付けたのがこのアトリビュート。初年度産駒のテスタメントよりも馬の出来は格別に良く、後肢の作りからは如何にも芝で軽い走りをしそうなイメージを持つ非常に見栄えの良い1頭である。距離適性は長いところが合いそう。
 

血統構成

 
ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘア Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
ブラックエンブレム ウォーエンブレム Our Emblem Mr.Prospector
Personal Ensign
Sweetest Lady Lord at War
Sweetest Roman
ヴァンドノワール ヘクタープロテクター Woodman
Korveya
プリンセスデリーデ Vaguely Noble
Flashy


 

兄弟馬

 
ブライトエンブレム(ブラックエンブレム2012)

ブライトエンブレム(ブラックエンブレム2012)

牡馬

父馬:ネオユニヴァース
母馬:ブラックエンブレム
母父:ウォーエンブレム
所属:小島茂之厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:シルクレーシング

通算成績:14戦2勝(2-1-0-11)
主な戦績:札幌2歳ステークスなど
via google imghp
 
アストラエンブレム(ブラックエンブレム2013)

アストラエンブレム(ブラックエンブレム2013)

セン馬

父馬:ダイワメジャー
母馬:ブラックエンブレム
母父:ウォーエンブレム
所属:小島茂之厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:シルクレーシング

通算成績:22戦5勝(5-6-2-9)
主な戦績:大阪城ステークスなど
via google imghp
 
ウィクトーリア(ブラックエンブレム2016)

ウィクトーリア(ブラックエンブレム2016)

牝馬

父馬:ヴィクトワールピサ
母馬:ブラックエンブレム
母父:ウォーエンブレム
所属:小島茂之厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:シルクレーシング

通算成績:7戦3勝(3-0-1-3)
主な戦績:フローラステークスなど
via google imghp
 

近親馬

 
特になし
 

血統評価:2.8pt

 
希少なブラックエンブレム産駒のG1馬の母にディープインパクト。期待の1頭だろう。母は父違いでOPクラスを安定してだしており当馬の場合、もろもろ込みで母としても期待の1頭だろう。
 

前評判

 
ブラックエンブレム産駒でディープインパクトの牝馬という事と募集価格6000万円を照らし合わせると、シルクレーシングにしてはやや弱気な値段設定にも思えるアトリビュート。一つ上の姉にウィクトーリアが出て来ており性別に関係なく活躍馬を出すというのは証明された。そう考えると、この値段は相当お買い得な出資だった可能性は高い。馬っぷりは良く、牝馬戦線なら十分にタイトルも視野に入って来る存在。
 

馬名の意味

 

聖人の象徴物

 
母名より連想してのネーミング。

関連記事

関連タグ

著者