コロナシオンが初のマイル戦に登場、大きな変わり身に期待

コロナシオンが初のマイル戦に登場、大きな変わり身に期待

ブエナビスタの初仔でキングカメハメハ産駒のコロナシオンが、日曜阪神の3歳500万下で初めてマイルに挑戦する。新馬の楽勝以降、全くそのポテンシャルを発揮出来ていない本馬だが、陣営としてはこの距離で新味を引き出したい。
アドマイヤミヤビが左前浅屈腱炎で引退…ローズS前に無念

アドマイヤミヤビが左前浅屈腱炎で引退…ローズS前に無念

今年のクイーンカップ勝ち馬で、オークスでも3着に入るなどクラシック戦線で活躍したアドマイヤミヤビが屈腱炎により登録を抹消。今週末のローズステークス直前で故障が発生し急遽回避、そこから引退まで一気に駆け下りてしまった。
トゥザクラウンが未勝利戦を豪快な末脚で突き抜け完勝!!

トゥザクラウンが未勝利戦を豪快な末脚で突き抜け完勝!!

遂にトゥザクラウンが未勝利クラスを脱出。土曜芝1600mの1戦、最後の直線で見せた脚はやはり一族の血を色濃く受け継いだ証とも言うべき強烈なパフォーマンスだった。これで馬も変わって来る筈で、今後の活躍を心待ちにしたい。
ホウオウドリームが積丹特別に出走、前走の雪辱果たせるか

ホウオウドリームが積丹特別に出走、前走の雪辱果たせるか

前走は後方からの競馬で直線猛追するも3着と勝ちを逃した印象のホウオウドリーム。今回の積丹特別では未勝利戦で勝ち上がった福永騎手へコンビを戻して必勝態勢で挑む。ここを勝てば菊花賞への道はまだ僅かながらに残されている。
ベストアクターが五頭連峰特別に出走、豪脚炸裂で連勝なるか

ベストアクターが五頭連峰特別に出走、豪脚炸裂で連勝なるか

短距離界の新星ベストアクターが日曜新潟の五頭連峰特別で2連勝を狙う。前走のレースでは驚異的な末脚で古馬を圧倒。キャリアを考えれば、あの走りは今後大きいタイトルを獲得出来るパフォーマンスだろう。ここも一気に突破したい。
ロードアルバータが意欲の中1週で札幌日刊スポーツ杯に出走

ロードアルバータが意欲の中1週で札幌日刊スポーツ杯に出走

前走の500万下を圧勝したロードアルバータが、中1週のローテーションで札幌日刊スポーツ杯に登場だ。芝2600mの洋芝で結果が出せる様なら、スタミナ的にも菊花賞でのメドが立つ。ここは秋の飛躍に向けても好走したい所だ。
タンタグローリアがHTB賞で4着に敗れ3連勝ならず

タンタグローリアがHTB賞で4着に敗れ3連勝ならず

牝馬最後のクラシック秋華賞を目指し、2連勝中のタンタグローリアがHTB賞へ出走。古馬に混じり3番人気に支持されたが、いつもの先行策が取れず後手後手の競馬を強いられ4着に敗退。ローテーション的にも窮地に立たされた。
キセキが信濃川特別を馬なりで後方から圧巻の差し切り勝ち

キセキが信濃川特別を馬なりで後方から圧巻の差し切り勝ち

素質馬キセキが新潟の信濃川特別で驚異的なパフォーマンスを見せた。道中後方から直線大外へ持ち出すと、追われる事なく加速し持ったままでアッサリとかわしての1着入線。タイムも2000m=1分56秒台という好時計を記録した。
エピカリスが帰国後初戦のレパードSで仕切り直しの1戦

エピカリスが帰国後初戦のレパードSで仕切り直しの1戦

ベルモントステークス参戦の為に渡米していたエピカリスがハ行の影響で出走回避して無念の帰国。アクシデントで馬自身の体調なども不安視されたが、調教では相変わらず抜群の動き。国内では無敗の同馬が改めてダート戦線統一を図る。
サングレーザーが道新スポーツ賞を差し切り勝ちで2連勝達成

サングレーザーが道新スポーツ賞を差し切り勝ちで2連勝達成

素質馬サングレーザーがようやくその高い素質を開花。昇級初戦の道新スポーツ賞では16㎏の馬体重増も何のそので一気の末脚を披露した。これで500万下からの連勝とし、このまま勢いに乗って秋の短距離戦線へ殴り込みをかける。
エアウィンザーが北辰特別に2勝目をかけて登場、巻き返し狙う

エアウィンザーが北辰特別に2勝目をかけて登場、巻き返し狙う

エアスピネルの全弟エアウィンザーが日曜札幌の北辰特別に出走。春は歯車が噛み合わずクラシック戦線から外れてしまったが、血統的にも能力は一級品だ。休養を挟んで立て直しを図り秋への飛躍に繋げたい1戦となる。鞍上は福永祐一。
バルデスが松前特別で最後方からひと捲り、余裕の競馬で連勝

バルデスが松前特別で最後方からひと捲り、余裕の競馬で連勝

良血馬バルデスがいよいよ覚醒か。前走で久々の2勝目をあげたが、1000万クラスに入ってもその実力は見劣らず。道中最後方から4コーナーで一気に捲って差し切り勝ち。上がりで1秒近く差を付ける内容で力の違いを見せつけた。
ビートマッチが福島の種市特別で2勝目、5馬身差の完勝劇

ビートマッチが福島の種市特別で2勝目、5馬身差の完勝劇

ルーラーシップ産駒のビートマッチが初めて古馬と対戦した種市特別で2着以下を寄せ付けない完璧な競馬で見事に2勝目を飾った。走法、血統からみても明らかに中長距離仕様でうまく行けば秋華賞での穴気配が漂う面白い1頭となる。
チトニアがマカオJCTでクビ差の大激戦を制し2連勝達成!!

チトニアがマカオJCTでクビ差の大激戦を制し2連勝達成!!

クロカミ産駒のチトニアが未勝利脱出後の昇級初戦でも持ち前の末脚を披露し勝利。実に5着までがクビ差の大混戦をもぎ取り、秋に向けて非常に貴重な2勝目を連勝で挙げた。初戦のダートは敗退したが、芝ではまだ3着を外していない。
メトロポリスがデビュー戦の3歳未勝利で鮮やかな差し切り

メトロポリスがデビュー戦の3歳未勝利で鮮やかな差し切り

オークス3着馬ラブカーナの産駒メトロポリスが3歳7月にして遅めのデビュー。馬体重も500kg以上と、明らかに太め残りの調整段階で経験馬相手に見事な競馬で圧勝した。まだまだ伸びシロがある1頭で今後の活躍に期待が高まる。
294 件