ノームコアがフローラSで本番の権利獲得へ向け2走目で前進

ノームコアがフローラSで本番の権利獲得へ向け2走目で前進

フラワーカップで3着と惜しい競馬だったノームコア。骨折の長期休養明けであの走りなら文句ないだろう。距離は延びれば延びる程良いタイプ。オークスのチケットを手にする為には2着以上が必要だが叩いて上積みがあるなら期待大だ。
ペルシアンナイトが大阪杯で2着接戦、後方から差して地力証明

ペルシアンナイトが大阪杯で2着接戦、後方から差して地力証明

中山記念で5着に敗れ評価を落としていたペルシアンナイト。続く大阪杯では中団待機で脚を溜め、直線で最速の上がりを繰り出しスワーヴリチャードに肉薄。差し切れなかったがアルアインをかわして2着入線、潜在能力の高さを示した。
バルデスが初富士ステークスでオープン入りか、メンバー弱化

バルデスが初富士ステークスでオープン入りか、メンバー弱化

前走のウェルカムSで5着に敗れたバルデス。が、勝ち馬トーセンマタコイヤやショウナンマルシェ、プロディガルサンなど重賞で活躍するレベルの馬たち相手だっただけに善戦と言える。今回は強敵もいない1戦で確実に勝ちを拾いたい。
カレンシリエージョが福寿草特別に出走、巻き返しを期す

カレンシリエージョが福寿草特別に出走、巻き返しを期す

札幌2歳ステークスでは人気を背負いながらも10着に敗れたカレンシリエージョ。そこからは無理強いをさせずにじっくりと立て直しを図り、年明けの福寿草特別に満を持して登場だ。アドマイヤリードの妹として無様な競馬は出来ない。
トーセンアルタイルが伝説の新馬戦でデビュー、兄は5勝馬

トーセンアルタイルが伝説の新馬戦でデビュー、兄は5勝馬

全兄に先の京都大賞典で2着に入ったトーセンバジルがいるトーセンアルタイル。菊花賞当日の新馬戦は“伝説の新馬戦”と呼ばれており、その中でも人気を集めそうな有力馬だ。初戦の走り次第では一気にクラシックの有力候補となる。
テオドールがTVh賞に出走、3連勝で昇級戦突破を目指す

テオドールがTVh賞に出走、3連勝で昇級戦突破を目指す

連勝中のテオドールがTVh賞で一気のオープン入りを狙う。過去2戦の1000万条件を共に最速の脚で勝利し、鞍上のルメール騎手もその素質を認める逸材だ。母に重賞馬アンブロワーズ、父は洋芝得意のハービンジャーで好勝負必至。
【傾向】阪神競馬場、芝1600m外回りコースデータ徹底検証

【傾向】阪神競馬場、芝1600m外回りコースデータ徹底検証

阪神JFや朝日杯FS、桜花賞など重要なGⅠが行われる当該距離。比較的紛れが少なく実力通りの結果となりやすい王道のコースだ。設定がブレない為、データもしっかりと出やすく分かりやすい。特注種牡馬も分析しているのでご参考下さい。
マッケン王 | 2,941 view
【傾向】阪神競馬場・芝2400mコースデータ徹底検証

【傾向】阪神競馬場・芝2400mコースデータ徹底検証

菊花賞への登竜門・神戸新聞杯が行われる当該コース。特注血統や適正の脚質、タイム&上がりなどの数値をひも解きながらこのコースでの馬券的中率を上げるべく徹底検証して行きます。
マッケン王 | 1,164 view
ラスティングソング2014(馬名:インヴィクタ)を指名した!?

ラスティングソング2014(馬名:インヴィクタ)を指名した!?

デビュー済だが「ラスティングソング2014」を徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の由来、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?指定してない方も2016-2017のPOGを楽しむ上でご参考下さい!!
【傾向】札幌競馬場・芝1800mコースデータ徹底検証

【傾向】札幌競馬場・芝1800mコースデータ徹底検証

若駒・古馬牝馬の熱い対決・クイーンSが行われる当該コース。特注血統や適正の脚質、タイム&上がりなどの数値をひも解きながらこのコースでの馬券的中率を上げるべく徹底検証して行きます。
マッケン王 | 1,098 view
10 件