レイデオロが5年ぶりに3歳馬によるジャパンカップ制覇狙う

レイデオロが5年ぶりに3歳馬によるジャパンカップ制覇狙う

今年のダービー馬レイデオロが菊花賞をスルーしジャパンカップ一本のローテーションでビッグタイトル獲得へ。藤沢厩舎からはオークス馬ソウルスターリングとの豪華2頭出し。虎視眈々とその座を狙い、現役最強の名も奪い取りたい。
バルデスが東京のウェルカムステークスでオープン入り目指す

バルデスが東京のウェルカムステークスでオープン入り目指す

2連勝中の良血馬バルデスがウェルカムSに登場。7月以来の実戦となるが勢いは継続、先週も兄妹たちが各地で活躍している事からも一族の血が覚醒中だ。ここを楽に勝ち上がり、賢母へまた新たな重賞タイトルをプレゼントしたい。
モズアスコットが渡月橋Sで4連勝狙う、鞍上は地方の名騎手

モズアスコットが渡月橋Sで4連勝狙う、鞍上は地方の名騎手

快進撃を続けるフランケル産駒のモズアスコット。今度は地方競馬、金沢から吉原寛人騎手を鞍上に渡月橋ステークスで4連勝を目指して参戦だ。ここを楽勝して一気にオープンクラスへ突入する様なら、いよいよ重賞タイトルも目前だ。
サングレーザーがマイルCSでタイトル獲得へ、5連勝なるか

サングレーザーがマイルCSでタイトル獲得へ、5連勝なるか

4連勝でスワンステークスを制した3歳馬サングレーザーがマイルチャンピオンシップへ駒を進める。初のGⅠ挑戦で強豪たちとの対戦だが、今の勢いと斤量差を考えると十分互角に渡り合える筈。鞍上は主戦の福永祐一騎手に戻って出陣。
ブロードアリュールが前走と同じ後方一気の競馬で昇級戦勝利

ブロードアリュールが前走と同じ後方一気の競馬で昇級戦勝利

良血馬ブロードアリュールが未勝利戦に続き、母譲りの自慢の末脚を爆発されて500万下クラスを快勝。後方から外を回って伸びて来る姿はまさにブロードアピールさながらと言ったところだ。このままダート短距離界の主役になれるか。
ハナレイムーンが1000万下を快勝、連勝でOP入り目指す

ハナレイムーンが1000万下を快勝、連勝でOP入り目指す

ノースフライトを祖母に持つハナレイムーンが条件戦の1000万下を余裕のレース運びで連勝。内容からも次走の1600万下で十分通用するものであり、このまま一気にオープン入りを果たしたい。来年の牝馬短距離路線に殴り込みだ。
アドマイヤロブソンが1000万下を楽勝、昇級後も即通用か

アドマイヤロブソンが1000万下を楽勝、昇級後も即通用か

復帰初戦を2着敗退したアドマイヤロブソンが叩いた2走目の1000万下で余裕の走りを見せて快勝した。先行抜け出しから後続を全く寄せ付けず7~8割のパフォーマンスで勝ち切った所を見ても、次の1600万下も問題無く通用する。
メトロポリスが500万下を鮮やかに差し切り、無傷の連勝

メトロポリスが500万下を鮮やかに差し切り、無傷の連勝

7月に鮮烈なデビュー戦勝利を飾ったメトロポリス。大型馬だけに仕上げに時間がかかるのか、間隔を開けての2戦目は10月末の500万下だった。そこでも経験馬を相手に豪快な差し切りを見せて2連勝を達成、これはダートの大物か?
トゥザクラウンが寺泊特別を豪快に差し切り、連勝で本格化

トゥザクラウンが寺泊特別を豪快に差し切り、連勝で本格化

前走で待望の初勝利を上げたトゥザクラウンが、続く昇級戦の寺泊特別を難なく勝利し連勝を達成。後方からレースを進め新潟の長い直線コースで末脚が爆発した。遂にトゥザ一族のDNAが覚醒、ここから巻き返しに期待がかかる。
ソウルスターリングがジャパンカップで強豪古馬に再挑戦

ソウルスターリングがジャパンカップで強豪古馬に再挑戦

藤沢厩舎の2枚看板であるソウルスターリング。レイデオロに注目が集まっているが、牝馬のソウルスターリングにも十分チャンスは残っている。斤量53kgは非常にアドバンテージがあり、且つ天皇賞秋の内容からも上位に食い込める。
コロナシオンが初のマイル戦に登場、大きな変わり身に期待

コロナシオンが初のマイル戦に登場、大きな変わり身に期待

ブエナビスタの初仔でキングカメハメハ産駒のコロナシオンが、日曜阪神の3歳500万下で初めてマイルに挑戦する。新馬の楽勝以降、全くそのポテンシャルを発揮出来ていない本馬だが、陣営としてはこの距離で新味を引き出したい。
アドマイヤミヤビが左前浅屈腱炎で引退…ローズS前に無念

アドマイヤミヤビが左前浅屈腱炎で引退…ローズS前に無念

今年のクイーンカップ勝ち馬で、オークスでも3着に入るなどクラシック戦線で活躍したアドマイヤミヤビが屈腱炎により登録を抹消。今週末のローズステークス直前で故障が発生し急遽回避、そこから引退まで一気に駆け下りてしまった。
ホウオウドリームが積丹特別に出走、前走の雪辱果たせるか

ホウオウドリームが積丹特別に出走、前走の雪辱果たせるか

前走は後方からの競馬で直線猛追するも3着と勝ちを逃した印象のホウオウドリーム。今回の積丹特別では未勝利戦で勝ち上がった福永騎手へコンビを戻して必勝態勢で挑む。ここを勝てば菊花賞への道はまだ僅かながらに残されている。
ベストアクターが五頭連峰特別に出走、豪脚炸裂で連勝なるか

ベストアクターが五頭連峰特別に出走、豪脚炸裂で連勝なるか

短距離界の新星ベストアクターが日曜新潟の五頭連峰特別で2連勝を狙う。前走のレースでは驚異的な末脚で古馬を圧倒。キャリアを考えれば、あの走りは今後大きいタイトルを獲得出来るパフォーマンスだろう。ここも一気に突破したい。
ロードアルバータが意欲の中1週で札幌日刊スポーツ杯に出走

ロードアルバータが意欲の中1週で札幌日刊スポーツ杯に出走

前走の500万下を圧勝したロードアルバータが、中1週のローテーションで札幌日刊スポーツ杯に登場だ。芝2600mの洋芝で結果が出せる様なら、スタミナ的にも菊花賞でのメドが立つ。ここは秋の飛躍に向けても好走したい所だ。
294 件