新着記事

ミッキースワローがエプソムCで10着、展開と馬場が合わず

実力馬ミッキースワローがまたしても結果の出ないループにハマっている。重賞では珍しい前半1分4秒近いペースと降雨による道悪の馬場が二重苦となって、直線でも全く見せ場のないまま10着に終わった。とことんツキの無い馬だ。

2,244

ソーグリッタリングがエプソムCで堂々の3着、内容は合格点

1番人気に支持されたソーグリッタリングが、エプソムカップで前を捉え切れず3着に終わった。とは言え、逃げたサラキアと2番手のレイエンダが32秒台の脚で上がった事を考えると本馬の走りは十分人気に応える内容だったと言える。

205

サラスがマーメイドSで最後方から直線だけで15頭ゴボウ抜き

7番人気だったサラスがマーメイドステークスで51kgの斤量を活かし、最後方待機から大外一気の追い込みで重賞初勝利を決めた。前が少し飛ばして行った展開の利もあるが、それ以上に元々の地力があっての内容。やはり素質は一流だ。

106

エプソムカップ 2019 結果 動画

前半1000mが1分4秒近い超スローペース。逃げたサラキアが余裕を持って直線追い出すと、ほぼ並列で追走していたレイエンダが最後グッとひと伸びして押し切り重賞初勝利。3着にソーグリッタリングが入って中波乱決着となった。

292

マーメイドステークス 2019 結果 動画

道中最後方から追走したサラスが、直線大外に持ち出すと驚異的な末脚を駆使して全頭まとめて差し切りゴール。2着レッドランディーニをハナ差かわす大接戦となった。3着にスカーレットカラーが入り3連単が40万近い配当になった。

354

新種牡馬産駒の期待馬ファートゥアが新馬でその走りを披露

今年最大の注目と言っても良いエピファネイア産駒。その中でも早めのデビュー組で高評価なのがこのファートゥアだ。母は重賞戦線で活躍したアロマティコ、母系も優秀で父の産駒を語るには十分と言って良い素材。その走りに刮目せよ。

572

サヴィが天保山Sで力試しの1戦、相手は同馬主の牝馬1頭だ

前走の河原町ステークスを文句なしの内容で勝ち上がって来たサヴィ。3歳時のユニコーンSを除けば、実質初のオープン特別となる1戦。1番人気想定のファッショニスタが待ち構えるも、ここで結果を出せれば今後の視野も広がって来る。

46

ブッチーニが3歳上1勝クラスで連勝目指す、圧倒的1人気想定

デビュー戦となった未勝利戦で一気の追い込みを見せたブッチーニ。まるで役者が違う様な走りに、ダートの新星として期待した人も少なくないだろう。続く昇級戦は古馬との初対戦となるも、楽々と突破してくれるシーンしか想像出来ない。

361

ダノンキングダムがエプソムCで主役の1頭、東京はお手の物

府中ステークスを強い内容で勝利し、勢いそのままにエプソムカップへ挑むダノンキングダム。過去、東京競馬場では10戦して8度馬券に絡む走りを見せる程に得意な舞台だ。ステイゴールド産駒の覚醒モードに入れば重賞もあっさり。

25

2,651 件