新着記事

フォッサマグナがアーリントンCで16着大敗、初遠征で撃沈

1番人気に支持されたフォッサマグナがアーリントンカップでテンション高めで競馬にならず16着に敗れる波乱。マイナス14kgで初の遠征も堪えたのか馬がイレ込んで道中も首を上げっぱなし。これでは能力も発揮できず参考外の1戦。

1,035

カテドラルがアーリントンCで出遅れも驚異の追い込みで2着

素質馬カテドラルが、マイル替わりのアーリントンカップで怒涛の末脚を披露しゴール前強襲の2着入線。スタートで大きく出遅れ最後方から、直線に向いた時もかなり後ろにいたがそこから最速の脚を繰り出しマイル適性の高さを見せた。

2,501

ダノンキングリーが皐月賞で際どい3着、レース運びは100点

皐月賞で人気の一角を背負ったダノンキングリーが、内枠からベストと言える立ち回りで好走。ゴール前でサートゥルナーリア、ヴェロックスとの三つ巴の争いに加わり3着となった。道中は文句なしのポジション、これで負けたら仕方ない。

2,334

オジュウチョウサンが中山グランドJで史上初の4連覇を達成

障害界のスターホース、オジュウチョウサンが偉大な記録を打ち立てた。人気を背負った中山グランドジャンプで圧勝した同馬は、同一レースの4連覇という前人未到の快挙を飾った。障害では敵なし、やはり平地にまた戻って来て欲しい。

1,418

イベリスがアーリントンCを鮮やかに逃げ切り3勝目、重賞初V

ベルカントの半妹イベリスが、姉に続き重賞制覇をアーリントンカップで決めた。12番人気ながら果敢に先手を奪い、道中落ち着いた流れから直線でも脚色余裕の走りで怪逃劇。マイルまでこなせる幅の広さはロードカナロア産駒ならでは。

769

海外遠征 2019年 まとめ

2019年の日本調教馬による海外遠征でのレース成績まとめです。海外の馬券が発売される様になり、更に外国の競馬に注目が集まる時代となりました。そこで1年間のJRA所属馬達の奮闘を追って行きます。どうぞお楽しみ下さい。

270

中央競馬 GⅠ 2019年 結果 まとめ

2019年に中央競馬で施行された全GⅠレースのまとめ。一昨年から大阪杯とホープフルステークスが新たに加わって合計23レースとなっているが、それら全ての内容を網羅し回顧記事として振り返りたい。今後にお役立てを、随時更新中。

184

皐月賞 2019 結果 動画

速いペースから積極的に捲って行ったヴェロックス、それを外から差し切るサートゥルナーリア、最後に内から詰め寄ったダノンキングリー。この3頭の接戦を制したのはやはり王者サートゥルナーリア。先ずは無事に一冠目を奪取した。

523

アンタレスステークス 2019 結果 動画

淀みないペースで流れた1戦は、人気のグリムが4コーナーから動いて行って直線早め先頭の競馬。しかし、それをマークしていたアナザートゥルースが一気に差し切って嬉しい重賞初制覇を飾った。3着に3番人気のロンドンタウンが入線。

150

アーリントンカップ 2019 結果 動画

単騎逃げを打ったイベリスが、牡馬勢を相手に鮮やかな逃げ切り勝ちを決めて12番人気ながら波乱の勝利を飾った。2着カテドラル、3着にトオヤリトセイトが入って何と3連単は140万円近い大万馬券が炸裂。人気勢は全く見せ場なし。

205

キロハナが叩き3走目の春興Sで5勝目なるか、鞍上は戸崎

休み明けの2戦で3着→2着と尻上がりに調子をあげて来ているキロハナ。着順通りに行けば、今回の春興ステークスこそ勝ち切る順番だろう。タイプ的に相性の良さそうな戸崎騎手だけに、下手な競馬はすまい。勝っていよいよOP入りへ。

89

ラストドラフトが皐月賞で怖い1頭、同コースの重賞勝ち馬

弥生賞では2番人気ながら馬場に泣き惨敗を喫したラストドラフト。年明けの京成杯を制している事からコース相性は良い筈で、良馬場が見込める今週末は実力を十二分に発揮できるだろう。シュタルケに乗り替わってどこまで変われるか。

1,758

2,537 件