新着記事

トリプルエースがデイリー杯2歳Sで位置取り悪く不完全燃焼

小倉2歳ステークス2着から挑んだトリプルエースは、道中後方のポジションから外を回って伸びるも位置取りの差で4着までが精一杯の競馬だった。距離が延びて折り合いを重視するが余りに、レース運びがおろそかになってしまった。

374

エアアルマスが武蔵野Sでキャリアの浅さ露呈、11着に大敗

武蔵野ステークスで1番人気を背負ったエアアルマスだったが、内枠からレースを進めると道中で砂を被りっぱなし。2走前にも嫌がる仕草を見せていたが、それが終始続いた為にレースをほぼ途中で止める様な形から直線は沈んでいる。

575

クロコスミアがエリザベス女王杯で期待に応える3年連続2着

今年もクロコスミアがやってくれた。単騎逃げから絶妙なペース配分で直線粘り腰を見せたクロコスミアが、ラッキーライラックに次ぐ2着好走、これでエリザベス女王杯は3年連続となった。一度自分の型にハマれば本当にしぶとい。

303

ウイングレイテストがデイリー杯2歳Sで2着、後方から鋭伸

デイリー杯2歳ステークスで7番人気だったウイングレイテストが、道中後方追走から直線で馬群を割って豪快に追い込み買ったレッドベルジュールから少し離れた2着と好走。大幅な馬体重増も、成長分の走りで今後の活躍が期待できる。

92

タイムフライヤーが武蔵野Sで2着好走、距離短縮で走り前進

8番人気に甘んじたタイムフライヤーが武蔵野ステークスでワンダーリーゲルに次ぐ2着激走を果たし大波乱決着を演出した。前走のシリウスステークスでは直線早々に力尽き距離を敗因としたが、マイル戦で一気にパフォーマンスも向上。

112

海外遠征 2019年 まとめ

2019年の日本調教馬による海外遠征でのレース成績まとめです。海外の馬券が発売される様になり、更に外国の競馬に注目が集まる時代となりました。そこで1年間のJRA所属馬達の奮闘を追って行きます。どうぞお楽しみ下さい。

836

ラッキーライラックがエリザベス女王杯で復権へ、距離もOK

府中牝馬ステークスで3着に敗れたラッキーライラックだったが、前哨戦で人気を背負い出して行っての競馬だっただけに勝ち馬にしてやられた印象の1戦。今回は少しマークが薄れ、鞍上のスミヨン騎手が上手く誘導すれば復活の勝利も。

4,653

中央競馬 GⅠ 2019年 結果 まとめ

2019年に中央競馬で施行された全GⅠレースのまとめ。一昨年から大阪杯とホープフルステークスが新たに加わって合計23レースとなっているが、それら全ての内容を網羅し回顧記事として振り返りたい。今後にお役立てを、随時更新中。

645

エリザベス女王杯 2019 結果 動画

C.スミヨン騎手鞍上のラッキーライラックが見事、王座復権の走りを見せてGⅠ2勝目を飾った。最内から、1頭だけ32秒台の末脚を駆使して突き抜ける内容はまさに女王の名に相応しい激走だった。2着には3年連続クロコスミア。

494

福島記念 2019 結果 動画

伝統のハンデ戦も、上位3頭はメンバー中ではやはり格が違うという様なレースぶり。その中でも最軽量だったクレッシェンドラヴが強豪2頭を破って嬉しい重賞初勝利。2着ステイフーリッシュ、3着ミッキースワローと順当な決着である。

163

デイリー杯2歳ステークス 2019 結果 動画

好メンバーが揃った1戦は、長期休養明けのレッドベルジュールが大幅な+馬体重も何のそのの走りで豪快にイン突き強襲。圧巻の上がりで人気馬たちを撫で切って見せた。2着ウイングレイテスト、3着に1番人気のペールエールが入線。

195

2,886 件