ステルヴィオが日本ダービーへ万全、父に2週連続のタイトルを

ステルヴィオが日本ダービーへ万全、父に2週連続のタイトルを

皐月賞では後方待機から追い込み切れず4着に終わったステルヴィオ。完全な展開による敗戦で力負けでは無い事が明らか。勝てば先週のアーモンドアイに続き、ロードカナロア産駒の牡牝クラシック連覇という離れ業を達成する事になる。
ダノンプレミアムが日本ダービーで無敗の戴冠なるか、想定1人気

ダノンプレミアムが日本ダービーで無敗の戴冠なるか、想定1人気

レース前の一頓挫で皐月賞を回避したダノンプレミアム。すぐに目標を日本ダービーに切り替え調整を行って来たが、不安は臨戦過程と距離だろう。それでもこれまでの勝ちっぷりを考えれば何の心配も要らない、5連勝で頂点に君臨する。
リリーノーブルがオークスで完璧の競馬で2着、納得の完敗

リリーノーブルがオークスで完璧の競馬で2着、納得の完敗

最内枠から理想通りの競馬をしたリリーノーブルだったが、それでも1番人気アーモンドアイには全く歯が立たなかった。陣営も納得の内容、唯一の収穫といえばラッキーライラックにはかろうじて先着出来た点だろう。今後の成長に注目。
ラッキーライラックがオークスで善戦も3着、完全に力負け

ラッキーライラックがオークスで善戦も3着、完全に力負け

オークスで逆転を期待されたラッキーライラックだったが、アーモンドアイどころかリリーノーブルにまで敗戦を喫しての3着。不利や展開によるものではなく、正攻法からの競馬による決着だけに言い訳の弁も無いだろう。完敗の1戦。
アーモンドアイがオークスで異次元の圧勝、牝馬2冠を楽に達成

アーモンドアイがオークスで異次元の圧勝、牝馬2冠を楽に達成

オークスで圧倒的1番人気を背負ったアーモンドアイが、距離不安も何のそので桜花賞と同じ33秒2の脚を繰り出し快勝。いつもより前目で追走し楽々と抜け出す走りは、同世代にライバル不在をアピールするケタ違いのパフォーマンス。
レッドサクヤがオークスの穴馬候補、福永騎手を背に波乱演出?

レッドサクヤがオークスの穴馬候補、福永騎手を背に波乱演出?

桜花賞では見せ場タップリの競馬で7着入線を果たしたレッドサクヤ。4着トーセンブレスからはタイム差無しの内容だけにオークスでも上位争いは可能だろう。全姉エバーブロッサムが2着した本番でオークス男を背に高配当を呼ぶ予感。
ダイワメモリーがカーネーションCで2勝目狙う、秋に弾みを

ダイワメモリーがカーネーションCで2勝目狙う、秋に弾みを

名牝ダイワスカーレット産駒のダイワメモリーがカーネーションカップに出走、母も制した秋華賞に向け早めの2勝目をあげたい。前走も出遅れながら強敵相手に3着善戦と力を発揮、発馬さえスムーズなら好勝負必至だ。鞍上は内田騎手。
マウレアがオークスで姉超えを期待、武豊騎手に秘策あり??

マウレアがオークスで姉超えを期待、武豊騎手に秘策あり??

全姉に桜花賞馬アユサンがいる良血のマウレア。そのアユサンはオークスで4着に敗退したが、それよりも長距離適性の高そうな同馬なら更に上位進出も有り得るのでは。桜花賞で後方から競馬を進めた武豊騎手も府中で逆転を狙っている?
カンタービレがオークスで伏兵候補か、田辺騎手が一発を狙う

カンタービレがオークスで伏兵候補か、田辺騎手が一発を狙う

フラワーカップを強い勝ち方で優勝したカンタービレ。桜花賞には目もくれずにオークスへ直行して来たローテーションは好印象だ。角居厩舎の秘蔵っ子で鞍上は大舞台での思い切りの良さが目立つ田辺騎手。抜群のコンビで上位を脅かす。
レイエンダが夏木立賞で圧巻の競馬、差し切りで無傷の連勝

レイエンダが夏木立賞で圧巻の競馬、差し切りで無傷の連勝

骨折からの休養明けとなったレイエンダが、久々の実戦を感じさせない驚愕のパフォーマンスで夏木立賞を完勝。最後方追走から直線だけで他馬をまとめて差し切る内容の連勝を決めた。日本ダービーに間に合って欲しかった逸材である。
タワーオブロンドンがNHKマイルで初GⅠ制覇へ、想定1人気

タワーオブロンドンがNHKマイルで初GⅠ制覇へ、想定1人気

アーリントンカップを快勝して臨むタワーオブロンドン。NHKマイルカップでの事前オッズはダントツの1番人気が予想される。前走でマイルもこなせる事を証明、後は府中のターフを颯爽と駆けるのみ。管理する藤沢調教師も自信アリ。
センテリュオが2勝目を狙い矢車賞へ、素質全開の走りを期待

センテリュオが2勝目を狙い矢車賞へ、素質全開の走りを期待

君子蘭賞では惜しくも2着に敗れたセンテリュオ。それでも最後までしっかりと伸びて勝ち馬に際どく迫っており走りは安定している印象だ。今回、同じ様なメンバー構成という点からも勝利の可能性が高くその能力を見せ付けて欲しい。
ダノンマジェスティが青葉賞で重賞初Vへ、まともに走れば

ダノンマジェスティが青葉賞で重賞初Vへ、まともに走れば

大寒桜賞で2勝目をあげたダノンマジェスティ。新馬戦で見せた走りは間違いなく一流クラスで、後は掛かり癖さえ出なければ重賞もいずれは取れる器の1頭だ。青葉賞で強敵と相まみえるもスムーズに回って来れば恐らく勝ち負けだろう。
サトノソルタスが青葉賞に登場、前走からの上積みで一発勝負に

サトノソルタスが青葉賞に登場、前走からの上積みで一発勝負に

共同通信杯ではキャリア2戦目ながら2着入線を果たし素質の片鱗を見せ付けたサトノソルタス。皐月賞には向かわず、馬の成長に合わせて調整し青葉賞へ挑戦する。ここで再び好走する様なら日本ダービーでも怖い存在となるだろう。
スーパーフェザーが青葉賞でダービーの権利獲りへ、連勝なるか

スーパーフェザーが青葉賞でダービーの権利獲りへ、連勝なるか

セレクトセールで2億超の値が付いたスーパーフェザー。ここまで4戦2勝とまずまずの成績だが前走のアザレア賞ではやはりその素質の高さを垣間見せ、高額馬として是が非でも日本ダービーへ出走したい所だ。青葉賞で注目度No.1。
181 件