O.マーフィー『凄い馬になる』

 

2019年01月27日 3歳新馬 芝1800m 東京競馬場

1着:アイワナビリーヴ 牝3 (O.マーフィー)
2着:ブラックパイン 牝3 (C.ルメール)
3着:ララコンフィアン 牡3 (和田竜二)

レースタイム:1:48.9(良)
レース上がり3ハロン:34.3
勝ち馬上がり3ハロン:34.0
 
内から好スタートを切るも、他馬を前に行かせて抑える形を取ったアイワナビリーヴ。道中は先行集団の内々を回って脚を溜めつつ競馬を教えるレース運びとなった。直線に入り少々強引に外目を持ち出すと、そこから弾ける様にして一気に加速。気が付けばあっという間に後続との差を開いてゴールしていた。鞍上のO.マーフィー騎手も『このままテンションが高くならなければ凄い馬になりそう。また乗りたいです』とその能力の高さを手放しで称賛していた。これはオークスに向けて有力候補が誕生したと言っても良いだろう。
 

アイワナビリーヴ

 
アイワナビリーヴ(ワナダンス2016)

アイワナビリーヴ(ワナダンス2016)

牡馬

父馬:ジャスタウェイ
母馬:ワナダンス
母父:The Leopard
所属:戸田博文厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:DMMドリームクラブ

通算成績:1戦1勝(1-0-0-0)
主な戦績:3歳新馬
via google imghp
 
姉アイワナシーユーがデビュー戦2着と、仕上がり早の血統で初戦のパフォーマンスに注目が集まっていたアイワナビリーヴ。想像以上の走りで後続を突き放し、クラシックを意識させる無いようにクラブの出資者たちも心躍らせている事だろう。母ワナダンスは亜GⅠ馬。その父母Moon Safariはスキャンの全妹でそこにStorm Catが掛け合わされたThe Leopardが父である事から母系はバリバリのスピード型の牝系である。今後は徐々に短距離型へシフトして行きそうなイメージはあるが、3歳時ならある程度距離の融通は効くだろう。
 

血統背景

 
ジャスタウェイ ハーツクライ サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
アイリッシュダンス トニービン
ビューパーダンス
シビル Wild Again Icecapade
Bushel-n-Peck
シャロン Mo Exception
Double Wiggle
ワナダンス The Leopard Storm Cat Storm Bird
Terlingua
Moon Safari Mr.Prospector
Video
Wannabe Mutakddim Seeking the Gold
Oscillate
Wally サザンヘイロー
Welcome


 

兄弟馬

 
特になし
 

近親馬

 
特になし
 

血統評価:1.0pt

 
母は日本馬場と相性のいいアルゼンチンのG1馬、兄弟やファミリーに日本実績馬はいないが母と父の子としてまずは彼女が評価軸になりそうだ。
 

前評判

 
当初は9月デビューを予定していたが、脚元のトラブルなどで年明けまで初戦がズレ込んだ。当時も動きは良く注目されていた事から、仕上がり早で気性が勝ったタイプなのだろう。実際、今後の活躍はテンションの維持が条件としている事からも見て取れる。結果として勝ち気な性格は変わらず、徐々にマイル路線への推移があると見て良いだろう。瞬発力は相当なものがありそう。
 

馬名の意味

 

彼女の力を信じたいという出資者ひとりひとりの想いを込めて

 
姉アイワナシーユーに続くシリーズのネーミング。

関連記事

関連タグ

著者