新着記事

トロシュナが500万下で確実に勝ち星を、桜花賞へ向けた1戦

新馬で見せたパフォーマンスは阪神ジュベナイルフィリーズでさすがに拝めなかったトロシュナ。とは言え、能力を感じさせる内容には変わりなく、やはり自己条件に戻れば勝ち負けか。500万下は軽々と突破して欲しいものである。

674

メイクハッピーがヒヤシンスSでリベンジ誓う、相手は1頭

全日本2歳優駿で4着に敗れたメイクハッピーがヒヤシンスステークスに登場。当時2着のデルマルーヴルに大きな差を付けられてしまったが、今回は2戦2勝と好相性を誇る東京競馬場が舞台なだけに巻き返しを期す。鞍上はM.デムーロ。

277

オーヴァルエースがヒヤシンスSで力試し、強敵がズラリ

2連勝中で大物候補の呼び声が高いオーヴァルエース。さすがにヒヤシンスステークスともなると、重賞で勝ち負けして来た馬や素質馬が集結している。ここでも大外一気の競馬で無傷の3連勝を決めるなら当然トップクラスの1頭となる。

452

ヴァイトブリックがヒヤシンスSに参戦、無敗馬対決に注目

3歳ダート界の頂きへ、ヴァイトブリックがヒヤシンスステークスに駒を進めて来た。新馬、500万下と圧倒的な走りで連勝を飾り注目度は一気に上昇。今回のヒヤシンスステークスでは、同じく無敗のオーヴァルエースと一騎打ちだ。

656

フェブラリーステークス 2019 予想 出馬表

下半期のダート王者を決める最初のGⅠ、フェブラリーステークス。6連勝中のインティを中心に、ゴールドドリームとオメガパフュームが迎え撃つ展開。最大の注目はGⅠ初騎乗となる藤田菜七子騎手とタッグを組むコパノキッキングか。

307

小倉大賞典 2019 予想 出馬表

冬の小倉を彩る中距離ハンデ競走、小倉大賞典。今年はウオッカの息子タニノフランケルが1番人気想定。その他、福島記念覇者スティッフェリオや京都金杯2着のマイスタイル、重賞馬エアアンセムにケイティクレバーなどが揃った1戦。

137

ダイヤモンドステークス 2019 予想 出馬表

名うてのステイヤー達が集結する長距離重賞、ダイヤモンドステークス。今年は天皇賞春の有力候補ユーキャンスマイルに良血馬グローブシアター、古豪ソールインパクトやカフェブリッツ、軽斤量ララエクラテールなどが争うハンデ競走。

114

京都牝馬ステークス 2019 予想 出馬表

ヴィクトリアマイルに向けた始動戦的位置付けの牝馬重賞、京都牝馬ステークス。今年は連覇を狙うミスパンテールを中心に、初タイトル獲得へ意気込むワントゥワンやアルーシャ、実力馬のリバティハイツにベルーガなどが出走予定。

213

タニノフランケルが小倉大賞典で重賞ホルダーへ、鞍上川田

中山金杯で3着と見せ場を作ったタニノフランケルが、いよいよ重賞タイトル獲得へ向けて小倉大賞典へ参戦。今回は川田将雅騎手を鞍上に配して、より勝ちに拘った態勢でレースに挑む。スタートが決まればしっかりと先手を取れる筈だ。

37,539

リバティハイツが京都牝馬Sで絶好調の友一が重賞V2に導く

前走ターコイズステークス2着のリバティハイツが京都牝馬ステークスで躍動なるか。唯一崩れたクイーンステークス以外、マイル以下は全て能力を出し切っている。今回の1400mへ距離短縮は好材料、北村友一騎手がまた大暴れの予感。

1,222

アルーシャが京都牝馬Sで今年の牝馬戦線の主役へ殴り込み

上がり馬というべきか。藤沢厩舎の素質馬アルーシャが遂に重賞制覇へ京都牝馬ステークスで待望のタイトル獲得を目指し西下。前走のユートピアSも強い勝ち方、鞍上のルメール騎手も手応えを感じている様子だ。マイルも問題ない。

780

ワントゥワンが京都牝馬Sで初重賞制覇へ、デムーロで決める

昨年のマイル戦線で牡馬相手に互角の争いを繰り広げたワントゥワン。前走の阪神カップこそ出遅れが響いて負けたものの、牝馬限定戦に戻れば一気に勝ち負けだろう。強敵はいるが、今回はM.デムーロ騎手鞍上で一気の差し切りまで期待。

83

ミスパンテールが京都牝馬Sで重賞5勝目へ、完全復調だ

前走ターコイズステークスを完勝、連覇を達成したミスパンテール。その次に京都牝馬ステークスへ向かうローテーションは昨年と同じ。つまりは結果も同じく連勝が濃厚で、勝てば2重賞を続けて連覇する珍しいパターンの記録を達成。

541

モーニンがフェブラリーSを2勝目へ、16年の覇者が燃える

2016年のフェブラリーステークス馬モーニンが豪快なリハで好調をアピール。前走のね根岸ステークスではゴール前で見せ場たっぷりに追い込んで来た。あれならマイルに延びた方が良さそうで、上手く立ち回れば上位進出へもある。

154

2,444 件