新着記事

ハーツクリスタルが2000mの新馬戦に登場、鞍上はムーア

ペンカナプリンセス産駒で、ワールドインパクト、ダノンジェラート、トリコロールブルーなどの重賞活躍馬がいる良血のハーツクリスタル。名前の通り、父はハーツクライ産駒で距離適性も長め。初戦は想定通り、2000mで始動する。

143

ストロベリームーンが霜月SでOP特別連勝へ、距離が焦点

キンシャサノキセキ産駒で、ダートでは抜群の安定感を誇るストロベリームーン。前走のNST賞も先行抜け出しからあっさりと押し切っているだけに現級では実力上位の存在。しかし、1400mで勝鞍がないだけにそこが最重要課題か。

23

フィオリキアリが赤松賞で連勝目指す、キズナ産駒の注目株

新馬戦で楽勝を飾り勢いそのままに赤松賞に参戦して来たフィオリキアリ。初戦の走りはかなりレースセンスが高く、最後の決め手もしっかり持ち合わせた完成度の高い走りだった。今回も普通に回って来れれば上位争いは十分可能だろう。

27

ショームが福島民友Cで勝利に虎視眈々、福島1700mは無敗

グリーンチャンネルカップでは展開のアヤで差し損ねた印象のショーム。今回の福島民友カップは2戦2勝と絶好の相性を誇る舞台である。ここを勝ってスッキリした状態で重賞戦線に乗り込んで行きたい。強敵も揃ったがここは勝ちたい1戦。

33

へルディンが西陣Sで仕切り直しの1戦、武豊騎手と再タッグ

テレQ杯ではモンペルデュの2着に食らいつく走りで現級での戦いに一応のメドを立てたへルディン。今回の西陣ステークスでは3走前に快勝した武豊騎手とのコンビ復活で当時と同じ舞台。勝って重賞戦線に殴り込みをかけたいところ。

107

ミッキーワイルドがプロキオンSを僅差の2着、力示す内容

プロキオンステークスで重賞初挑戦となったミッキーワイルドだったが、先行勢の直後を追走し直線で外からグングン加速。逃げるマテラスカイを捉えると一時は先頭に立つ勢いで見せ場を作った。最後は競り負けるも今後が明るい走り。

219

ロードレガリスが中央復帰後2戦目、2勝クラスで真価を問う

前走の中央復帰初戦の1勝クラスでは直線独走態勢から好タイムで圧勝を飾り見事に復活の狼煙をあげたロードレガリス。ダート路線に転向し大成功の予感だが、やはりこの2勝クラスから一気に壁が暑くなるのも確か。肝心の1戦に注目。

116

レッドベルローズがユートピアSで飛躍の絶好機、勝ってOPへ

先週のデイリー杯2歳ステークスを圧勝したレッドベルジュールを全弟に持つレッドベルローズが、一族の勢いを借りて一気にユートピアステークスでオープン入りを狙う。あの新馬で見せた走りと同舞台のコース、力は通用するレベルだ。

1,934

ネリッサがユートピアSで強豪相手に自慢の末脚炸裂なるか

2連勝中で上がり馬として注目のネリッサがユートピアステークスで実戦に復帰する。前走の五頭連峰特別では上がり32秒台の鬼脚で差し切り勝ち。最大の武器はその決め手にあり、展開次第では東京コースで更に爆発する可能性も十分。

120

2,897 件