ゴール前強襲で4cm差のV

 

2018年07月22日 函館2歳ステークス 芝1200m 函館競馬場

1着:アスターペガサス 牡2 (小崎綾也)
2着:ラブミーファイン 牝2 (丸山元気)
3着:カルリーノ 牡2 (藤岡佑介)

レースタイム:1:09.4(良)
レース上がり3ハロン:35.5
勝ち馬上がり3ハロン:34.8
 
スタートで立ち遅れてしまったアスターペガサス。しかし、鞍上の小崎騎手は徐々に押しながらポジションを上げつつ慌てず追走するレース運び。直線入り口で若干窮屈なシーンはあったが、そこから真一文字の様に伸びてラスト100mで態勢決した所を猛烈な勢いでゴールに併入。長い写真判定の末、ラブミーファインを数cmの差でかわして重賞タイトルを手にした。アスターペガサスは勿論、小崎騎手もデビュー以来初めての重賞制覇で人馬一体の勝利となった。
 

アスターペガサス

 
アスターペガサス(R Heat Lightning2016)

アスターペガサス(R Heat Lightning2016)

牡馬

父馬:Giant's Causeway
母馬:R Heat Lightning
母父:Trippi
所属:中竹和也厩舎(栗東)
生産:Stonestreet Thoroughbred Holdings LLC(米)
馬主:加藤久枝

通算成績:2戦2勝(2-0-0-0)
主な戦績:函館2歳ステークスなど
via google imghp
 
母R Heat Lightningは2010年の米GⅠスピナウェイステークス勝ち馬。フォーティナイナー系のサイアーラインで仕上がり早だろう。父Giant's Causewayの日本代表産駒はエイシンアポロン、スズカコーズウェイとマイル前後を得意とする馬が多く、この配合からも2歳戦から短距離で活躍する馬が輩出されるイメージ。馬体に関しては筋骨隆々で馬格もあり如何にも外国産馬の雰囲気、後は成長力で3歳以降どこまで伸びるかが活躍のキーポイントだ。
 

血統背景

 
Giant's Causeway Storm Cat Storm Bird Northern Dancer
South Ocean
Terlingua Secretariat
Crimson Saint
Mariah's Storm Rahy Blushing Groom
Glorious Song
イメンス Roberto
Imsodear
R Heat Lightning Trippi エンドスウィープ フォーティナイナー
Broom Dance
Jealous Appeal Valid Appeal
Jealous Cat
Yellow Heat Gold Fever フォーティナイナー
Lead Kindly Light
The Real Thing Capote
Mime


 

兄弟馬

 
初仔
 

近親馬

 
ゴールドティアラ(Bright Tiara1996)

ゴールドティアラ(Bright Tiara1996)

牝馬

父馬:Seeking the Gold
母馬:Bright Tiara
母父:Chief's Crown
所属:松田国英厩舎(栗東)
生産:Everest Stables Inc.(米)
馬主:吉田和子

通算成績:32戦9勝 (9-2-3-18)
主な戦績:マイルチャンピオンシップ南部杯など
via google imghp
 
Poet's Voice(Bright Tiara2007)

Poet's Voice(Bright Tiara2007)

牡馬

父馬:Dubawi
母馬:Bright Tiara
母父:Chief's Crown
所属:Saeed bin Surror厩舎(UAE)
生産:Darley(英)
馬主:Godolphin

通算成績:15戦4勝(4-2-2-7)
主な戦績:クイーンエリザベス2世ステークスなど
via google imghp
 

血統評価:1.0pt

 
遡れば別派生にゴールドティアラがいるもののファミリーには日本活躍馬はそれ以外いない。兄弟の日本実績もないので強調材料はない。未知数な血統。
 

前評判

 
新馬戦のレース後、鞍上の小崎騎手から『まだ馬体が緩い中でしっかりと走ってくれました。実戦でどうかという不安が大きかったですが前進気鋭があって良かったです。スピードに任せた逃げでは無く脚をためて差せたのは今後に活きて来るでしょう』とのコメント。最後まで加速ラップを刻めたのは優秀だろう。
 

馬名の意味

 

冠名+ペガサス

 
馬主の加藤久枝氏は、“カフジ”で有名な加藤守氏の奥様である。馬主豆知識でした。

関連記事

関連タグ

著者