競馬ニュース.tv 編集部

競馬ニュース.tv 編集部

フォロー

0 人にフォローされています

サトノアレスが東京新聞杯でGⅠ馬のプライドを賭け勝利を誓う

サトノアレスが東京新聞杯でGⅠ馬のプライドを賭け勝利を誓う

キャピタルステークスでは最速の上がりを駆使し2着と復調気配を感じさせたサトノアレス。昨年はチグハグなレースが続いたものの、マイル路線はこれまで5戦4連対と得意の舞台。東京新聞杯を勝利し2歳王者の復権を期待したい。
リスグラシューが東京新聞杯で始動、坂路で自己ベスト更新

リスグラシューが東京新聞杯で始動、坂路で自己ベスト更新

昨年の牝馬クラシック戦線を賑わせたリスグラシューが東京新聞杯で2018年シーズンをスタートさせる。春の最大目標はヴィクトリアマイルとし、得意とするマイル戦でアルテミスS以来となる重賞2勝目に期待。手綱は名手武豊。
ダイワキャグニーが東京新聞杯で初重賞を狙う、府中は6戦4勝

ダイワキャグニーが東京新聞杯で初重賞を狙う、府中は6戦4勝

素質馬ダイワキャグニーが初タイトル獲得なるか。期待された前走の中山金杯ではまさかの後方追走を余儀なくされ不完全燃焼の内容で5着敗退と悔しい結果。得意の府中に戻って東京新聞杯でその先行力を活かし再び重賞制覇を目論む。
ダノンマジェスティがきさらぎ賞に登場、代打で松若騎手が騎乗

ダノンマジェスティがきさらぎ賞に登場、代打で松若騎手が騎乗

衝撃的な新馬戦デビューを飾ったダノンマジェスティが格上挑戦となるきさらぎ賞に挑む。主戦の和田竜二騎手が騎乗停止の為、管理する音無秀孝厩舎所属の松若風馬騎手が騎乗予定。このコンビで昨年のアメリカズカップから連覇なるか。
地方交流GⅠ 2018年 まとめ

地方交流GⅠ 2018年 まとめ

2018年に行われた地方交流GⅠレースのまとめです。今や1つのコンテンツとして中央と同格のブランドを確立しつつある地方競馬。JRA勢との交流戦は見ごたえのあるレースが多いのでGⅠに限定し1年間の軌跡を追って行きます。
フェアリーステークスの過去結果動画と歴代勝ち馬

フェアリーステークスの過去結果動画と歴代勝ち馬

波乱が多い3歳牝馬の新春重賞、フェアリーステークス。過去18年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!!
きさらぎ賞の過去結果動画と歴代勝ち馬

きさらぎ賞の過去結果動画と歴代勝ち馬

クラシックへ有力馬を輩出し続ける登竜門的重賞、きさらぎ賞。過去19年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!!
東京新聞杯の過去結果動画と歴代勝ち馬

東京新聞杯の過去結果動画と歴代勝ち馬

一流マイラーが東京へ集いその速さを競い合う、東京新聞杯。過去19年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!!
タイセイスターリーが長篠ステークスを鮮やかに逃げ切り勝ち

タイセイスターリーが長篠ステークスを鮮やかに逃げ切り勝ち

ミッキーアイルの半弟タイセイスターリーが中京のスプリント戦長篠ステークスを快勝。3歳時はシンザン記念2着など将来を期待されたがその後は気性面もあり苦戦が続いていた。この1戦をキッカケにまた重賞戦線での活躍に注目したい。
サンライズノヴァが根岸Sで壮絶な叩き合い、ハナ差敗れる

サンライズノヴァが根岸Sで壮絶な叩き合い、ハナ差敗れる

根岸Sで堂々の1番人気に支持されたサンライズノヴァ。レースでは後方待機から直線での差しに徹し、外から伸びたノンコノユメと馬体を並べて激しいデッドヒートを繰り広げる。最後は僅かに競り負けるも、本番に向けて前進可能だ。
カラクレナイがシルクロードSで大外から伸び4着、距離に適性

カラクレナイがシルクロードSで大外から伸び4着、距離に適性

重賞馬カラクレナイがシルクロードステークスで目の覚める様な追い込みを見せ4着に入線した。初めてのスプリント戦となったが適性はむしろこちらに有り、今後も1200mを中心に短距離戦線の主役となって引っ張って行って欲しい。
トリコロールブルーが休み明けの飛鳥Sを快勝、オープン入り

トリコロールブルーが休み明けの飛鳥Sを快勝、オープン入り

昨年の菊花賞で穴人気を集めたトリコロールブルーが、そこからの復帰初戦である飛鳥ステークスを難無く勝利し一気にOP入りを確定させた。負かした相手は京成杯勝ち馬のプロフェットだけに価値ある勝ち星。重賞制覇が期待される。
サンライズシェルが新馬戦で2着惜敗、叩き良化の次走に期待

サンライズシェルが新馬戦で2着惜敗、叩き良化の次走に期待

良血馬でキンシャサノキセキ産駒サンライズシェルが芝1800mの新馬戦で見どころのある脚を駆使し2着入線。勝ち上がったフィエールマンは相当な大物候補でそれに肉薄した内容からも次戦は勝ち上がりが濃厚か。マイル前後に適性。
フィエールマンがハイレベルの新馬戦で叩き合いを制し白星発進

フィエールマンがハイレベルの新馬戦で叩き合いを制し白星発進

ルヴォワールの下でディープインパクト産駒のフィエールマンが待望のデビュー戦を鮮やかに勝利。他にも有力の新馬が集まった1戦で最後の直線は数頭の激しい攻防戦を見事振り切り、関係者の期待に応えて大事な初戦をもぎ取った。
カンタービレがノーステッキで余裕のV、3戦目で未勝利脱出

カンタービレがノーステッキで余裕のV、3戦目で未勝利脱出

角居厩舎期待の注目馬カンタービレが3戦目にしてようやく未勝利を勝ち上がり。レースは道中先団の外を手応え抜群で追走、直線コースでは馬なりで先頭に躍り出ると後続を相手にしない走りで大楽勝の内容だった。次走も好走が期待。
800 件