新着記事

アロハリリーが500万下で3着、攻める競馬で現級にメド

素質馬アロハリリーが3歳上500万下の1戦で早めに仕掛ける積極的な走りを見せ3着に入線。上位に離されたものの、自らレースを動かしてのものだけに悲観する必要は無いだろう。次走は更に前進が見込め、近い内に勝ち上がれそう。

1,275

函館記念 2018 結果 動画

完璧なレース運びで競馬を進めたエアアンセムが、直線鮮やかに抜け出し7歳にして嬉しい重賞初勝利。2着にも同じく7歳のサクラアンプルール、3着は13番人気エテルナミノルが入線し3連単は50万円オーバーの波乱決着となった。

309

クーファウェヌスが待望のデビュー、大物が3歳未勝利で試走

近親にジャパンカップ2着のパラダイスクリークやヨーロッパチャンピオンのデビッドジュニアなどがいる大物候補クーファウェヌスが遂にターフへお目見えだ。父フランケル産駒からまたしても遅れて来た怪物登場となるか、騎手は秋山。

286

リナーテがSTV杯で函館2連勝なるか、1200m戦で覚醒も

前走、函館の500万下を力の差で楽に勝ち上がったリナーテ。気性が落ち着き安定したパフォーマンスを発揮出来つつあるのは本格化の兆しだろう。STV杯で連勝を飾れば一気に短距離重賞への挑戦も見えて来る。鞍上は藤岡康太騎手。

2,828

メイズオブオナーがマレーシアCに登場、牡馬相手に力試し

上がり馬メイズオブオナーがマレーシアカップに出走、これまでほとんど牡馬との対戦経験が無く古馬になってからは初の混合戦となる1戦だ。力を付けた今なら対等に戦えるだろうが、逆にここをあっさり勝つようなら秋の飛躍は近い。

840

トゥザフロンティアが9ヶ月ぶり復帰、500万下では格が違う

トゥザヴィクトリーの直仔、ロードカナロア産駒のトゥザフロンティアが昨年の紫菊賞以来となる約9ヶ月ぶりの実戦復帰に臨む。いずれは重賞戦線で戦うであろう同馬にとって、長期休養明けでもこの500万下で足踏みしていられない。

3,436

ルヴァンスレーヴがJDDを制覇、3歳のダートチャンピオンに

砂の怪物候補ルヴァンスレーヴが1番人気のジャパンダートダービーをあっさりと完勝、全日本2歳優駿に続いてGⅠタイトルを2つ目に伸ばした。これで同世代の統一は達成し、秋はジャパンカップダートで現役最強の座をかけて挑む。

2,072

地方交流GⅠ 2018年 まとめ

2018年に行われた地方交流GⅠレースのまとめです。今や1つのコンテンツとして中央と同格のブランドを確立しつつある地方競馬。JRA勢との交流戦は見ごたえのあるレースが多いのでGⅠに限定し1年間の軌跡を追って行きます。

277

ティグラーシャ(シーズアタイガー2016)のPOG情報

ティグラーシャをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2018-2019のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!

232

キタノインパクト(ボンバルリーナ2016)のPOG情報

キタノインパクトをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2018-2019のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!

186

騎手のイケメンランキングまとめ【JRA、地方競馬含む】

競馬界には男前のジョッキーが意外に多い事をご存知だろうか。UMAJOが増えている昨今、その人口増加にひと役買っているのがイケメン騎手たちのお陰でもある。今回はそんな彼らを中央・地方問わずまとめてみた。とくとご覧あれ。

199

函館記念の過去結果動画と歴代勝ち馬

涼しい北海道で熱い戦いが繰り広げられる夏の中距離重賞、函館記念。過去19年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!!

1,043

2,075 件