サンライズシェルが新馬戦で2着惜敗、叩き良化の次走に期待

サンライズシェルが新馬戦で2着惜敗、叩き良化の次走に期待

良血馬でキンシャサノキセキ産駒サンライズシェルが芝1800mの新馬戦で見どころのある脚を駆使し2着入線。勝ち上がったフィエールマンは相当な大物候補でそれに肉薄した内容からも次戦は勝ち上がりが濃厚か。マイル前後に適性。
フィエールマンがハイレベルの新馬戦で叩き合いを制し白星発進

フィエールマンがハイレベルの新馬戦で叩き合いを制し白星発進

ルヴォワールの下でディープインパクト産駒のフィエールマンが待望のデビュー戦を鮮やかに勝利。他にも有力の新馬が集まった1戦で最後の直線は数頭の激しい攻防戦を見事振り切り、関係者の期待に応えて大事な初戦をもぎ取った。
カンタービレがノーステッキで余裕のV、3戦目で未勝利脱出

カンタービレがノーステッキで余裕のV、3戦目で未勝利脱出

角居厩舎期待の注目馬カンタービレが3戦目にしてようやく未勝利を勝ち上がり。レースは道中先団の外を手応え抜群で追走、直線コースでは馬なりで先頭に躍り出ると後続を相手にしない走りで大楽勝の内容だった。次走も好走が期待。
セルゲイが新馬戦デビュー、2016年セレクトセールで1億円

セルゲイが新馬戦デビュー、2016年セレクトセールで1億円

2016年のセレクトセールで1億円の値が付いたセルゲイ。母はアメリカの重賞馬で近親にヨーロッパGⅠ馬もいる超良血馬だ。追い切りでは併走馬を相手に豪快デモ。鞍上に福永祐一騎手を迎え日曜の東京芝1800mで初陣に臨む。
オルトシアが日曜京都の新馬戦に出走、母はダートの女王

オルトシアが日曜京都の新馬戦に出走、母はダートの女王

2013年のJBCレディスクラシックを圧勝、その他の牝馬交流重賞も総ナメしたメーデイアの初仔にあたるオルトシア。父にディープインパクトを迎え芝専用機となって新馬戦に登場だ。鞍上は母の主戦も務めた浜中俊騎手がスタンバイ。
ウインサクヤヒメが京都マイルの新馬戦でデビュー、兄は重賞馬

ウインサクヤヒメが京都マイルの新馬戦でデビュー、兄は重賞馬

半兄に皐月賞3着のウインフルブルームを持つウインサクヤヒメが日曜の京都第6Rで初陣。年明けから2週連続の除外を食らってここまでデビューが伸びたものの、逆にしっかりと乗り込めて仕上がりは万全だ。鞍上は荻野琢真騎手。
ホウオウドリームが早春ステークスに出走、鞍上は母の主戦

ホウオウドリームが早春ステークスに出走、鞍上は母の主戦

メジロドーベルの仔で現在連勝中のホウオウドリームが東京の芝2400mで行われる早春ステークスで1600万戦の突破を狙う。近2戦で手綱を取るのは母の主戦だった吉田豊騎手、乗り替わってから走り出すのも実に不思議なものだ。
ブロードアリュールが東京の1000万クラスに出走、確勝級

ブロードアリュールが東京の1000万クラスに出走、確勝級

鮮やかな末脚で連勝中のブロードアリュール。さすがに1000万クラスで足踏みするとは思えず、昇級戦とは言え東京コースで取りこぼす可能性はかなり低いのではないだろうか。単勝も恐らく1番人気、ここは支持に応える走りに期待。
トゥザクラウンが木津川特別で3勝目なるか、試練の1戦

トゥザクラウンが木津川特別で3勝目なるか、試練の1戦

前走のドンカスターカップでは昇級初戦として及第点の走りを見せたトゥザクラウン。展開のアヤで負けたレース内容だけに、今回の木津川特別はきっちり勝ち上がって1600万クラスへ順調に上がりたい所だろう。鞍上はM.デムーロ。
ダークナイトムーンがセントポーリア賞で早期2勝目を狙う

ダークナイトムーンがセントポーリア賞で早期2勝目を狙う

前走の未勝利戦を快勝して来たダークナイトムーン。年明け初戦に選んだのは芝1800mのセントポーリア賞だが、ここを連勝出来る様なら皐月賞へのローテーションが明確なものになって来る。陣営としては是が非でも勝ちたい1戦。
オールフォーラヴがゴール前で差し切りデビュー戦を勝利

オールフォーラヴがゴール前で差し切りデビュー戦を勝利

ハイレベルな新馬戦で格好を付けたオールフォーラヴ。アロハリリーが先に抜け出した所をゴール直前で測ったかの様に差し切って初戦を白星で飾った。母レディアルバローザが果たせなかったクラシック制覇へ最後の切符をギリギリ購入。
グロンフォールが新馬戦で手前替えずぎこちない走りも大差勝ち

グロンフォールが新馬戦で手前替えずぎこちない走りも大差勝ち

ハーツクライ産駒のグロンフォールがダートの新馬戦で2着に大差を付ける内容で勝利。とは言え、直線も終始手前を替えず遊びながらの走りでこの結果は驚きだ。血統的に芝での走りも見てみたい1頭で、もしかすると大物の可能性も?
サラキアが新馬戦を鮮やかに快勝、池添騎手も満足の走り

サラキアが新馬戦を鮮やかに快勝、池添騎手も満足の走り

注目の新馬サラキアがデビュー戦で鮮やかなリカバリーから突き抜け勝利。全姉サロニカよりも融通の効く走りが出来そうで、桜花賞へは少々日程がきつくなるものの出て来れば有力な1頭となり得るだろう。今後のローテにも注目だ。
グレートウォリアーが新馬戦で後方から差し届かずの3着敗退

グレートウォリアーが新馬戦で後方から差し届かずの3着敗退

POGでも上位人気していたグレートウォリアーが新馬戦で3着に敗れる波乱。道中は中団を追走、直線で鋭い末脚に期待されたがそこまで伸び切れず2頭の先着を許す不甲斐ない競馬となった。これではクラシックはさすがに難しい。
スーパーフェザーが若駒Sで終始馬場に脚を取られ6着に敗れる

スーパーフェザーが若駒Sで終始馬場に脚を取られ6着に敗れる

若駒ステークスで単勝1.8倍の支持を受けたスーパーフェザーが期待も虚しく6着と掲示板から外れる波乱の決着。自慢の末脚は稍重馬場に打ち消され、ライバルと目されたフォックスクリークと仲良く馬体を並べて入線。次は巻き返す。
451 件