シーリアが新馬戦で2着、牡馬相手に健闘の内容で次走に期待

シーリアが新馬戦で2着、牡馬相手に健闘の内容で次走に期待

GⅠ馬2頭を兄に持つシーリアが新馬戦で意地の2着入線を果たした。最後の直線で前が狭くなる不利を受けつつも、牡馬相手に最後まで諦めない走りで良血馬の意地を見せた。牝馬限定に戻れば確勝級で、今後の活躍が期待される1頭。
ハナレイムーンが1000万下を快勝、連勝でOP入り目指す

ハナレイムーンが1000万下を快勝、連勝でOP入り目指す

ノースフライトを祖母に持つハナレイムーンが条件戦の1000万下を余裕のレース運びで連勝。内容からも次走の1600万下で十分通用するものであり、このまま一気にオープン入りを果たしたい。来年の牝馬短距離路線に殴り込みだ。
プリメラビスタが京都土曜の新馬戦でデビュー、強豪と激突

プリメラビスタが京都土曜の新馬戦でデビュー、強豪と激突

名繁殖牝馬ビワハイジの最後の産駒であるプリメラビスタ。偉大なる姉ブエナビスタやジョワドヴィーヴルなど、そうそうたる兄弟馬の中でプレッシャーは相当なものだ。しかし、新種牡馬オルフェーヴルと共に新たな伝説の幕を開ける。
コロナシオンが初のマイル戦に登場、大きな変わり身に期待

コロナシオンが初のマイル戦に登場、大きな変わり身に期待

ブエナビスタの初仔でキングカメハメハ産駒のコロナシオンが、日曜阪神の3歳500万下で初めてマイルに挑戦する。新馬の楽勝以降、全くそのポテンシャルを発揮出来ていない本馬だが、陣営としてはこの距離で新味を引き出したい。
アドマイヤミヤビが左前浅屈腱炎で引退…ローズS前に無念

アドマイヤミヤビが左前浅屈腱炎で引退…ローズS前に無念

今年のクイーンカップ勝ち馬で、オークスでも3着に入るなどクラシック戦線で活躍したアドマイヤミヤビが屈腱炎により登録を抹消。今週末のローズステークス直前で故障が発生し急遽回避、そこから引退まで一気に駆け下りてしまった。
スターリーステージが新馬戦で3着入線、次走は確勝必至

スターリーステージが新馬戦で3着入線、次走は確勝必至

ミッキーアイルの下、スターリーステージがデビュー戦でジャンダルムの3着に敗退。レース内容はほぼ文句なく、前の牡馬2頭(ジャンダルム&ロードラナキラ)が強かっただけだろう。牝馬限定戦に戻れば間違いなく勝ち上がりは堅い。
ホウオウドリームが積丹特別に出走、前走の雪辱果たせるか

ホウオウドリームが積丹特別に出走、前走の雪辱果たせるか

前走は後方からの競馬で直線猛追するも3着と勝ちを逃した印象のホウオウドリーム。今回の積丹特別では未勝利戦で勝ち上がった福永騎手へコンビを戻して必勝態勢で挑む。ここを勝てば菊花賞への道はまだ僅かながらに残されている。
ヴェリタブルが折り返しの未勝利戦に登場、勝ち上がり目指す

ヴェリタブルが折り返しの未勝利戦に登場、勝ち上がり目指す

前走のデビュー戦(3歳未勝利)では直線前をカットされる不利があり4着に敗退。それでも最後はグンと伸びる脚を見せ能力の一端を覗かせた。超良血馬だけに早い1勝目を期待されるが、一族にしては珍しく中1週での参戦。要注目だ。
ジナンボーがデビュー戦を鮮やかに快勝、親子3冠へ一歩前進

ジナンボーがデビュー戦を鮮やかに快勝、親子3冠へ一歩前進

ディープインパクト×アパパネ産駒のジナンボーが新馬戦を先行策から抜け出す競馬で見事に勝利。偉大なる両親と同じ道を歩む為、大事な初戦を圧倒的1番人気に応えて白星で飾った。ここから次男坊の快進撃が続く事となるか!?
キラーコンテンツが満を持して登場!!シルクの最高額募集馬

キラーコンテンツが満を持して登場!!シルクの最高額募集馬

昨年のシルクレーシング最高額1億円で募集されたキラーコンテンツ。一度はデビューが決まったもののソエで見送りとなり遂に春のクラシックは棒に振ってしまった。しかし、まだまだ巻き返しはきく筈だ。鞍上は福永祐一騎手。
ヴァイザーがデビュー戦をV、父は新種牡馬のノヴェリスト

ヴァイザーがデビュー戦をV、父は新種牡馬のノヴェリスト

日曜阪神5Rに行われた新馬戦は新種牡馬ノヴェリスト産駒ヴァイザーが勝利。先行策から直線で鋭く抜け出すと最後までしっかりと伸び、2着タガノスカイハイに半馬身差を付ける内容で完勝した。鞍上は北村友一騎手、高橋亮厩舎所属。
ソリッドドリーム(デインドリーム2015)のPOG情報

ソリッドドリーム(デインドリーム2015)のPOG情報

ソリッドドリームをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の由来、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2017-2018のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!
新種牡馬の種付け料【POG2017-2018】

新種牡馬の種付け料【POG2017-2018】

オルフェーヴルとロードカナロアの2頭が最注目となっている2017年の新種牡馬事情。しかし、それら以外にも魅力的な馬が揃っておりここで種付け料と合わせて紹介して行こう。但し、各批評は筆者の個人的見解である。
マッケン王 | 2,956 view
種牡馬一年目からVIP待遇!! モーリスの交配相手が凄すぎる件

種牡馬一年目からVIP待遇!! モーリスの交配相手が凄すぎる件

昨年12月の香港カップ制覇を最後に現役を引退したモーリスが種牡馬生活一年目をスタートさせた。そして世界に名を轟かせた最強マイラーの花嫁に注目が集まるなか、”新人”ながらかなりの豪華牝馬が揃ったと話題になっている。
BRIAN | 4,027 view
2015年産駒のシゲルは野菜シリーズに決定w!!【珍名馬】

2015年産駒のシゲルは野菜シリーズに決定w!!【珍名馬】

毎年、数多くの所有馬にその年のシリーズであるカテゴリー限定の名前を付ける森中繁氏。以前にまとめた小田切氏にも負けず劣らずの珍名オーナーである。そして17~18年の産駒には野菜縛りでの命名が決定。それらをまとめてみた。
マッケン王 | 2,389 view
222 件